• TOP
  • 国内
  • 高齢者の粗暴犯が10年で倍増 社会が効率化したせいなのか

国内

2018.11.17 16:00  NEWSポストセブン

高齢者の粗暴犯が10年で倍増 社会が効率化したせいなのか

 都内の大手私鉄社員・丸井和義さん(仮名・30代)も、鉄道各社が推し進める電子切符導入などの「効率化」と、それについていけない高齢客からの要望の「板挟み」にあっていると話す。

「すでに九割以上のお客様がパスモやスイカなどの非接触型ICカードの電子切符を使って電車を利用されていますが、高齢のお客様の一部は”使い方がわからない”ということで、窓口や券売機でたびたびトラブルになります」(丸井さん)

 朝夕のラッシュ時に高齢者が券売機で手間取り、他の客と口論になったり、電子切符のほうが従来の切符より数円安くなることについても、高齢客から「差別」と迫られるケースもあったという。また、これも「効率化」によって小中規模の駅では窓口が廃止されたこともあってか、駅員がおらず途方に暮れる高齢客のせいで混乱が生じている例もあるそうだ。そして、様々な業種で広がる「無人化」の現場では、次のようなトラブルも…。

「無人の“洗車場”や“駐車場”では、高齢のお客様にはシステムがわかりづらいようで、度々トラブルになっています」

 千葉県の郊外にある無人洗車場から「呼び出し」を食らったのは、とある休日の夕方の事。無人洗車機に「軽トラ」を突っ込んだ高齢男性からのクレームだったという。無人洗車場を運営する会社に勤める棚橋大輔さん(仮名・四十代)の話。

「無人洗車機には、一部対応できない車があります。四駆や軽トラです。その旨は洗車機の横に注意書きがあるはずなのですが、お読みになられていなかった…。こんな難しい機械なのに、案内人がいないのは“傲慢だ”ときつく叱られました」(棚橋さん)

 系列の無人有料駐車場でも、高齢者をめぐるトラブルは相次いでいる。そのほとんどが「料金が高い」というクレームによるものだが、当然のことだが、料金は看板などに示されている。にもかかわらず、クレームを入れる高齢客のほとんどが、説明書きを読んでいない。

 説明書きを読まない人は、年齢にかかわらず一定数いる。そして、提示されている情報を無視して自己主張する人も、高齢者でなくとも存在している。だが、高齢者はそのあとの主張の拠り所が違う。「老人なのだから、自分たちのしたいように合わせるのが当然だろう」という態度を崩さないのだ。

「そもそも駐車場なのに高すぎる。老人は車が必要なのだから駐車料金を安くするべき、など言われます。言いがかりですよね…」(棚橋さん)

 筆者も、朝の通勤ラッシュ時に行列に知らぬ顔で割り込んでいる高齢客を何度も目にしたことがある。サラリーマンとトラブルになり「敬老者なんだから敬え(※発言ママ)」と、高齢者自らが迫っていたこともあった。電車の車内でも、優先席に座っていた子連れの若い女性に説教をする高齢者だっている。若者や働き盛りの中年世代から見れば、これら高齢者の態度は「傲慢」という風にしか見えない。

「老人が起こす犯罪」といったテーマの本や記事も増え続けているが、それでは実際に65歳以上の高齢者の犯罪率が増加しているのかと言えば、実はそうではない。政府発行の「高齢社会白書(平成30年版)」によれば、検挙総数もこの十年でいえば、緩やかな右肩下がりである。ただ、唯一約三千件から六千件に倍増しているのが「粗暴犯数」だ。粗暴犯とは「暴力」や「傷害」、そして「脅迫」や「恐喝」の罪。

関連記事

トピックス