国内

地面師の女、生保レディーから55億円詐欺師になるまで

”舞台”となった旅館跡地。女はなぜ地面師に?(時事通信フォト)

 新宿署から身柄を送検される車の中で、報道カメラのおびただしいフラッシュを浴びながら、後部座席の真ん中に座る女は白い歯を見せ笑っていた。右、左と首をふって車を囲む報道陣を見回すと、ぶつぶつとつぶやいて上目遣いでまたニヤリと笑う。逮捕された他の容疑者たちが顔を隠す中、彼女の堂々とした態度と不気味な笑みは異様だった。

 大手住宅メーカー「積水ハウス」が東京・品川区の旅館跡地をめぐって「地面師」グループに約55億円もの金を騙し取られた詐欺事件。主犯のカミンスカス操容疑者(58才)らは海外逃亡中だが、10月22日までに9人が逮捕された。そのうちの1人が羽毛田正美容疑者(63才)だった。

「地面師とは、土地の所有者になりすまして売却をもちかけ、代金を騙し取る詐欺師のこと。羽毛田容疑者は土地所有者である旅館の女将になりすます重要な役回りだった。本物の女将の生年月日や干支などを覚え、現場での振る舞い方も指導されていたようです。実際の取引の場では相談役のカミンスカス容疑者らに任せてほとんど発言せず、干支を言い間違える場面もあったようですが、それでも偽物とは見抜かれなかった」(捜査関係者)

 彼女には意外な「表の顔」があった。羽毛田容疑者の自宅は、東京・足立区の下町情緒が残る住宅街にある、タイル貼りの3階建ての借家。近隣住民によれば、羽毛田容疑者がここに住み始めたのは10年ほど前だという。

「旦那さんと離婚してここに引っ越してきたと聞きました。お子さんが4~5人いたんじゃないかな。シングルマザーで大変だなと思いましたよ。いちばん下の子は今もまだ成人したかしないかくらいです。逮捕され、テレビで顔を見た時は本当にびっくりしました。以前はふっくらとしていて柔らかい印象だったのに、すっごくやせていたので…」(近隣住民)

 別の近隣住民も驚きを隠せない様子でこう話す。

「毎朝、ニコニコしながら“おはようございます”と挨拶してくれる感じのいい女性でした。いつも黒のスーツに白いシャツという地味な服装で、人当たりがよくて。保険の外交員をやってると聞いて、“社交的で真面目そうだし、なるほどな”と思ったんだけどね。この辺りの住民は羽毛田さんのところで保険に入ってる人も多かったんだよ」

 周囲からは、生保レディーをしながら幼い子供たちを育ててきた、苦労人のシングルマザーだと思われていた羽毛田容疑者。だが、彼女が詐欺に手を染めたのは今回が初めてではない可能性が高いという。

関連記事

トピックス

オコエ瑠偉はこれで終わらない「楽天のロッカーから荷物が消えて…」現役ドラフトの目玉に
オコエ瑠偉はこれで終わらない「楽天のロッカーから荷物が消えて…」現役ドラフトの目玉に
NEWSポストセブン
九州場所
九州場所「着物美人」の隣にいたのは「溜席の妖精」に似た別人だった 本人は「普段からあんな感じです」と告白
NEWSポストセブン
橋本環奈
橋本環奈、熱愛報道から“逃げない姿勢”で好感度アップ 世代問わず支持される理由
NEWSポストセブン
本田圭佑氏の解説は多くの注目を集めた(写真=JFA/AFLO)
ゴミ拾い騒動、効きすぎエアコン…ピッチ外でも話題多数のW杯
週刊ポスト
1987年の結成以来、35年にわたって旧統一教会と対峙してきた全国弁連
旧統一教会と対峙する霊感商法対策弁護団の戦いの歴史 転機となった「青春を返せ」訴訟
週刊ポスト
(C)「完全に詰んだイチ子はもうカリスマになるしかないの」製作委員会
【インタビュー】『カリスマ壱子』ドラマP務めるMEGUMI「女性の成功を描きたかった」
NEWSポストセブン
話を聞いた男性。ビラを隠すように巻いた
習近平退陣デモを目撃した在日中国人が予言「この運動はあと2週間で終わる」
NEWSポストセブン
『鎌倉殿の13人』にどんな類似性が?(番組公式HPより)
『鎌倉殿の13人』は実録ヤクザ映画だ 鈴木智彦氏が分析する山口組との類似性
週刊ポスト
大野が進める計画とは(写真はジャニーズ事務所)
ドラマ単独初主演キンプリ高橋海人「キュンとするシーンも楽しめるようになってきました」
女性セブン
愛子さま 会見、成年行事…成人を迎えられてからの1年を写真で振り返る
愛子さま 会見、成年行事…成人を迎えられてからの1年を写真で振り返る
女性セブン
雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
女性セブン
上海のウルムチ路でデモは起こった
習近平主席への「中国コロナ一揆」ルポ 天安門事件以来となる“全土での抗議活動”に
週刊ポスト