芸能

北川悦吏子氏、『半分、青い。』の執筆中2度入院していた

『半分、青い』執筆中、2度入院していたという北川さん(撮影/萩庭桂太)

 NHK連続テレビ小説『半分、青い。』が9月29日に最終回を迎える。「命がけで執筆した」と脚本を担当した北川悦吏子さん(56才)は語ったが、この発言は決して大げさではない。すでに執筆を始めていた2017年の夏、彼女は担当医からこう言われていた。

「もし、朝ドラの期間にオペが必要なほど体調が悪くなっても、必ず1か月で戻します」

 心強い言葉ではあるが、裏返せば、そうなる可能性は少なからずあったということだ。

「私には内科医と外科医、2人の主治医がいるのですが、彼らには以前から相談していました。それでもやっぱり体調面で不安はあって、私が涙目で『大丈夫です! やります!』と言っているのを聞いていたNHKの人たちはもっと不安だったろうと思いますね。何も言わないでいてくれたけど(笑い)」(北川さん、以下「」内同)

 実は北川さんが患っているのは、今回のドラマのヒロイン・鈴愛の状態と同じ2012年に患った片耳の失聴だけではない。1999年に「炎症性腸疾患」が見つかり、以来痛みに七転八倒しながらの闘病生活が続く。

 2010年には大腸全摘出のオペを受けて症状は落ち着いたが、今も体調は不安定。常に自分の体と向き合いながら仕事をしている。

「万が一のことがあったとき備えておかなければいけないな、と思っていた矢先に、『ちゅらさん』や『ひよっこ』を書いた脚本家の岡田惠和さんと会う機会がありました。『もしものときは助けてくれる?』と言ったら『もちろん、喜んで』と言ってくれました。

 いろんな記事で岡田さんの方から申し出たみたいになっているけど、間違いなく私が頼んだんですよ(笑い)。実際、2度入院することになりましたが、なんとか最後まで自分で書き終えることができました。締め切りを破ったことは一度もないです」

 自身も病気と闘いながら書いた、片耳失聴のヒロイン。しかし作品に暗さはみじんもない。毎日の放送を見ていると、鈴愛にハンディキャップがあることを忘れているのだ。

「私自身、片耳が聞こえないことも、病気を抱えていることも忘れているときがありますよ。それがリアルな生活だと思う」

 そう。北川さんが描く世界には“リアル”が詰まっている。それが見ている側の心に刺さるのだ。それがもっとも表れるのが、せりふ。

 実際、SNSなどではストーリーだけではなく、登場人物が口にしたせりふについて熱く語るコメントが多い。北川さん自身が経験したり、感じたりしたことがせりふになっているからだ。

「私は1mmでも作品をおもしろくしたいから、リアルを入れる。そうすると物語が強くなるんです」

 たとえば、豊川悦司(56才)演じる少女漫画家の秋風羽織のせりふだ。

関連記事

トピックス

「選挙に強い」後継者は?(時事通信フォト)
安倍晋三・元首相の後継者の条件 選挙に強く、“担がれやすい資質”を持つ政治家
週刊ポスト
デザインした服は多くの芸能人にも愛された三宅一生さん(写真は2001年、時事通信フォト)
イッセイミヤケ、芸能人にもファン多数 美輪明宏、楠田枝里子…愛された理由 
NEWSポストセブン
次なるステップは?(時事通信フォト)
元横綱・白鵬、周到すぎる宮城野部屋の「継承」で見えてきた“理事の椅子”
週刊ポスト
最近は工場勤務だった山上容疑者(中学生の頃の容疑者。卒業アルバムより)
山上徹也容疑者の母親は会見で何を語るのか 伯父の家を出て「大阪の支援者」のもとで過ごす今
NEWSポストセブン
「保守路線の継承者」として名前が挙がる高市早苗氏(時事通信フォト)
安倍晋三元首相の政策後継者 保守路線は高市早苗氏、外交は萩生田光一氏が受け継ぐか
週刊ポスト
ラガーさん
ラガーさん、再び甲子園から姿を消す 本人が明かした「チケットが高すぎる!」の叫び
NEWSポストセブン
語学力抜群の小島瑠璃子
小島瑠璃子が中国留学を発表 語学レベルは「北京・清華大学も射程圏内」の驚異
NEWSポストセブン
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
姉妹でCMギャラに差も?(左から広瀬アリス、広瀬すず/時事通信フォト)
広瀬アリス・すず、上白石萌音・萌歌 妹のほうが“CMギャラが高い”理由
週刊ポスト
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン
起用でも二転三転が目立ち、ファンから戸惑いの声(時事通信フォト)
最下位低迷の中日 立浪和義監督の采配に「目指す野球の方向性が見えない」の指摘
NEWSポストセブン