芸能

中居正広、声を酷使するプロが頼る「駆け込み寺」に極秘通院

極秘通院していた中居

 9月のある平日、午後3時すぎ。都心のテレビ局から徒歩5分ほどの場所にある雑居ビルに入って行く中居正広(46才)の姿があった。

 中居がビルを後にしたのは約30分後。帽子をかぶり、周囲の様子をうかがいながら、近くにある薬局に立ち寄る。収録の合間だったのか、薬の袋を手にすると、急ぎ足で近くにあるスタジオに入って行った。

 約1年間続いた『なかい君の学スイッチ』(TBS系)が9月いっぱいをもって終了。翌10月からは新番組『中居くん決めて!』(仮)がスタートする。中居が新番組の司会を担当するのはデビュー以来10本を超える。一方で、SMAP解散以来、仕事を抑えているともいわれてきた。

「ここ最近、中居さんは飲み歩くことが極端に減ったそうです。今は目の前の仕事に集中しているように見えます。ジャニーズ事務所ではタッキー(滝沢秀明)の引退という大ニュースがありましたが、われ関せずという感じでした」(テレビ局関係者)

 淡々と仕事をこなしているという中居だが、健康面が心配されている。

「今年に入ってから点滴を受けるために何度も病院へ行っています。体調不良や入院で収録が延期になったことも何度かありました。それに加え、最近は“うまく声が出ない”と、喉を気にしているようなんです」(前出・テレビ局関係者)

 中居は人知れず通院していた。冒頭のシーンは、多忙なスケジュールの合間を縫って、ある病院を訪れたときの様子だった。

「喉」や「声」の治療を専門的に行っている耳鼻咽喉科のクリニックで、待合室は常に人であふれ、歌手や俳優、声優など、声帯を酷使するプロが頼る駆け込み寺的存在としても知られる。

「喉をよく使う人は喉にポリープができやすいので、喉に負担をかけない発声の仕方を学びます。診察や治療にはここにしか揃えていない最新器具を使っており、声帯の動きを映像で確認でき、納得感、安心感が得られます。人気なので予約も数週間先しかとれません。中居さんは、3年くらい前から通院しているようです。人目を避けてか、病院の休診日に訪れることもあるようです」(病院関係者)

◆覚悟を決めていた

 3年前といえば、中居に2つの悲劇が襲った時期と重なる。

 1つは、父・正志さん(享年79)の死である。正志さんは、2013年2月に肺がんが、翌年5月には喉頭がんが見つかり、手術を受けた。特に喉頭がんの手術は複数回に及び、最終的には声帯の切除に至ったという。

関連記事

トピックス

雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
女性セブン
小倉優子が勉強
小倉優子、密着番組リニューアルでも猛勉強継続 早稲田大学以外も受験予定
女性セブン
長井秀和が語る“創価学会芸能人あるある”「選挙の時だけ顔を出して小遣いを稼ぐ」
長井秀和が語る“創価学会芸能人あるある”「選挙の時だけ顔を出して小遣いを稼ぐ」
女性セブン
人目を忍ぶような変装姿で帰途に就く篠田麻里子
【スクープ】篠田麻里子「半年も2才の娘と会えてない!」夫と泥沼全面戦争
女性セブン
熟年離婚していた山川豊
山川豊「自分はワンルーム、妻は豪邸」演歌界屈指の人格者、太っ腹な熟年離婚していた
NEWSポストセブン
サッカー日本代表選手 躍動を支えるパートナーとの幸せあふれるショット
サッカー日本代表選手 躍動を支えるパートナーとの幸せあふれるショット
女性セブン
秋篠宮の胸中とは(時事通信フォト)
秋篠宮さま、誕生日会見で小室さんに関して「ゼロ回答」 眞子さんとの溝は修復困難か
女性セブン
元気いっぱいの駅前チアガールは、毎週月曜と木曜の朝に新宿駅や池袋駅、後楽園駅や新橋駅、横浜駅などで活動する
朝8時の駅前チアガール 誰に頼まれたわけでもなく通勤・通学の人々を励ます
週刊ポスト
長井秀和が語る、創価学会芸能部「芸能人は客寄せパンダのような存在です」
長井秀和が語る、創価学会芸能部「芸能人は客寄せパンダのような存在です」
女性セブン
アントニオ猪木さん
アントニオ猪木さん、遺骨をめぐり“親族バトル” 娘は「猪木家の墓」への分骨を拒否
女性セブン
九州場所
大相撲九州場所 土俵際の溜席に毎日座る話題の「着物美人」何者なのか本人直撃してみた
NEWSポストセブン
ポーズを決める丸山容疑者
「女性を見極めるポイントは尻、足」妻殺害容疑の長野県議“女好きインタビュー”の全貌 逮捕後に即削除
NEWSポストセブン