ライフ

アプリで結婚した女性漫画家「周囲でも使ってる人が増えた」

男女の出会いは多様化している

 最近、「婚活」のあり方が大きく変わっている。特に20代~30代にとっては、マッチングアプリでの出会いは普通のこととなっているようだ。

 マッチングアプリ「Omiai」を運営しているネットマーケティングによると、ユーザーの半数以上は20代~30代だという。その会員数は2012年のサービス開始から右肩上がりに増えていて、現在は累計340万人が登録しているという。

「マッチングアプリを使う目的」についてのアンケート結果(複数回答可)では、第1位は「真剣に付き合える恋人を見つけるため」と答えた人が8割ほど、第2位は「結婚相手を見つけるため」と、男女ともに先を見据えた出会いを求めているという。さらに、「自分の好みのタイプや求める条件の異性と出会うため」という回答も4割近くある。効率よく自分の条件に合ったパートナーを探すことができる点が、今の婚活世代に合っているようだ。

 実際にお見合いアプリで出会って結婚した経験を描いたコミックエッセイ『アプリ婚』の著書もある漫画家・新里碧さんにそのリアルな実情を聞いてみた。新里さんは彼氏がいないときに、友人に薦められてお見合い系マッチングアプリでの婚活を始めたという。

──実際にお見合い系マッチングアプリで出会った人と結婚して、周りからはどのような反応が返ってきますか?

「まずはびっくりされますね。次に、使っていた具体的なアプリ名を聞かれることが多いです。その後、もっと詳しく教えて欲しいとメールを送ってくる友人もけっこういます。だいたいがポジティブな反応で、みなさんの興味の度合いがうかがえます」(新里さん、以下同)

──マッチングアプリでの婚活を始めたのは5年前の2013年ですよね。当時と今とでは、何か違いを感じますか?

「ユーザーがすごく増えたと思います。自分の周りでも使っている人が増えたという実感があります。また、身近な人がマッチングアプリで結婚したという話も多く耳にするようになりました。私が使い始めた頃に比べて、マッチングアプリの種類も増えてきており、様々なニーズに対応したサービスが出てきている印象です」

──新里さんが使ったお見合いアプリは、いわゆる“出会い系”とはどう違うのでしょうか。

「マッチングアプリにもいろいろな種類がありますが、“お見合いアプリ”と呼ばれるものの多くが、登録時に審査があったり、監視体制が整っていたり、ユーザーが安心して使えるようにきちんと運営がなされているとされます。そこが、多くの人が危険なイメージを持っている従来の“出会い系”との大きな違いでしょう」

関連キーワード

関連記事

トピックス

目黒蓮
《独占キャッチ》目黒蓮がミラノでのFENDIコレクション参加 帰国時もジャケットとスニーカーはきっちりFENDIの“アンバサダーの鑑”
女性セブン
ギヨーム皇太子とがっちり握手(2024年6月、東京・港区。写真/宮内庁提供)
悠仁さま、英語力は「コミュニケーションは問題なし」 ルクセンブルクの皇太子との夕食会は“通訳なし”、NHKの英語副音声で勉強か
女性セブン
25年以上も趣味で歌い続けたジャズのコンサートを昨年行った吉川美代子
長野智子アナはラジオ帯番組で“アップデート”、吉川美代子アナはいまもTBSの研修を担当【女性キャスターたちの現在地】
女性セブン
《ダンスがつなぐ笑顔の交流》佳子さま、「ドレミファダンスコンサート」を鑑賞 マツケンサンバにあわせてボンボンを振られる一幕も
《ダンスがつなぐ笑顔の交流》佳子さま、「ドレミファダンスコンサート」を鑑賞 マツケンサンバにあわせてボンボンを振られる一幕も
女性セブン
中尾彬さんの相続に関し、元妻が告白
【終活は万全に見えたが…】中尾彬さんに相続問題浮上 法定相続人である“元妻との息子”への連絡は一切なし、元妻が告白「怒っています」
Wエースの髙橋藍
バレーボール男子日本代表 石川祐希、高橋藍ほか注目選手たちの代表戦でしか見られないカット
女性セブン
ご出席がかなうかどうかはご体調次第(5月、栃木県塩谷郡。写真/JMPA)
雅子さまの訪英に主治医「極秘同行」か 全ての日程にご出席を果たして「完全復活」を証明するための“安心材料”に
女性セブン
大谷翔平の自宅暴露報道が波紋を呼んでいる(写真/Getty Images)
《出禁騒動》大谷翔平を激怒させたフジテレビ、『イット』や『めざまし8』で新居の所在を暴露 メジャー機構も調査開始か
女性セブン
空港で機内にチェックインする際、マスクを外して本人確認をする小室さん夫妻
《現地紙も報道》小室圭さんがNYの高級ホテルで行われた晩餐会に 参加者は日米財界を代表する団体、企業のトップや幹部ばかり
女性セブン
なぜ佳子さまを含む秋篠宮家について取り上げないのか(時事通信フォト)
佳子さまを取り上げない「宮内庁の公式インスタグラム」 今後の予定はあるのか?聞いてみた
週刊ポスト
性的暴行で逮捕された山縣秀彰容疑者(本人FBより)
《路上で性的暴行》逮捕の「都寿司」店主がわいせつ5日後に「ごちそうさま」SNSアップ 2年前の先代逝去から「人が変わった」
NEWSポストセブン
杉咲花
【ファッション上級者】杉咲花と若葉竜也「私生活はゆるふわシャカシャカ」お似合いカップルコーデ「実は超有名ブランド」
NEWSポストセブン