• TOP
  • スポーツ
  • 阪神・矢野新監督、金本への義理より重んじたノムラIDの教え

スポーツ

2018.10.24 07:00  週刊ポスト

阪神・矢野新監督、金本への義理より重んじたノムラIDの教え

ボヤきも継承か(共同通信社)

「このタイミングはすごく悩む材料になりましたが、逃げてやらずに後悔するより、やってみるべきだと思いました」

 10月15日、金本知憲・前監督の辞任を受け、矢野燿大氏が第34代阪神監督に就任した。

 同い年で東北福祉大の後輩でもある金本氏に請われて一軍コーチ、二軍監督を歴任。就任会見では随所に金本氏への配慮を見せた。スポーツ紙デスクが語る。

「大学と現役、そして指導者と人生の半分以上を共に過ごしている。選手に対して熱くなることも多かった金本氏ですが、矢野氏が諫めれば“スマン”とすぐに収まるほど、互いに全幅の信頼を置いていた。運命共同体とも言えるほどの絆で結ばれていたからこそ、金本氏が辞任しながら自分が後釜に座ることに葛藤はあったはず。

 矢野氏がそれでも監督を引き受けたのは、他に生え抜きの監督候補が複数おり、“中日から来た外様の自分が今回断わると、二度と縦ジマのユニフォームを着られなくなる”というプレッシャーを強く感じたからだといわれている」

 それだけの覚悟で引き受けたからこそ、金本への想いを断ち切るべく、“脱・金本野球”に腐心しているという。デイリースポーツ元編集局長の平井隆司氏が語る。

関連記事

トピックス