芸能

中谷美紀とドイツ人ビオラ奏者夫、雨の西麻布で密着の様子

中谷美紀と夫のツーショット。雨の西麻布で傘もささずに…

 ディナーはひとりで食べるのが好き。マスクや帽子で変装せずに、ひとりでお買い物もエステもジムも美術館にもお出かけ。40代目前で、長年つきあってきたカレと別れて、ドラマ『私、結婚できないんじゃなくて、しないんです』(2016年、TBS系)に主演し、“ひとりでなんでもやっちゃう女”の代表格だった中谷美紀(42才)。そんな彼女が選んだ相手は、ドイツ人音楽家だった。

 11月27日、中谷がビオラ奏者のティロ・フェヒナー氏(50才)と国際結婚していたことが報じられた。

 フェヒナー氏はベルリンの音楽一家のもとで育ち、ベルリン芸術大学や米ニューヨークの名門ジュリアード音楽院などで学んだ。現在は、世界的オーケストラ「ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団」に所属。楽団の精鋭らで結成されたアンサンブル「ザ・フィルハーモニクス」でも活躍する超エリートだ。

「フェヒナー氏が2016年10月、小澤征爾氏が指揮するウィーン・フィルのコンサートで来日した際、中谷と知り合ったそうです」(芸能関係者)

 ふたりは一瞬で恋に落ちた。

 翌11月中旬、小雨降る深夜の東京・西麻布のネオンの下で、肩を寄せ合って密着デートをするふたりの姿を、女性セブンは目撃していた。

 傘を持たないふたりは11月の冷たい雨の中でお互いを温めるように、ニット帽を被った背の高いフェヒナー氏が中谷の肩を抱き寄せ、中谷はカレの腰をギュッと抱く。赤信号を待つ間に見つめ合うふたりの様子は、まるで映画のワンシーンのようだった。

 耳元で囁き合う会話は、すべて英語だ。中谷が英語やフランス語、イタリア語などを流暢に操るのはよく知られていて、言語は“恋の障壁”にはならなかったようだ。

 ふたりはその夜、20分ほど真夜中の散歩を楽しみ、フェヒナー氏も慣れた様子で、中谷の暮らすマンションへと姿を消した──。

「昨年秋頃からは、ドラマや映画など女優の仕事はセーブし、フェヒナー氏が暮らすオーストリア・ザルツブルクで一緒に家を借りたそうです。中谷は仕事があれば東京に帰ってくる生活を送っていました」(前出・芸能関係者)

 3年前まで、15年間交際していた渡部篤郎(50才)とはずっと同棲生活を送っていた。渡部の前妻との子が成人したのを機に、中谷は結婚を強く意識したというが、渡部はそれに応じなかった。

 来年には主演ドラマもスタートする。オーストリアと日本。キャリアと自信を積み重ねてきた末の42才の結婚では、それぐらいの距離がちょうどいいのかもしれない。

※女性セブン2018年12月13日号

関連記事

トピックス

名古屋・錦に帰ってきたエンリケ
【本人激白】古巣・名古屋に戻った“伝説のキャバ嬢”エンリケ「無銭飲食事件」から「再婚願望」までのすべて
NEWSポストセブン
NHK退職が明らかになった武田真一アナ
NHK武田真一アナ起用報道で南キャン・山里亮太の損得勘定 スッキリ後番組への期待と不安
NEWSポストセブン
三田寛子
三田寛子、本番15分前の「緊急代役」オファーを快諾 神対応の背景に“家計の危機”
女性セブン
「将棋界の異端児」元プロ棋士が元妻誹謗中傷で逮捕 知人に見せていた「妻への執着」
「将棋界の異端児」元プロ棋士が元妻誹謗中傷で逮捕 知人に見せていた「妻への執着」
NEWSポストセブン
立浪監督がいきなり「NO」をつきつけた(時事通信フォト)
WBC目前に中日・高橋宏斗が山本由伸流にフォーム改造 「立浪監督の苦言」に賛否両論の声
NEWSポストセブン
女大鼠(松本まりか)
『どうする家康』で“エリートくのいち”演じる松本まりか 違和感のある髪型が表すもの
週刊ポスト
綾瀬はるかと大泉洋
綾瀬はるか、多忙な中でのトレーニング 秘密兵器は「黒酢大根」、弁当に入れて現場持参も
女性セブン
問題となった動画(SNSより)
スシロー「湯呑みペロペロ」騒動 被害受けた店が新たな「寿司つんつん対策」を導入
NEWSポストセブン
カラオケ店内で火炎放射する男性
【「やったれ!」でスプレー火炎放射】「カラオケまねきねこ」店内での迷惑行為動画に批判殺到 運営元は「警察にも相談済み」
NEWSポストセブン
冬のNYの眞子さん
小室眞子さん、渡米1年で深まる秋篠宮ご夫妻との溝 状況打破のために登用された「元客室乗務員」
女性セブン
(写真/GettyImages)
花粉症の薬、安易に服用し続けることのリスク「急に乱暴に」「認知機能低下」の例も
女性セブン
テレビ出演見合わせが続く三浦瑠麗氏(時事通信フォト)
テレビ出演見合わせが続く三浦瑠麗氏 上から目線の発言やインスタ投稿にみる下方比較の匂い
NEWSポストセブン