芸能

ハズキルーペ会長 CMクリエイターに「見当違いな企画多い」

テレ朝を説得し『黒革の手帖』を再現

 CM好感度ランキング(CM総合研究所発表、2018年10月後期ランキング)で2位を獲得し、YouTubeの動画再生回数は87万回以上(10月29日現在)。視聴者はもちろん、CM業界関係者からも熱視線を送られるハズキルーペのCMはどのように作られたのか、同社の松村謙三会長(59)がCM以上におもしろい裏話を教えてくれた。

 大胆なアイディアで視聴者を驚かせるハズキルーペのCM。渡辺謙出演の第3弾以降は、松村会長自ら制作総指揮を務めている。

「まずは、商品を知ってもらうことが第一。しかし、CMクリエイターは商品を売ることよりも、自分の作品を作ろうとして、見当違いな企画を持ってくることが多いんです。“ミラノの駅から始まって…”とか“お殿様にハズキルーペを献上して…”とか(笑い)。こちらは60秒のCMの宣伝費に100億円かけていますから、1秒2億ですよ。ミラノの風景なんか無駄に見せるくらいなら、自分でやるよ!って」(松村会長、以下「」同)

 さらに会長が追求したのは、“また見たくなるCM”作りだ。

「大量に放送しても、飽きずに繰り返し見てもらうためには、細部まで発見のある映像であることが重要です。代理店に任せっきりにすると、安っぽい衣装を持ってきたりしてね(笑い)。スーツも着物も、見る人が見ればわかりますから。“衣装代はおれが払うから、ケチるな”と、徹底的に目を通しています」

 その“妥協しない”姿勢は、来春放送予定の新CMでも変わらない。まだ詳細は言えないが、「新たな大物が登場します。音楽にも注目ですよ」と自信満々の笑み。隅々まで見逃さないよう、ハズキルーペを準備して心待ちにしたい。

 渡辺謙(59)が登場したCMについてはこう語る。

「謙さん本人が、どんなCMにすべきか考えてくれて、提案されたテーマが“怒り”だったんです。“予定表の文字が小さくて読めない”など、謙さんが日ごろ抱えている“怒り”がA4用紙に手書きで書かれていた。こんなこと前代未聞だとみんな驚きましたよ」。その後、渡辺の提案をもとに、CMでのセリフはすべて松村会長が考案した。

 武井咲の復帰作となったCMは、『黒革の手帖』(テレビ朝日系)の大ファンという松村会長が武井に出演をオファー。

「出産直後の武井さんが、まさか受けてくれるとは予想外で。やるなら『黒革の手帖』以外、考えられなかった。“ドラマの再現なんてありえない”と反対も多かったですが、オスカーの社長がテレビ朝日の説得までしてくれて。ありがたい話です」。

「小さくて見えない!」と小泉孝太郎(40)がおしぼりを投げて渡辺のものまねをするシーンでの、「謙さんには内緒だよ」というセリフは小泉のアドリブで生まれたという。

 武井の事務所の先輩、菊川怜(40)もCMに出演している。

「彼女のスタイルのよさを生かせる衣装をこちらから希望し、菊川さんがスタイリストと相談して選んでくれました」

 ショートパンツはディオール、革ジャンはNYのブランド、ザ ロウのものだ。

※女性セブン2018年11月15日号

関連記事

トピックス

中居正広
【救世主になるか】中居正広、退所後も事務所スタッフと連携 ジャニーズの後輩たちに示す“生きる道”
女性セブン
大人気ドラマ『VIVANT』(インスタグラムより)
『VIVANT』で注目の自衛隊「別班」、金大中事件では元メンバーの関与浮上するも安倍元首相は「別班」の存在自体を否定
NEWSポストセブン
フジ・宮司愛海アナ(右)と常田俊太郎氏
【全文公開】フジ・宮司愛海アナ、東大卒実業家兼音楽家と育んでいた半同棲愛 本人は「うふふふ」
週刊ポスト
別々の施設で暮らす2人
おすぎとピーコ、進行するお互いの認知症のシビアな現実 別々の施設に入り「今生の別れ」
女性セブン
港浩一
【改編期の異変】フジテレビが「楽しくなければ」の姿勢を鮮明に 世帯視聴率狙いの番組を一掃し原点回帰へ
NEWSポストセブン
羽生結弦(AFP=時事)と末延さん
羽生結弦と結婚の末延麻裕子さんの関係は“憧れのプルシェンコ”にリンクする 「スケーターとバイオリニストの相性はいい」
NEWSポストセブン
推しの名が書かれたうちわを掲げておおはしゃぎ
【筋金入りの「スー女」】川口春奈、国技館で相撲観戦 推し力士「翔猿」の名前入りうちわを振って応援
女性セブン
タクシーで逃げようとする女性のカバンを掴むコロアキ
《美人転売ヤーを私人逮捕》炎上系YouTuber・コロアキ「俺逮捕されますか?」 逮捕動画に弁護士は「暴行罪や傷害罪に該当する可能性」
NEWSポストセブン
宮司と常田のツーショット
《熱愛》フジ宮司愛海アナ、彼とのデートでも高級ブランドは身につけず 「質素倹約ファッション」を貫く理由
NEWSポストセブン
滝沢秀明氏に告発
「滝沢秀明は強制的にキスをさせる」ジャニーズ性加害問題当事者の会代表が新たな疑惑を告発
女性セブン
羽生結弦(時事通信フォト)と結婚相手の末延麻裕子さん
羽生結弦の結婚相手“まゆちゃん”は社長令嬢ながら元「どギャル」で信念持つ女性 嫁姑関係が心配されるも「彼女なら大丈夫」
NEWSポストセブン
仙台育英を破って107年ぶり2度目の優勝を果たし、感極まる慶応高校選手たち。彼らの髪型も話題になった(時事通信フォト)
甲子園での長髪選手の活躍で「坊主頭にする自由」が理解されにくくなっている
NEWSポストセブン