ライフ

のんびり感、安心感の「角打ち効果」で知らない人と仲良くなる

「角打ちに最適な高さのテーブル」で自宅以上にくつろげると評判の店だ

 大正時代からその歴史が始まっている老舗『柳下(やぎした)酒店』だが、角打ちのできる店にしたのは一昨年の6月からで、やっと2年半が過ぎたところだ。

 しかし、今や「店は日曜月曜が休み。会社は土日が休み。で、週4日来てるってことは、ひょっとして俺ら、皆勤賞?」などと言って頭をかくサラリーマン客が目立つ人気店になっている。

「それ以前はコンビニにしていたんですけど、店内で飲めるとお客さんは喜んでくれるし、自分としてもアイデアを生かせる自由があって、仕事が楽しくてね。ほんと、角打ちができる店にしたことは大正解でした」(3代目・柳下元秀さん・58歳)

 創業当時にレジとして使っていた小さな賽銭箱風の銭箱、伝統の酒屋には欠かせないアイテムの金看板など、昭和の香りをアクセントにした酒棚に囲まれた、明るく清潔な10坪ほどの店内。

 そこにあるのは、柳下さんが「楽しい角打ちのために最適な高さ」と直径を考え抜いて専門家に製作を依頼したという、自由に移動可能な6脚の丸テーブルだ。そこをそれぞれ常連客が囲んで、気ままな小宴を繰り広げている。

「本名も連絡先の電話番号もいまだに知らない人たちも多くて。それがこんなに仲良くなれるなんて考えもしませんでしたから大感激です。次はいつ会おうなんて約束しなくても、ここに来るといるんですよね。そんな彼らと過ごす安心感、のんびり感は自宅以上です」(40代、カー用品メーカー)

「ここで角打ちを知ってまだ半年にならないけど、仕事関係以外の仲間がどんどん増えています。居酒屋も好きですけど、楽しい友達の増加率じゃ、絶対にかないませんよ。いつも一緒に来る妻が風邪気味で、今日は僕一人で来ちゃいました。でも、ここだったらいいよって妻の公認をもらってます」(40代、会社員)

 ここで、この店のように明るく楽しい柳下さんがあらためて登場する。

「この丸テーブルですけどね。脚には鞄かけもあってなかなかのデザインでしょ。最適な高さと直径と言いましたけど、正確な数字は言えないというか、覚えてないというか。でもここで角打ちをすれば、そのことに納得してくれると思います」

 そんな自慢とも照れともとれる言葉を残して店の隅に戻った。

関連記事

トピックス

4Aに挑戦し続ける羽生結弦選手の今後はどうなる
羽生結弦、事実上の現役続行宣言「芸術性も技術も」不利なルール変更に挑む覚悟
女性セブン
バンド活動がいちばん楽しいと語っていた綾野
東京五輪のない今年も?『オールドルーキー』など夏ドラマのスタートが早くなっている理由
NEWSポストセブン
手錠監禁が行なわれたとみられる三瓶容疑者の別荘(時事通信フォト)
茨城23歳女性“手錠”監禁事件 2人を結びつけた「同人モデル」の危険な撮影実態
週刊ポスト
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
女性セブン
黒柳徹子と20年交際秘話
黒柳徹子、さだまさしと突然“共演NG”の謎 さだの鋭いジョークが原因か
女性セブン
広末がマッサージ店から出てきた
広末涼子が渋谷センター街に現れた!マッサージ受けてのんびり散歩、1人で寿司店に
女性セブン
松鳳山
人気力士・松鳳山「引退後は親方にならず退職」の裏に70歳再雇用と名跡不足の大問題
NEWSポストセブン
元タレント、アスリートから党首まで…参院選注目の女性候補者たち
元タレント、アスリートから党首まで…参院選注目の女性候補者たち
女性セブン
「ハウル・カラシニコフ」こと小川雅朝容疑者(本人の公式Twitterアカウントより)
NHKも騙されていた 淫行で逮捕「トー横のハウル」の巧みなメディア統制
NEWSポストセブン
沈黙を続ける井上陽水 16才の孫娘がデビューに向けて着々と準備か
沈黙を続ける井上陽水 16才の孫娘がデビューに向けて着々と準備か
女性セブン
眞子さまがデニム
小室圭さんの妻・眞子さん、海外メディアが「ユニフォームのようだ」と指摘する質素なファッション事情
NEWSポストセブン
井上陽水
井上陽水が進める引退への準備 個人事務所の社長は辞任、連絡が取れない状態か
女性セブン