芸能

中居正広、声を酷使するプロが頼る「駆け込み寺」に極秘通院

極秘通院していた中居

 9月のある平日、午後3時すぎ。都心のテレビ局から徒歩5分ほどの場所にある雑居ビルに入って行く中居正広(46才)の姿があった。

 中居がビルを後にしたのは約30分後。帽子をかぶり、周囲の様子をうかがいながら、近くにある薬局に立ち寄る。収録の合間だったのか、薬の袋を手にすると、急ぎ足で近くにあるスタジオに入って行った。

 約1年間続いた『なかい君の学スイッチ』(TBS系)が9月いっぱいをもって終了。翌10月からは新番組『中居くん決めて!』(仮)がスタートする。中居が新番組の司会を担当するのはデビュー以来10本を超える。一方で、SMAP解散以来、仕事を抑えているともいわれてきた。

「ここ最近、中居さんは飲み歩くことが極端に減ったそうです。今は目の前の仕事に集中しているように見えます。ジャニーズ事務所ではタッキー(滝沢秀明)の引退という大ニュースがありましたが、われ関せずという感じでした」(テレビ局関係者)

 淡々と仕事をこなしているという中居だが、健康面が心配されている。

「今年に入ってから点滴を受けるために何度も病院へ行っています。体調不良や入院で収録が延期になったことも何度かありました。それに加え、最近は“うまく声が出ない”と、喉を気にしているようなんです」(前出・テレビ局関係者)

 中居は人知れず通院していた。冒頭のシーンは、多忙なスケジュールの合間を縫って、ある病院を訪れたときの様子だった。

「喉」や「声」の治療を専門的に行っている耳鼻咽喉科のクリニックで、待合室は常に人であふれ、歌手や俳優、声優など、声帯を酷使するプロが頼る駆け込み寺的存在としても知られる。

「喉をよく使う人は喉にポリープができやすいので、喉に負担をかけない発声の仕方を学びます。診察や治療にはここにしか揃えていない最新器具を使っており、声帯の動きを映像で確認でき、納得感、安心感が得られます。人気なので予約も数週間先しかとれません。中居さんは、3年くらい前から通院しているようです。人目を避けてか、病院の休診日に訪れることもあるようです」(病院関係者)

◆覚悟を決めていた

 3年前といえば、中居に2つの悲劇が襲った時期と重なる。

 1つは、父・正志さん(享年79)の死である。正志さんは、2013年2月に肺がんが、翌年5月には喉頭がんが見つかり、手術を受けた。特に喉頭がんの手術は複数回に及び、最終的には声帯の切除に至ったという。

関連記事

トピックス

三田寛子
三田寛子、本番15分前の「緊急代役」オファーを快諾 神対応の背景に“家計の危機”
女性セブン
立浪監督がいきなり「NO」をつきつけた(時事通信フォト)
WBC目前に中日・高橋宏斗が山本由伸流にフォーム改造 「立浪監督の苦言」に賛否両論の声
NEWSポストセブン
「将棋界の異端児」元プロ棋士が元妻誹謗中傷で逮捕 知人に見せていた「妻への執着」
「将棋界の異端児」元プロ棋士が元妻誹謗中傷で逮捕 知人に見せていた「妻への執着」
NEWSポストセブン
女大鼠(松本まりか)
『どうする家康』で“エリートくのいち”演じる松本まりか 違和感のある髪型が表すもの
週刊ポスト
綾瀬はるかと大泉洋
綾瀬はるか、多忙な中でのトレーニング 秘密兵器は「黒酢大根」、弁当に入れて現場持参も
女性セブン
家康の正室・瀬名(有村架純)
大河ドラマ『どうする家康』 “ヘタレの家康”を取り巻く13人の女たち相関図
週刊ポスト
テレビ出演見合わせが続く三浦瑠麗氏(時事通信フォト)
テレビ出演見合わせが続く三浦瑠麗氏 上から目線の発言やインスタ投稿にみる下方比較の匂い
NEWSポストセブン
カラオケ店内で火炎放射する男性
【「やったれ!」でスプレー火炎放射】「カラオケまねきねこ」店内での迷惑行為動画に批判殺到 運営元は「警察にも相談済み」
NEWSポストセブン
冬のNYの眞子さん
小室眞子さん、渡米1年で深まる秋篠宮ご夫妻との溝 状況打破のために登用された「元客室乗務員」
女性セブン
問題となった動画(SNSより)
スシロー「湯呑みペロペロ」騒動 被害受けた店が新たな「寿司つんつん対策」を導入
NEWSポストセブン
無精ひげ姿の山下(左)と撮影に挑む新木
山下智久と新木優子『コード・ブルー』コンビが下町で極秘ロケ 暗闇の中で迫真演技
女性セブン
泉ピン子
泉ピン子、渡鬼ファミリー勢揃いドラマに出番なし 「えなり」選んだ石井ふく子との対立泥沼化
女性セブン