芸能

西城秀樹さんの妻が明かした出会いと別れと「最初の脳梗塞」

2005年、軽井沢で撮った家族写真

 2018年4月25日。西城秀樹(享年63)は、いつも通りに約3時間に及ぶリハビリを終えて帰宅し、妻の美紀さん(46才)と母、中学2年生の次男・悠天くんとともに夕食を楽しんでいた。その日はたまたま、高校1年生の長女・莉子さんと中学3年生の長男・慎之介くんは部活動で帰宅していなかったが、自宅2階にあるダイニングで、家族そろっての夕食を囲んだ。

 テーブルに並んだのは、スペアリブ、ポトフ、サラダ、そして秀樹の好物である白いご飯。いつもどおり、肘掛けのある白い椅子に腰を下ろした秀樹は、これらをきれいに平らげる。

 直後のことだった。夜7時頃、秀樹の体は椅子の上で反り返ったまま、動かなくなってしまった。異変に気づいた美紀さんが呼びかけるが、全身が痙攣を起こし、椅子から転げ落ちそうになっている。

「パパ! どうしたの?」

 美紀さんは秀樹を椅子から下ろして体を揺すりながら、次男に「救急車を呼んで!」と叫んだ。

 大学病院の救急救命室(ER)に運び込まれ、処置が始まる。長女、長男、そして事務所のスタッフも駆けつけ、全員が無事を祈り続ける。懸命の治療、そして家族の思いによって止まっていた心臓は再び動き始めたが、医師の口から発せられた言葉は、あまりに残酷なものだった。

「残念ですが、意識が戻る可能性はありません」

 約40分間の心臓停止により、脳に充分な酸素が行き渡らなかったことから、脳死の可能性が高いという説明もあった。「もって1週間」とも。

 それでも、秀樹は生き続けた。意識は戻らず、話もできない状態でも、倒れた日から3週間、これまでと同じように「また言葉を交わせるのではないか」「ステージに立てるのではないか」という淡い希望を、見守る家族に抱かせた。

 しかし、ついにそのときが訪れる。5月16日、深夜。家族が見守るなか、医師の言葉が病室に響いた。

「5月16日23時53分、ご臨終です」

 63才。余りにも早すぎる旅立ちだった。

──あれから半年。妻の美紀さんが『蒼い空へ 夫・西城秀樹との18年』(小学館刊)を上梓した。

「正直に言えば、これまでお話ししてこなかったことを書いて公にすることに、戸惑いもありました」

 美紀さんが言う。

「秀樹さんの症状を病院で先生に伝えたり、のんでいる薬を把握するために書き留めていたノートが数冊あります。病状の変化や日々の食事、担当医とのやりとりをメモにとってきました。秀樹さんの頑張ってきた日々の記録が、どなたかのお役に立てれば本当にうれしいです」

 美紀さんの著書には、知られざる秀樹の素顔、そして過酷な闘病の日々が綴られている。

関連記事

トピックス

SixTONES・ジェシー(28)
交際報道のSixTONES・ジェシーが愛用「ファミマの靴下」がXトレンド入り、「話題」と投稿のファミマが答えた“本当の意図”
NEWSポストセブン
フレッシュさが魅力の石川(右)と突破力に定評がある出川(左)
《五輪キャスターバトル》“圧倒的な高評価”フジ石川佳純を猛追するテレ東“応援団長”出川哲朗 日テレ萩野公介は不安要素を露呈
女性セブン
名古屋場所
溜席の着物美人が名古屋場所にワンピース姿で登場 理由は愛知県体育館の暑さで、今年最後になる会場を見届ける思いか
NEWSポストセブン
綾瀬はるか(39)
SixTONESジェシーが惚れた12歳上・綾瀬はるかのナチュラル素顔「2日とも同じ自然体なファッション」
NEWSポストセブン
医療法人・徳洲会の創設者で元衆議院議員の徳田虎雄氏
《追悼評伝》徳田虎雄氏“不随の病院王”の功罪「『絶対善』の目的のためには手段はすべて肯定される」 伝説の選挙戦「保徳戦争」では現金が乱舞し選挙賭博も横行
週刊ポスト
SixTONES・ジェシー(28)
《ハグやキスもカジュアルに》SixTONESジェシーは「きれいなお姉さんに惹かれがち」綾瀬はるかと結ばれた“必然の恋愛観” ズドンとハートを射抜かれた
NEWSポストセブン
大村崑さん
名古屋場所 土俵下に転落した正代と接触の大村崑が初告白「実は落ちてくることは予想できていました」
NEWSポストセブン
熱愛が明らかになった綾瀬はるかとジェシー
【スクープ】綾瀬はるかとSixTONESジェシーが12才差真剣交際 「仲良くさせていただいております。ズドン」とジェシーが取材に回答
女性セブン
(写真/被害女性の母親提供)
体重は33キロに減り、電気も水道も止められて…22歳シングルマザー「ゴルフクラブ殴打殺人」 被害女性の母親が語る「犯人の主張に絶望」「なぜ娘が…」
NEWSポストセブン
逮捕された佐野海舟容疑者(時事通信)
《性的暴行で逮捕》佐野海舟容疑者、オンラインサロン上に“新規メッセージ”でファンが騒然「僕はひたすら待ち続けます」
NEWSポストセブン
俳優・中野英雄と次男の仲野太賀(時事通信フォト、HPより)
《俳優・中野英雄が告白》大ブレイク中の息子・仲野太賀への思い「昔渡した腕時計を、今も…」「あいつは全部自分で切り拓いた」離婚後も変わらなかった“家族の絆”
NEWSポストセブン
名古屋場所
《名古屋場所に登場の溜席着物女性》美人どころを引き連れ周囲の目を惹く存在に 土俵に最も近い席で15日間皆勤
NEWSポストセブン