中谷美紀一覧

【中谷美紀】に関するニュースを集めたページです。

厚労省公開の報告書を読み解く(写真=AA/時事)
コロナワクチン「3回目接種の副反応がいちばん大変」となりうる背景
 急ピッチで進められる新型コロナウイルスのワクチン3回目接種。しかし、1、2回目よりも重い副反応が出る人が続出しているという。果たして、どんな症状が出るのか──その実体験を緊急レポートする。 オミクロン株の市中感染の広がりが懸念されるなか、ますます注目度が高まっているのが新型コロナワクチンの3回目接種だ。政府は一般高齢者への接種を前倒しして、1月からのスタートを認めた。全国各地で大規模接種会場も設営されて、接種に向けた準備が進む。 春先には一般の人も3回目を打つことになりそうだ。1、2回目で大変な副反応が出た人からは「またあれをやるのか」と心配する声も多い。“ワクチン先進国”イスラエルの昨年8月当時の報告では、副反応は2回目と比べて「同等」または「軽い」とされていたが、実際に3回目を打った日本人を見ると、相当大変そうな人もいる。《微熱に頭痛、あらゆる関節の痛みに喘ぎながら、丸2日間死んだように眠り続け、ようやく目が覚めると雪に覆われたザルツブルクは快晴でした。》 12月22日、自身のインスタグラムにそう書き込んだのは、オーストリア・ザルツブルク在住の女優・中谷美紀(45才)だ。日本に先がけて一般人の3回目接種が進む欧州でワクチンを打った後、丸2日間寝込むことになったという。 フランス・パリ在住のフリーアナウンサー・雨宮塔子(51才)も3回目接種後、《想像以上の副反応にベッドの中で唸っていたのですが、4日後ようやく回復(遅っ)!》したと、12月18日、インスタグラムで明かした。 国内では3回目を打った医療従事者の悲鳴が聞こえる。「2回目まではほとんど副反応がなかったのに、3回目は本当にひどかった」 そう振り返るのは、男性内科医のAさん(49才)だ。 Aさんは接種当日に吐き気と倦怠感が生じ、夜に37.8℃の熱が出た。翌日は39℃まで熱が上がった。「頭痛と脇の痛みが治まらず、ずっとベッドで寝ていました。初日には見られなかったリンパの腫れが出てきて、腫れを触るとプクッと膨れていて恐怖を感じました。3日目にようやく熱は下がったものの倦怠感とリンパの腫れが引かず、仕事に復帰できたのは4日後でした。その間に体重が2.5kgも減りました」 そう打ち明けるAさんの同僚の医師約20人のうち、15人は過去2回よりも副反応がひどかったという。 女性看護師B子さん(44才)は「激痛」に見舞われた。「接種直後から、打った方の左腕に痛みを感じ、時間が経つとともにその痛みがひどくなり、痛む範囲もどんどん広がりました。 当日の夜は痛みで眠れず、翌朝は体を起こせなかった。1、2回目の倍以上の痛みが続いて鎮痛剤を打ちながら仕事をしましたが、薬効が切れるとともに激痛に襲われて、肩から脇腹まで金づちで叩かれているようでした。接種から2週間経っても、まだ腕が肩から上に上がりません」(B子さん) 女性介護士のC美さん(26才)は痛みに加えて「腫れ」の症状に悩まされた。 3回目接種後、彼女の腕は倍の太さになるほど腫れ上がった。洋服が着られず、熱湯をかけられたような熱さとひりひりした痛みが続いた。体は常に重苦しく、少し動いただけで息切れして立っていられなかったという。 生命の危険を感じた人もいる。男性介護士のDさん(46才)は接種12時間後に体温が39℃まで上昇した。「息苦しくてまともに呼吸ができず、入院して酸素吸入しました。普段は130前後の血圧が200に達し、普段は100程度の血糖値が500まで上がりました。手足のしびれや目のかすみ、味覚障害などの症状も出て、10日間入院しました」(Dさん) 国際医療福祉大学病院内科学予防医学センター教授の一石英一郎さんも3回目接種を終えた1人。「私は局所の痛みはあったものの全身の副反応は2回目接種よりも軽かったです。ただし、周囲を見渡すと2回目接種と同程度の副反応が生じている人が多いように感じます。 順天堂大学などの研究チームが約1000人を調査したところ、3回目接種後に4割の人に37.5℃以上の発熱があり、2割が38℃以上でした。主な副反応の頻度は、注射部位の痛みが92%、倦怠感が71%、頭痛が56%でした」(一石さん) その調査によると首や脇の下、股の付け根にあるリンパ節が腫れる「リンパ節症」が出る頻度は、2回目接種よりも3回目接種の方が高かった。日本人は副反応が強い傾向 なぜ3回目の方が大変なのか──医療経済ジャーナリスト・室井一辰さんの説明。「2回目のワクチン接種から時間が経過しても、リンパ球に免疫が残っているとの研究があります。免疫が残っている状態で3回目を接種するので、免疫反応が強く生じて、扁桃腺や脇の下などリンパ節に違和感を持つ可能性があります」 血液内科医の中村幸嗣さんは、「日本人は副反応が強い傾向がある」と指摘する。「基本的に免疫には個人差があり、体がどのように反応するかはワクチンを打ってみないとわかりません。 ただし日本人は傾向として副反応が強く出ています。“副反応なんて、たいしたことない”とする医師もいますが、医師は軽症と考えても、一般の人にとっては重症と受け止める症状も多い。コロナワクチンの副反応として、インフルエンザに感染したような症状が出る人もいます。 強い副反応は当人にとって非常につらいもので、それに見合うだけのメリットがワクチンにあるかがきちんと議論され、本人もそれを理解した上で打つか打たないかを判断する必要があります」(中村さん) 3回目は1、2回目と違うワクチンを打つ「交差接種」が増えそうな点も気になるところだ。「理論的には、違う免疫反応を引き出すため、交差接種の方が副反応は軽くなると考えられます。そのため、同じワクチンを3回連続で接種した方が副反応は重くなるはずです」(室井さん) ただし、交差接種でも副反応が重くなる可能性は充分ある。前出の男性内科医Aさんは交差接種に注意を促す。「2回目までファイザーで3回目にモデルナを打ったある医療従事者は、体中に発疹ができて完全にノックダウン状態だったそうです。交差接種でひどい副反応が出たケースが複数あり、注意が必要です」(Aさん) 実際、中谷美紀は2回目まではファイザー製だったが、3回目はモデルナ製を接種し、2日間、寝込んでいる。 すでに4回目接種を開始したイスラエルからは、新たな不安が聞こえてくる。イスラエル政府医療諮問機関のメンバーで、サムソン・アスタ・アシュドッド大学病院感染症科長のタル・ブロッシュ・ニシモフ医師は本誌・女性セブンの取材にこう語る。「あまりに多くの予防接種を受けすぎると、結果的に免疫システムが疲労し、ウイルスに対応する能力が低下する可能性があるとの指摘が出てきています。昨年8月に3回目の接種を受けた60才以上の高齢者の一部に免疫力低下がみられたことから、60才以上では、3回目の接種から4~5か月以内にコロナウイルスへの感染を防ぐ力が半分に低下するとの見解があります」 室井さんは政府の姿勢に注文を付ける。「政府はワクチンの安心安全を強調しすぎて、副反応のリスクについてあまり発信していません。そのため、発熱や腫れなどが生じると“安全なはずなのに”とギャップに驚く人が多く出ます。7〜8割の人に副反応が出ることを考慮すると、政府はもっと積極的にワクチンの副反応リスクをアナウンスすべきです」 3回目の前に改めてワクチンへの理解を深めておきたい。※女性セブン2022年1月20・27日号
2022.01.05 19:00
女性セブン
中谷美紀も通う歯科医師が伝授 口元の若さと保つためのメンテナンス術
中谷美紀も通う歯科医師が伝授 口元の若さと保つためのメンテナンス術
「隠されたものほど見たくなる」──マスク生活が続いたことで、以前よりもマスクを外した後の口元に視線が集まってしまうかもしれない。あなたの口元は大丈夫だろうか。女優たちも実践するメンテナンス法をカリスマ歯科医師に聞いた。 両脇に議員を従え、赤絨毯が敷かれた階段を下りる女性。“初の女性総理大臣”に世間は騒いだが、さらに話題を呼んだのは彼女の美貌で──。 これは、映画『総理の夫』のワンシーン。9月23日に行われた舞台挨拶には、主演の中谷美紀(45才)が登場。デコルテをあらわにしたブラックドレス姿で会場を魅了した。共演者たちも絶賛する美しさだが、輝いていたのは白くハリのある肌だけではない。笑うたびに見える白い歯と、上がった口角も彼女の笑顔を引き立てていた。「中谷さんは口元のケアに非常にこだわっていて、20代の頃からずっと同じ歯科クリニックに通っているとか。生活拠点をオーストリアに移した後も、帰国するたびにケアを受けているそうです」(芸能関係者) 彼女が通うのは、東京・恵比寿に本店のある歯科医院「ホワイトホワイトデンタルクリニック」。院長をつとめる歯科医師の石井さとこさんは、田中みな実(34才)、松本伊代(56才)、長谷川理恵(47才)らも信頼を寄せるカリスマ。著書の『マスクしたまま30秒!! マスク老け撃退顔トレ』(集英社刊)も注目されている。かつて「芸能人は歯が命」というキャッチフレーズが流行したが、彼女たちはなぜ口元ケアにこだわるのだろうか。石井さんが解説する。「人の印象は5秒で決まるといわれています。日本では感情が表れる目を重要視すると考えられていますが、唇や口角にも同じくらい感情が表れる。好印象を与えるには、歯はもちろん、口元全体のメンテナンスをする必要があります。また、コロナ禍のいま、歯科受診を控え、虫歯や噛み合わせの悪い歯をそのまま放置している人が多いのです。いまこそ、お口メンテに励むべきです」(石井さん・以下同) リモートワークなどでコーヒーやお茶を飲む回数が増えた人も注意したい。以前に比べ、歯の黄ばみが目立っている可能性があるという。黄ばみを落とすには、クリニックでのホワイトニングが効果的だが、自宅でも歯を白くする方法もある。女優たちが実践している「石井流歯磨き」を教えてもらった。 まず、歯磨きの前に、ペットボトルのキャップ1杯ぶんの水で口をゆすごう。「少ない水で汚れを落とす、ドラム式洗濯機をイメージして。頬に水をぶつけるようにしてゆすぎましょう」 歯ブラシは、硬すぎると逆効果。歯のエナメル質が傷つく危険がある。硬さは「ふつう」を選ぼう。「ブラシ部分が3列ほどのコンパクトなタイプがおすすめ。また、毛の長さがバラバラで表面が波形なものよりも、平らなものを選びましょう。ブラシが歯の表面により密着し、汚れを落としてくれます」 歯磨き粉の選び方にもコツがある。実は、汚れをしっかりと落としてくれそうな研磨剤入りは、歯の表面に傷をつけるリスクがあるという。「粗い研磨剤入りは避け、汚れや着色汚れのステインに吸着する『ポリリン酸』を含むものがおすすめです。また、味や刺激が強すぎるものも注意してください。歯磨きの時間が短くなってしまうので、5分以上磨いても口の中がピリピリしない低刺激のものを選びましょう」 歯と同様に歯茎の汚れも落とす必要があるが、ゴシゴシとこするのはご法度だ。「目安は歯ブラシで指の甘皮をこすって痛みを感じない程度。強い刺激を与え続けると、歯茎が下がってしまいます。歯茎は下がると戻りづらく、知覚過敏や虫歯になりやすくなるので注意しましょう」舌が弱ると口元ブスになる 急増しているのは口腔内のトラブルだけではない。マスク生活が続くことで “口元ブス”が増えているというのだ。「マスク生活が始まる以前は、人の視線を気にして口をキュッと結んだり、口角を上げるなどしていましたよね。ですが、いまはマスクの下で口角が下がりっぱなしになっていたり、口をぽかんと開けたままになっている人が多い。習慣になると、唇を囲むようについている『口輪筋(こうりんきん)』が弱り、ほうれい線やしわの原因に。実年齢より3才以上老けて見える恐れがあります」 口輪筋は骨に密着していない筋肉のため、咬筋(こうきん)などほかの筋肉より緩みやすい。その上、40代からは加齢によってさらに衰えやすいため、意識して動かしたい。モダイオラスほぐし まずは準備体操から。口輪筋のほか、顔全体の筋肉が集中する「モダイオラス」という部分を舌で刺激する。「モダイオラスは顔の筋肉が集まっているターミナル駅のような場所。ここを舌でほぐすことで、顔全体の筋肉が動きやすくなり、舌の運動にもなります」レロレロエクササイズ 口を閉じたとき、舌はあごの上下どちらにつくだろうか。下につくなら、運動不足で舌が下がっている状態だ。しかし、「レロレロ」と唱えるだけで、改善することができる。「舌はそれ自体が舌筋(ぜつきん)という大きな筋肉。喉の奥までつながっていて200gほどあるので、鍛えなければ重みでどんどん下がってしまいます。舌が下がると口呼吸になり、口輪筋も弱るという悪循環に陥ってしまう。できるだけゆっくりと、大きな声で唱えるのがポイントです」ぴよぴよぷー体操 口輪筋を動かして鍛える体操で、慣れるまでは、やや難しいと感じる人がいるかもしれない。「モダイオラスが柔らかくなると口輪筋を動かしやすいので、しっかりとほぐしておきましょう。頬をキュッと真ん中に寄せることでフェイスラインがスッキリして小顔効果も生まれますよ」美唾液プッシュ 口元美人になるには、唾液の量も重要だ。唾液には、病原菌やウイルスの侵入を防ぐ「lgA」という免疫物質が含まれており、歯周病や口臭の予防効果がある。さらに、皮膚の新陳代謝を促進する美肌ホルモンの「パロチン」も含まれている。健康と美容に、唾液は欠かせないのだ。先に紹介した動きでも唾液が出るが、両耳の前にあるツボを押すとさらに効果的だ。「リラックスしていると唾液が出やすくなるので、強くグリグリ押さず、気持ちいいと感じる程度にしましょう」 口元美人を目指して、さっそく始めてみよう。イラスト/清水利江子※女性セブン2021年10月14日号
2021.10.05 07:00
女性セブン
『総理の夫』『総理と呼ばないで』など名作家が総理大臣を描く理由とは?
『総理の夫』『総理と呼ばないで』など名作家が総理大臣を描く理由とは?
 自民党総裁選が終わり、いよいよ新総理大臣が誕生するが、映画の世界でもこれまで総理大臣は注目されてきた。公開中の『総理の夫』など、名作家によってさまざまなキャラクターの総理大臣が描かれてきた。名作家たちが総理大臣に注目するのはなぜか? コラムニストのペリー荻野さんが解説する。 * * * 公開中の映画『総理の夫』は、日本初の女性総理と“ファーストジェントルマン”になった夫婦の愛と奮闘の物語だ。 大財閥の御曹司で鳥オタク、どこかぼんやりしている年下夫の相馬日和(田中圭)は、電波の届かない孤島で野鳥の調査をしている間に、愛する妻・凛子(中谷美紀)が総理大臣になっていた。美しく政治家としてのカリスマ性を持つ凛子は、国民を熱狂させ、“凛子ジェンヌ”という追っかけまで出現。凛子人気が日和にも及んで、女性集団“ひよラー”が行く先々で、キラキラうちわをフリフリして大変な騒ぎ。そんな最中に凛子が妊娠していることがわかる。 妻が総理になったことだけでもびっくりなのに、マスコミに追われ、総理公邸に引っ越し、テロ対策のため監視され、と驚くたびに「えっ」と困惑する無精ひげの田中圭は「可愛い」と評判だ。 考えてみると「総理大臣ファミリー」を主役にした作品には、名作が多い。古くは、1997年のドラマ『総理と呼ばないで』。ここでは意地っ張りで短気、しかも能力不足で支持率が急降下する総理大臣(田村正和)が主人公。官邸スタッフ、わがままな夫人(鈴木保奈美)、前妻との間に生まれた令嬢(佐藤藍子)とのすったもんだが描かれた。 2015年のドラマ『民王』は、政治闘争を勝ち抜いた総理大臣武藤泰山(遠藤憲一)と気は優しいが勉学も体力もさっはりの息子翔(菅田将暉)の体が入れ替わって大騒動。わけがわからないまま、国家で演説することになった総理(翔)だが、原稿の「未曾有」を「みぞうゆう」、「直面」を「じかめん」と読む姿が放送されて、大ピンチに。三十年来、泰山を支える内閣官房長官(金田明夫)は「総理のコンタクトがずれて…」と苦しい言い訳をするが、政治評論家からは「武藤総理じゃなく無能総理」と笑われる。 そして2019年、映画『記憶にございません!』では、中井貴一が演じる総理大臣・黒田啓介が、国民の声に耳を貸さず、国会で追い詰められると「だから、うるせいなあ、もう! 記憶にねえんだ。記憶にございませーん」と最悪な答弁をしたりする。しかし、怒った国民が投げた石が当たって卒倒。記憶を失くした黒田は、急に腰が低くなり、自分の支持率が「前代未聞の2.3%」と知って「なんでそんなに人気がないんでしょうか」とおどおどするようになる。 興味深いのは、これらの作品が、すべて名作家によるものということだ。『総理と呼ばないで』は三谷幸喜脚本、『記憶にございません!』は三谷幸喜脚本・監督、『民王』は池井戸潤原作、『総理の夫』は原田マハ原作である。 コケまくった総理大臣が、少しずつ人間的に変化したり、大逆転をしたり(『民王』のダメ息子総理はある国の大統領が、自分が好きな日本のアニメに救われたと知るとアニメソングを歌って踊り、見事困難な交渉を成功させた)、『総理の夫』は、凛子の妊娠発覚で、互いを思う二人が勇気ある決断をする。 ハートフルコメディでホームドラマで政治ドラマでヒューマンドラマ。本音と建て前、「支持率」という特殊な数字も効果的に使える。「総理ファミリー」だからこそ、描ける世界がある。名作家が注目する理由がよくわかった。
2021.09.30 16:00
NEWSポストセブン
すばらしい!独学で英語が話せるようになった芸能人たち
すばらしい!独学で英語が話せるようになった芸能人たち
将来のグローバル化にともない日本の小学校でも英語教育がスタート。小学校から英語を学んでいればわが子は英語に苦労しないはず!と考えている人もいるでしょう。実は小学校で英語を学んでいなくても芸能界には独学で英語が話せるようになった人たちが数多くいます。きっと人一倍努力したにちがいありません。今回はそんな自らの力で英語をマスターした芸能人、有名人たちを紹介したいと思います。独学で英語を習得した芸能人ハーフでもなく、帰国子女でもない、ましてやインターナショナルスクールにも通っていない・・・独学で英語を取得した芸能人はどんな人たちがいるのでしょうか。。海外ドラマで映画力全開!山下智久さん出身大学:明治大学商学部最近は海外ドラマ「THE HEAD」で流暢な英語を披露している山P。このドラマのエンディングテーマ『Nights Cold』では英語の作詞にもチャレンジしています。ただ高校時代は英語の成績があまりよくなかったというのですから驚きです。それでも2017年にはアンジョリーナ・ジョリーさんに通訳なしにインタビュー、2019年のグラミー賞でも現地インタビューを経験済。英語のテキストを常に持ち歩く、好きなラップの翻訳を調べる、という独自の勉強法で英語をマスターしたとのことです。さすが山Pです。英語も演技も本格派!鈴木亮平さん出身大学:東京外語大学(外国語学部欧米第一過程英語専攻)演技派の印象が強い鈴木良平さん。今年放送された「テセウスの船」で演じた骨太の父親役が印象深いですね。そんな鈴木さんは高校時代から英語に興味があり、アメリカ留学の経験があります。東京外語大学では本格的に英語を勉強して英語力はネイティブ級。そして合格率10%前後の英検1級を取得しています。演技派で語学堪能であれば国際俳優になる日も近いかもしれませんね。英語上級者!福士蒼汰さん出身高校:都立目黒高校中学時代の英語の先生が「発音がいいね」とほめてくれたことが、うれしくて英語を熱心に勉強した福士さん。留学経験はありませんが、高校時代に英検2級を取得しています。中学時代に先生に言われた言葉を忘れず一生懸命目標にむかって努力したのですね。そんな福士さんの将来の目標はハリウッド進出。この英語力と素直な心をもっているなら言葉の壁はなさそうです。パーフェクト男子:ディーン・フジオカさん出身高校:千葉県立船橋高校高校卒業して18歳の時に、シアトルの大学に入学していることから、かなりの英語力を身につけていたことがわかります。父親が中国で育っていることもあり中国語も堪能なディーンさん。さらに全米のドラマデビューを果たしているので英語も堪能。日本語、中国語、それ以外にも広東語、韓国語の計5か国語が話せるそうです。語学堪能というクレバーな面を持ち合わせているディーンさん、世界で人気を博しているのも納得です。この動画の会見では30分にわたってすべての質問に完璧に英語で対応している姿はかっこいいですよ。旦那さんと言葉の問題なし!中谷美紀さん出身高校:都立代々木高校(閉校)流暢なフランス語を話すことで有名な中谷美紀さん。中谷さんは20代のころからフランスのアパートメントをかりて長期滞在していたそうです。フランス以外の国にも頻繁に旅行に訪れて英語、イタリア語、ドイツ語も話せるとのこと。美しいうえに語学が堪能とはうらやましい限りです。しかも旦那様はドイツ人で世界を舞台に活躍するヴィオラ奏者です。旦那さんとは英語でコミュニケーションをとっていれば、ますます語学力にみがきがかかりますね。残念ながら英語の動画はなかったので、完璧なフランス語の動画をご紹介します。英語も国際レベル!安藤美姫さん出身大学:中京大学 体育学部現在はフィギュアスケートのプロスケーターと活躍している安藤美姫さん。オリンピックや世界選手権に出場して活躍をしたのは記憶にありますね。2005年には競技のために拠点をアメリカに移します。その当時は言葉が通じず友だちを作ることも難しい状態だったそうですが、その時にコーチから言われた言葉がきっかけとなり真剣に英語を学び始めたとのこと。フィギュアと英語の両立を成し遂げた安藤さん、その結果国際大会に参加しても問題ない英語力を手に入れたのです。ミキティ、がんばりやさんです。さすが元外務大臣!河野太郎さん出身大学:ジョージタウン大学国際学部比較政治学専攻現在(2020年6月)の防衛大臣である河野太郎さんが英語ペラペラなのを知っていましたか。政治家一族にうまれた河野さんは慶応義塾中等部、高校から慶応義塾大学に入学するもすぐに退学。アメリカとポーランドの大学に長期間留学をしていました。その後に富士ゼロックスのシンガポール赴任や日本端子で海外輸出を担当。民間企業で働いた経験があるなんてぐっと親近感がわいてきてしまいます。現在の流暢な英語は海外の大学や海外赴任の経験からきているのと思われます。英語が話せない政治家よりジョークを交えてスピーチできる河野太郎さん、ちょっとステキだと思いませんか。声も英語も心地よい!Taka(ONE OK ROCK)出身学校:慶應義塾湘南藤沢高校中退日本だけでなく海外でも抜群の人気を誇っているONE OK ROCKのTakaさん。ネイティブ並みの英語力は有名ですね。両親(父親は森進一さん、母親は森昌子さん)から受け継いだ歌唱力となめらかな英語が心地よいサウンドをうみだしています。これほどきれいな英語を話すのだからきっと帰国子女では?と思いますが留学経験は「ない」というから驚きです。中学校は慶應義塾湘南藤沢中等部(SFC中等部)。その後慶應義塾湘南藤沢高等部に進学しますが一年終了時に音楽の道に進むため自主退学。帰国子女の多い学校なので学生生活で英語の基礎がつくられたのでしょう。ジャニーズ事務所に所属していたので英語を習得するために、相当の努力をしたことがうかがえます。アメリカ人に爆笑!ゆりやんレトリィバァさん出身大学:関西大学 文学部日本のピン芸人であるゆりやんレトリィバァさん。ゆりやんさんの英語力が世界中に知れ渡ったのはアメリカのスター発掘番組「America’s Got Talent(アメリカズ・ゴット・タレント)」でのパフォーマンスではないでしょうか。そのなかで番組審査員からの英語の質問にきれいな英語で受け答えをしていましたね。発音やイントネーションにリズムがあってとても自然な英語を話しています。ゆりやんさんは洋画が好きだったことから英語に興味を持ち、大学のサークルで海外留学生や帰国子女の人たちとコミュニケーションをとって英語のスキルを磨いたそうです。素晴らしい英語に対する情熱といえますね。7か国語を操る、中田英寿さん出身高校:山梨県立韮崎高校現役時代はイタリアのセリエAにわたった元サッカー選手の中田英寿さん。1998年~2006年の8年間イタリアやイングランドで活躍。2006年のドイツワールド杯後、現役を退き、世界を旅しながらさまざまなビジネスを精力的にこなしています。もちろんイタリア語も話せますが英語も堪能とのこと。すでに高校時代から英語は絶対必要なスキルだと考え勉強をしていたというから驚きです。他にも簡単な会話であればスペイン語、ポルトガル語、フランス語、ロシア語が話せるというのです。ヒデ、かっこよすぎます。おわりに独学で英語が話せる芸能人たちいかがでしたが?今回紹介した人たちが素晴らしいのは「独学」で英語をマスターしたことです。全員に共通していえることは「英語が話せるようになりたい」という強い気持ちと一生懸命に努力したことではないでしょうか。小学校から英語に親しんでいれば、英語をマスターするのも夢ではないかもしれませんね。※本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。ご了承ください。
2020.07.20 15:00
たまGoo!
ゴクミ、中村江里子、中谷美紀 国際結婚がうまくいった理由
ゴクミ、中村江里子、中谷美紀 国際結婚がうまくいった理由
 綾瀬はるか(35)と韓国俳優ノ・ミヌ(34)の交際報道が注目を集めているが、海を越えた男女の交際には様々な障壁があるのも事実。それでも障壁を越えて国際結婚した芸能人カップルは少なくない。芸能界の国際結婚事情を大きく変えたのは、F1レーサーのジャン・アレジとの“フランス婚”で注目を集めた後藤久美子(46)だろう。 1995年に人気絶頂の21歳で世界的レーサーとの婚約を発表したゴクミだが、交際を始めた頃はアレジと前妻との離婚は成立していなかった。今なら“略奪婚”と騒がれかねないところだが、当時の世間の受け止め方は違ったという。「1990年代のバブルの名残りとF1ブームもあって、祝福ムードが大きかった。ゴクミは『国民的美少女』として注目を浴びたが、まだ若かったため代表作は『男はつらいよ』くらい。それが今では、たまに日本に帰ってきて活動してもセレブタレントとしての地位を確立している。3人の子供にも恵まれ、最近は娘も芸能活動を始めた。アイドル女優から、結婚によって自分の価値やブランドをさらに高めるのに成功した。日本では馴染みがない事実婚を心配されましたが、いまも家庭はうまくいっている」(芸能リポーター・石川敏男氏) ゴクミに続くようにフランス人との“セレブ婚”でステータスが上ったのが、元フジテレビアナウンサーの中村江里子(51)だろう。 2001年にフランス人実業家のシャルル・エドゥアール・バルト氏と結婚した中村は、フランスで暮らしながら時折日本で活動するスタイルで、パリ関連の書籍を出すなど文化人として活動の幅を広げた。 2007年にフランス人アートディレクターのローラン・グナシア氏との結婚が「梨園に反乱」と話題になったのは女優の寺島しのぶ(47)だ。結婚会見では「心臓と心臓で話しています」「エブリタイムキスです」と惚気てみせた。 その10年後、長男の寺嶋眞秀が歌舞伎座で初お目見えしている。「夫婦は日本で暮らし、寺島が男だったら叶えたかったという歌舞伎役者の夢を子供に託した。旦那さんも日本文化に理解があり、寺島の女優業をサポートしている。日本人と結婚するよりも結果的にはよかったのかもしれません」(前出の石川氏) 2018年には女優の中谷美紀(44)がドイツ人ビオラ奏者、ティロ・フェヒナー氏と結婚した。中谷はオーストリアを拠点に、仕事の度に日本に帰る生活スタイルだというが、途切れることなくドラマやCMに出演している。離婚はしたものの、浜崎あゆみ(41)や宇多田ヒカル(37)、道端ジェシカ(35)、武田久美子(51)も外国人男性との結婚経験がある。 恋人・夫婦仲相談所所長の三松真由美氏は、芸能界の国際結婚事情についてこう分析する。「女優やアーティストは、結婚相手から表現活動をする上でのエネルギーやインスピレーションを得たいというところがある。日本人との交際中には味わえなかったような刺激を外国人男性だったら味わえるという面もあるのでしょう。そうして洗練された男性と結婚した女性には新たなファンがつくという仕事上の広がりもあるはずです。 寺島さんのような姉御肌なイメージの大物女優の場合、日本の男性は遠慮しがちですが、欧米の男性はひるまず情熱的に口説きますしね」※週刊ポスト2020年7月24日号
2020.07.17 07:00
週刊ポスト
JIN、ごくせん、逃げ恥 再放送作品が高視聴率となった理由
JIN、ごくせん、逃げ恥 再放送作品が高視聴率となった理由
 新型コロナウイルスの影響で新作ドラマの撮影がストップし、空前の再放送ラッシュが続いている。視聴率10%が再放送の成功ラインだというが、実際に成功を収めた再放送ドラマも多かった。その勝因をドラマ視聴のプロに分析してもらった。「頼むぜよ。南方先生」。懐かしのフレーズが響き渡る。大沢たかお(52才)演じる医者の南方仁に、内野聖陽(51才)演じる坂本龍馬が土佐弁で語りかける。 江戸時代を舞台にした医療ドラマ『JIN-仁-』(TBS系、2009年)は、この4月、土曜と日曜の14時から2話ずつ再放送された。この時間帯は外出する人が多く、高視聴率が望めないとされていたが、6回の放送すべてで2桁を記録した。「作品に出てくる“コロリ”という感染症が新型コロナを連想させ、感染が拡大して特効薬がないという状況も、いまと重なりました。視聴者は自分のこととして物語をとらえ“リアルタイムで見ていたときよりも感動した”という声もあがっています」(ドラマ評論家の田幸和歌子さん) 大沢の脇を固めるキャストも、綾瀬はるか(35才)、中谷美紀(44才)、桐谷健太(40才)など、ハマり役ばかりだったことも高視聴率に影響している。 目下、お茶の間を楽しませてくれているドラマの再放送。特に視聴者を喜ばせているのが、平成を代表する名作の数々だ。 6月3日の放送で堂々の視聴率12.7%をたたき出したのは、仲間由紀恵(40才)が熱血教師ヤンクミを演じた学園コメディー『ごくせん』(日本テレビ系、2002年、再放送日は水曜22時。以下同)。「とにかく生徒役が豪華です。小栗旬さん(37才)や松本潤さん(36才)、松山ケンイチさん(35才)など、トップスターの若かりし頃が楽しめます。“昔の松潤はこうだったんだね”と、親子でも楽しめます」(テレビ解説者の木村隆志さん) 松潤の主演作『99.9 -刑事専門弁護士-』(TBS系、2016年、再放送は日曜21時)も、再放送第1話が12.6%と好調だった。「松本さん目的で見ている人も多そうですが、ダジャレが連発される脱力系のストーリーが、重苦しい雰囲気の世の中で受けている」(木村さん) 王道ど真ん中の恋愛ドラマも好調だ。5月31日から再放送が始まった『愛していると言ってくれ』(TBS系、1995年、再放送は日曜14時)もSNSでトレンド入りするほど注目された。「豊川悦司さん(58才)と常盤貴子さん(48才)が、あまりに美しい。当時のトヨエツといえば“美声”が魅力の1つなのに、この作品では耳が聞こえない役なので、手話を使っている点も斬新です」(田幸さん) 愛を深める手段が、メールやLINEではなく、当時12万円もしたFAXというのには時代を感じるが、それもリアルタイム視聴者にとっては懐かしめるポイント。再放送に先がけて、豊川と常盤が“リモート同窓会”を開催したことも、懐かしさに拍車をかけた。 秘策が功を奏したドラマもある。『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系、2016年、再放送は火曜22時)は、再放送でありながら既視感を感じさせない作りになっていた。「未公開カットをちりばめた再編集になっていて、初見の視聴者はもちろん、リアルタイムで見ていた人も、“未公開カット探し”を楽しめるようになっていました。エンディングの恋ダンスも、リモートで撮り下ろされていて、新垣結衣さん(32才)も星野源さん(39才)も、役柄とは違う“素”に近い表情で踊っていたのも印象的でした」(木村さん) 6月2日までに3話放送され、視聴率はすべて2桁台をキープしている。 リアルタイムでも好評だったドラマが、さらに評価を上げた例も。亀梨和也(34才)主演の『野ブタ。をプロデュース』(日本テレビ系、2005年、再放送は土曜22時)だ。「亀梨さん演じる男子高校生の修二は、誰にでも優しいけれど誰のことも好きではなくて、彼に振り回される恋人役の戸田恵梨香さん(31才)に感情移入する女性が多いんです。このドラマで描かれている“思春期独特の痛み”は、そのど真ん中にいるときは直視できなくても、大人になったいまならしっかりと噛み締められる。社会問題に通じるエピソードも豊富で、“いまの若い人に見てほしい”という感想も聞かれます。野ブタと呼ばれる女子高生を演じ、いまは引退した堀北真希さん(31才)の姿が見られるのもうれしいですね」(田幸さん) 15年前の作品だが「いま見ても充分に面白く、学園ドラマの“古典”になり得る作品だと思います」と、ドラマ評論家の成馬零一さんも太鼓判を押す。※女性セブン2020年6月25日号
2020.06.11 16:00
女性セブン
『Netflix』のオリジナル作品の作り手や出演者は中谷美紀や蜷川実花さん、山田孝之らそうそうたるメンバー
テレ東『家、ついて行ってイイですか?』Pが語る地上波の醍醐味
 長らく「娯楽の王様」として君臨してきたテレビが、「広告収入」という目に見える数字によって、その座から引きずり下ろされる結果となっている。2兆1048億円と1兆8612億円。これは、3月に発表された2019年のネット広告費とテレビメディア広告費の数字だ。 1人1台スマホを持つ時代、有名芸能人がYouTubeに進出してゆくいま、テレビの未来は、どうなるのか?「正直、Netflixの予算はうらやましいです」 そう語るのは、テレビ東京の人気番組『家、ついて行ってイイですか?』のプロデューサーである高橋弘樹さん。「作り手としてはあれだけの予算で作ってみたい。でもあまり制作費を使ったことがないから1億円もらっても、普段通り使って9000万円返すかも(笑い)」(高橋さん) 頭をかきながらも地上波テレビには地上波テレビの武器があると高橋さんは言う。キーワードは「泥臭さ」だ。「Netflixは映像や演出がハイセンスで出演者がスター揃いだし、YouTubeに出るのは才能を持つ人が多い。一方で地上波テレビの制作はもっと身近で地に足がついていて泥臭い、リアルな声を届けることができると思っています」(高橋さん)『家、ついて~』は、街頭でスタッフが「家の中を見せてください」と一般人に声をかけ、許可が出たらそのままお邪魔する。もちろん断られるときもあるし、撮影が終わってからお蔵入りになることもある。 月に1万人くらいに声をかけて、放送までたどり着くのは、たった15組程度だという。しかもその内容は自宅でインタビューに応じた75才男性が85才女性とのW不倫を明かしたり、番組出演がきっかけで復縁・結婚するカップルが現れるなど、超プライベートなもの。    高橋さんが心がけるのは「絶対に取材対象者の味方に立つこと」だ。「相手のプライベートを聞き出すには、感覚を研ぎ澄まして相手の言葉やしぐさに気を配って、信頼してもらうことが必要不可欠。インタビューに応じながらも携帯を手放さないのであれば、『相手は恋人かな?』など想像力を働かせる。 そしてそれを描かせてもらうためにはとことん味方になることが大切です。その信頼関係を築ければ、秘密にしていたことや悩みを打ち明けてくれて思いもよらない展開になる。こうした取材に基づく『未知との遭遇』の面白みは、NetflixやYouTubeでは描けないものではないかと思います」(高橋さん) 高橋さんは、この「未知との遭遇」こそが地上波テレビの強みだと語る。「ネットは自分で見たい番組を選びますが、テレビはスイッチを入れさえすれば何かしらの番組が放送されている。まったく興味のないものがふと目に入り、何となく見ていたら急に引き込まれてしまうこともある。 ぼく自身、偶然見た中国のドキュメンタリーがきっかけで大学時代は中国語のサークルに入っていたし、テレビ東京に入ってまったく興味のない演歌の担当になりましたが、番組を作るうちに好きになった。テレビは『未知との遭遇』にあふれているので、その出会いを楽しんでほしい」(高橋さん) 加えて、スイッチを入れて音声を流しているだけで世の中の動きを知ることができるのもテレビの特性だ。新型コロナウイルスや地震など有事の際はL字型画面で24時間必要なニュースが流れてくる。 視聴者に寄り添うための新しいシステム作りも進む。その1つが3月30日から先行4地区に加えて、ほかの地区すべての視聴率調査に導入された「個人視聴率」だ。調査にあたるビデオリサーチが解説する。「従来までの『世帯視聴率』とは、テレビを所有する世帯のうち、どのくらいの世帯が番組を見ているのかを表す指標であるのに対し、『個人視聴率』とは、どのくらいの“人”が番組を見ているのかを表す指標で、性別・年代別など個人単位での視聴を捉えます」 これによってテレビ業界に変化が生じた。「視聴者の詳細なデータが得られることで、“誰に何を訴えたいか”を明確にしたコンセプト作りやキャスティングが可能になった。今後は作り手の手腕がより試されると思います」(民放のドラマプロデューサー) 放送終了後にネットで一定期間行う「見逃し配信」も普及しつつある。「特に深夜番組の見逃し配信は、ネットに親しむ人をテレビに呼び込むきっかけになります。正直、これまでテレビはネットに対して消極的でしたが、これからはもっとネットを利用すべき。ぼくらテレビマンは、とにかく番組を見てほしいんです」(前出・民放のドラマプロデューサー) システムの導入とともに、作り手の意識も変わりつつある。「テレビ復権のヒントになるのは志村けんさんではないか」と指摘するのは前出の民放のドラマプロデューサーだ。「ドリフはスポンサーにもテレビ局にも芸能事務所にも気を使わずに自分たちが面白いと思うことを視聴者に伝えたい、その一心でやっていた。特に『8時だョ!全員集合』(TBS系)のコントは当時のPTAから抗議を受けて、学校では名指しで『あの番組は見てはいけない』と言われていたこともあった。だけどそういった批判にめげずに、“面白いことをやるから見てほしい”というメッセージを発信し続けた。それさえあれば視聴者は見てくれるはずです」 元日本テレビエグゼクティブプロデューサーの吉川圭三さんは「ピンチをチャンスに変えてほしい」と語る。「いま、コロナの影響で多くの人が自宅にいて、再びテレビを見るような環境が生まれている。必要なのは人の真似をせず、コンプライアンスをくぐり抜けること。それができれば、テレビを面白くするのはそう難しいことではないと思います」 実際、『テセウスの船』や『恋はつづくよどこまでも』(ともにTBS系)などのドラマは自粛ムードが広がるに比例して、視聴率を上げている。『時効警察』(2006年、テレビ朝日系)、『みんな!エスパーだよ!』(2013年、テレビ東京系)などのテレビドラマも手がけた映画監督の園子温さんは「地上波のテレビドラマは規制の中でどう闘うかが面白かった」と振り返る。園さんはこう言う。「映画監督は自分の作風をゴリ押ししがちだけど、ぼくはテレビという土俵でいかに視聴率が取れるかに挑戦しました。すぐに気が散ってテレビから離れてしまう視聴者をどう取り込むかという作業が面白かった。テレビでできるギリギリのエロに挑戦した『エスパー』は1話を編集するごとに偉い人に呼び出されて、小学生が廊下に立たされるみたいに怒られていました(笑い)。 怒られてカットして編集し直しての繰り返しだったけれど、年度末に『ギャラクシー賞』を取ったら相手の態度がコロッと変わってほめられた(苦笑)。だけどそうやって、怒られながらも面白いと思うことを追求し続けたことこそ価値があるんじゃないかと思うんです」 作り手の「面白いを伝えたい」。その気持ちがなくならない限り、私たちはテレビの前に集合するだろう。※女性セブン2020年4月30日号
2020.04.22 07:00
女性セブン
『Netflix』のオリジナル作品の作り手や出演者は中谷美紀や蜷川実花さん、山田孝之らそうそうたるメンバー
衰退する地上波ドラマとNetflix等ネットドラマの根本的な違い
 2兆1048億円と1兆8612億円。これは、3月に発表された2019年のネット広告費とテレビメディア広告費の数字だ。長らく「娯楽の王様」として君臨してきたテレビが、「広告収入」という目に見える数字によって、その座から引きずり下ろされる結果となっている。奇しくも時を同じくして、テレビが生んだ天才コメディアンの志村けんさん(享年70)がこの世を去った。1人1台スマホを持つ時代、有名芸能人がYouTubeに進出してゆくいま、テレビの未来は、どうなるのか? 地上波テレビの衰退とともに台頭したのが「Netflix」「アマゾンプライム」「Hulu」といった定額制の動画配信サービスだ。 なかでもNetflixは、日本だけでも300万人が視聴するといわれ、“AVの帝王”と呼ばれた村西とおるを山田孝之が熱演した『全裸監督』や写真家の蜷川実花さんが初めて手がけた連続ドラマ『フォロワーズ』といったオリジナルドラマが大ヒットし、今年いっぱいで活動休止する嵐のドキュメンタリー配信も話題を集めた。 なぜ躍進が続くのか。まず指摘できるのは「予算」の大きさだ。 Netflixには会員から1人あたり800~1800円がひと月ごとに入ってくる。しかも会員は現在、世界に1億5000万人以上おり、その数は増え続けている。メディア文化評論家の碓井広義さんはこう指摘する。「地上波テレビとは圧倒的に予算規模が違います。一説によると、通常のテレビドラマの予算は1本2200万円ほどですが、『全裸監督』は3倍の7000万円だったとか。お金をたっぷりかけて制作できるのがNetflixの強みです」(碓井さん) 制作会社のネットドラマプロデューサーは「スポンサー不在の影響」を指摘する。「実は撮影場所や方法にそれほど違いはなく、NetflixもTBSの緑山スタジオを借りることもあると聞いたことがあります。大きな違いはスポンサーがいないこと。その分、作り手の表現したいことが尊重されます。麻薬取締法違反で逮捕されたピエール瀧さんの復帰作はNetflixのドラマですし、沢尻エリカさんが出演した『フォロワーズ』も沢尻さんの登場場面がカットなしで放送されました。『全裸監督』なんて、地上波テレビならタイトルとテーマだけでNGです」 関係者の多くが口を揃えるのが「コンプライアンス問題」だ。昨今の地上波テレビはスポンサーはもちろんのこと、あらゆる視聴者や物事への配慮が先行して、「表現の幅」が狭くなった。元日本テレビエグゼクティブプロデューサーの吉川圭三さんはこう言う。「たとえば昔の『天才・たけしの元気が出るテレビ!!』(日本テレビ系)はほとんど妄想に近い内容で、『佃島に半魚人が出た!』といってみんなでバカ騒ぎして楽しんでいましたが、いまならヤラセと捉えられかねない。(同番組で行った)“早朝バズーカ”(寝ている芸能人の部屋に入っていきなりバズーカで大音量をあげる)も同じですが、いまなら不謹慎だとひどく怒られるように思えます」 30年以上、「出る側」として地上波テレビにかかわってきたモト冬樹が演者の本音を明かす。「本当は『批判が半分、絶賛が半分』がいちばん面白いのに、いまは何かやるとすぐ文句が来るし、みんなスポンサーの顔をうかがっている。おれがやっていた『THE夜もヒッパレ』(日本テレビ系)のように、良質な番組は何度もリハーサルを重ねるなど、作り込む必要があってお金はもちろん、手間暇がかかる。そういう番組もいま、減っているよね。だから自由で面白いネットドラマやYouTubeに視聴者が流れるのは当然だよね」 それでは、実際に制限のないNetflixの作品を手がけた人たちはどう感じたのか。又吉直樹の芥川賞受賞作『火花』の脚本を担当した高橋美幸さんが語る。「確かにネットドラマは自由度が高く感じました。地上波テレビは視聴率を気にするのでCMの前はチャンネルを変えられないように起伏を作るなど、各話盛り上げなければならないポイントがあります。 しかし『火花』はゆったりとした作り方で、枠も気にせず作るため1話ずつの長さが違うことが特徴でした。日本の視聴者は最後に必ず印籠が出る『水戸黄門』のような、いい意味での予定調和を好むので番組が似通う一方、Netflixの作品にはエッジの効いた面白さがあります」 加えて、日本だけでなく世界で公開されるというメリットもある。しかし北九州連続監禁殺人事件からインスパイアされたサスペンス・スリラー『愛なき森で叫べ』を手がけた映画監督の園子温さんは、「Netflixに作品を載せただけで世界に通じると思うのは甘い」と語る。「ネットドラマに挑戦するとすぐ“世界を見ている”といわれるけれど、そんなに生易しいものではありません。確かに世界中に配信されるものの、実際に見てもらえるかはわからない。日本人がNetflixに登録しても、インドのホラー映画を見る人は少ないでしょう。それが現実です」 とはいえ同作は、海外の映画賞にも出品されており、世界とつながる媒体であることは間違いない。 勢いづくのはネットドラマばかりでない。以前は売れない芸人やタレントが活路を見出すためYouTubeを利用することが多かったが、最近は佐藤健、よゐこ、川口春奈、渡辺直美などテレビで活躍している芸能人が続々とユーチューバーデビューを果たしている。「YouTubeの魅力は主体性」と指摘するのは碓井さん。「テレビはお呼びがかからないと出演できませんが、YouTubeは誰でも主体的にチャンネルを立ち上げられます。若者を中心に見られている媒体で魅力があってファンとリアルタイムの交流ができるし、大当たりすれば大金持ちになれる。今後も“参戦者”は増えるでしょうね」※女性セブン2020年4月30日号
2020.04.21 07:00
女性セブン
番組公式HPより
中谷美紀『Followers』 渦巻く賛否両論は成功の証
◆向いていない人がいないドラマ 新型コロナウイルスの感染拡大で外出自粛が続き、今、自宅で動画配信を視聴する人が増えている。そんな中、とりわけSNS上で議論を呼んできた配信ドラマがある。蜷川実花監督によるNetflixオリジナルシリーズのドラマ『Followers(フォロワーズ)』だ。 Netflixオリジナルシリーズといえば、昨年『全裸監督』が大きな話題を呼んだが、この『Followers』も2月末に公開されると、「今日のTOP10リスト」の上位に連日ランクインするなど、人気を集めてきた。だが、それ以上に注目すべきは、SNS上での感想が、賛否両論に分かれていることだ。主人公の生き方をどう感じるか。このドラマは観る者の価値観、とりわけ「女性の生き方」についての価値観を浮き彫りにする。『Followers』の内容を簡単に説明すると、アラフォーの人気写真家・奈良リミ(中谷美紀)と、女優の卵である20代の百田なつめ(池田エライザ)という世代の異なる二人を軸に、“東京の今”を貪欲に生きる様々なライフスタイルの女性たちを描く。蜷川実花監督が創り出す華やかな世界観に加え、沢尻エリカ、土屋アンナ、渡辺直美、水原希子ら豪華キャストがカメオ出演するなど見どころの多いドラマだが、賛否両論を生み出している中心は、何と言っても主人公・リミだろう。ツイッターには「私の物語」「憧れる」と絶賛の声が並ぶ一方で、「ダサい」「古い」の声も挙がる。感想を二分する理由は何なのか。芸能人をはじめ、女性の生き方に関するコラムや連載を多数持つライター・仁科友里さんに話を聞いた。「『Followers』は、向いてない人がいない、間口の広いドラマです。まず向いているのは、蜷川実花ファンの人はもちろん、キラキラした世界が好きな人、そういう世界に憧れている人。また、若い女性で世に出たい人、クリエイター志望の人も観るといいと思います。アメリカのドラマ・SATC(セックス・アンド・ザ・シティ)が好きな人にも向いています。女同士で酒を飲んであけすけにセックスの話をするような物語が好きな人ですね。 それからもう一つがお姫様気質の人。今の若い人は堅実と言われていますが、主人公と同世代のアラフォー、アラフィフ世代は青春時代に『なりあがる女』の実例やドラマをたくさん見てきた世代です。現在の自分のポジションにかかわらず、自分に思いがけない良いことが起きる、誰かが素敵なものを運んできてくれるかもしれないと信じられる。そういうストーリーを信じられる人には、向いていると思います。 これらに当てはまらないアンチ・キラキラの人は、一見、向いていないのですが、そういう人は別の視点で見ることができる。矛盾が多く、突っ込みどころが多いので、向いてない人も楽しむことができると思います」◆子供を産むこと=「女性の幸せ」とくくる昭和感 突っ込みポイントとして仁科さんが挙げた一つが、リミの考える「女性としての幸せ」だ。写真家として輝かしいキャリアを重ねてきたリミは、38歳で子供を産みたいと望み、一人で育てる覚悟で妊活を始める。「今の時代、結婚せずに出産したいという選択を否定する人はほとんどいないと思います。ただ、リミは、『仕事も、女性としての幸せも諦めない』と言っています。子供を産むという『個人』の選択を、なぜ『女性』の幸せとまとめてしまうのか。これでは、仕事なんてしてないで、結婚して子供を産むのが女の幸せだと言っていた昭和のおじさん、おばさんとあまり変わらないじゃないかなと。『私の幸せ』と言ってほしかったですね」 もう一つ、バリバリ働き、精神的にも経済的にも自立した女性たちが、出産や育児、あるいは家事を、女性の仕事だと思っているように感じられる点を指摘する。「リミは、100%を仕事と子供で分け合うのではなく、分母を200%にして、仕事も子供も両方を100%にしたいと頑張ります。それは欲張りでもなんでもなく、当然の欲求でしょう。 でも、それを実現するには男性に変わってもらうしかないと私は思うんですが、リミは男性に何も望まないんです。結婚するかどうかは別として、妊娠は女性一人でできるものではなく、出産育児も然りです。それなのに、出産・育児を女性の問題と考えているように感じました。 それは、育児に他人の手を借りないところにも感じます。クローゼットにはハイブランドがずらりと並んでいるのに、なぜベビーシッターにお金を使わないのか。育児を母親の仕事だと思っているからではないでしょうか。これほど仕事ができる女性という設定だったら、最強の育児軍団を作るという合理的な判断があってもよかったと思います」◆「男性を通じてしか社会とつながれない女性」とは誰なのか『Followers』が人気を博しているのは、今を生きる女性たちへのメッセージに溢れたドラマでもある点だ。共感する言葉も多い中で、仁科さんが突っ込みたくなったのは、「男性を通じてしか社会とつながれない女性にならないでください」という言葉だ。「具体的に誰のことを指しているか、ドラマの中で言及されないので想像すると、たとえば専業主婦だとしますよね。でも、専業主婦が社会とつながっていないわけでは決してないと思うんです。子育てや介護をしている人は世の中の動きに無頓着ではいられません。子供のいない専業主婦にしても、生活を営んでいるわけですから、社会と接点がないとは言えないでしょう。証券会社主催の投資セミナーには、既婚未婚、仕事の有無にかかわらず、老後に備えて投資の勉強をしたいという女性が増え続けているそうです。投資をするには社会の動きをよく知らないといけません。男性を通じてしか社会とつながれない女性、という表現には、やはり違和感があります。 そう考えていくと、リミの言う社会とは経済活動を前提とした社会であり、つまり経済活動をしていない人を認めてない、『稼いでナンボ』のように感じられます。このドラマは女性が働くこと、稼ぐことに大きな価値を置いていますが、収入の低い男性、専業主夫希望の男性は出てきません。でも、男女ともに働くことも、働かないことも認めるほうが、今の時代には合っている気がします。 ラストに出てくる『汝(なんじ)の道を進め、そして人々をして語るにまかせよ』は、このドラマの核となるメッセージです。これは多様性の時代にふさわしいメッセージですが、そのわりに、このドラマ自体がある層の女性に対して否定的なメッセージになっています。これもまた突っ込みポイントだと思いました」◆共感が必要なテレビ、ひとこと言わせるネット これだけ話題を呼んでいるのは、最近のテレビの方向性や潮流とは逆をいく点もあるようだ。仁科さんは言う。「私はテレビを見てコラムを書いているのですが、最近売れているタレントさんや女子アナは、『あえて欠点を見せることができる人』だと思っています。芸能人や女子アナが雲の上の人だった時代は終わっていて、いかに親近感を抱かせるかがポイントになっているとも言えるでしょう。視聴者に『この人も私と同じなんだ』と思わせなければ、共感も応援もしてもらえない時代なのかもしれません。 それに対して、『成功』や『姫気質』をストレートに打ち出してくるこのドラマは、若い世代には新鮮に、主人公と同じ、もしくは年上世代には懐かしく感じられて面白いと思いました。 テレビドラマと違って、SNS時代のネット配信ドラマとして『賛否両論巻き起こす』というのは、最高のプロモーションではないでしょうか。非の打ちどころがないものよりも『ひとこと言わずにはいられない』作品を作ることが才能であり、SNS時代の成功だと私は思います。主人公のリミは悪意などまるでない、女性をエンパワーしようとする存在です。しかし、よく見てみると、そこにうっすらと固定観念や性差別が感じられる。無自覚だからこそ根が深いわけで、だからこそ、いろいろな意見が寄せられるのでしょう」 リミの他にも、仕事に生きる女性、年下彼氏との恋愛を謳歌する女性、そしてSNSで夢を掴もうともがく若者たちなど、それぞれが手に入れたいものを手に入れるために、奮闘する。観た者は彼女たちの誰に共感するのか、あるいは反撥するのか。また、彼女たちの生き方を新しいと感じるか、古いと感じるか。世代によって捉え方も変わってくるだろう。いずれにせよ、“語りたくなるドラマ”であることは間違いない。
2020.04.12 07:00
NEWSポストセブン
Netflixオリジナルドラマ『FOLLOWERS』を10代女子はどう見るか?
Netflix『FOLLOWERS』に共感できない10代女子たちの考え方
 蜷川実花監督が手がけるNetflixのオリジナルドラマ『FOLLOWERS(フォロワーズ)』が、配信スタート直後からNetflixのトップランキングにランクインするなど好調な滑り出しとなっている。中谷美紀、池田エライザ、夏木マリらの有名女優陣にくわえ、沢尻エリカが本人役として出演していることもあり、SNSでも大きな話題を呼んでいる。 同作は東京で紆余曲折を乗り越えながらも、それぞれのフィールドで戦い続け、幸せを見つけようと奮闘する自立した女性たちの姿を描く。キャリアを積み上げていく大人の女性だけでなく、東京という街で悩める青春時代を過ごすティーンガールが登場しているが、実際の「東京ガール」たちはどう受け取っているのだろうか。 同作を視聴した“東京生まれ・東京育ち”の女性に話を聞いた。10代の女子大生Aさんはこう語る。「正直、ちょっとバブリーな印象が強かったです。SNSのフォロワーの数を気にしたり、バリバリのキャリアを目指したりするのは少し前の価値観な気がしました。実際、そこまで『東京で立身出世したい!』という感覚がよく分からなった。なぜそこまで主人公たちが必死なのか、今の私にはあまり共感できませんでした」(Aさん) 同じく10代の女子大生Bさんは、登場する女性たちの葛藤に一部共感する面がありつつも、どうしても違和感は残ったという。「青春時代の甘酸っぱい恋愛や承認欲求は、たしかに理解できるところもありました。ただ『仕事と結婚』や『仕事と子育て』を両立することが強調されるシーンは、正直疑問があった。自分は大学生ですが、もし社会に出て、このような『とにかく輝く女性は正義』という価値観の上司がたくさんいたらと思うと正直キツイです。『輝く』方法は人それぞれだし、そこにハイブランドのファッションや、フォロワー数や、社会的ステイタスは関係ないと思う」(Bさん)『FOLLOWERS』は多くの世代の女性たちをターゲットにしているからこそ、登場する女性たちの価値観の捉え方も賛否を呼ぶ。共感だけではなく、あえて違和感を喚起するような描き方が、逆にハマる女性たちを増やしている側面もあるのかもしれない。
2020.03.20 07:00
NEWSポストセブン
沢尻エリカがドラマに登場、カット要請なくクリエイター尊重
沢尻エリカがドラマに登場、カット要請なくクリエイター尊重
 Netflixで配信中のドラマ『Followers』に、沢尻エリカ(33才)が登場していることがわかった──。「一瞬ドキッとしました。だってこのタイミングでエリカ様が本人役を演じている。復帰が早いと驚きました」(ドラマを見た人) 2月27日に全世界での配信が始まったNetflixのオリジナルドラマ『Followers』。主役は東京で華やかに生きていこうともがく女性たち。上京し、女優として成功を目指す女性を池田エライザ(23才)が、彼女を見いだす人気写真家を中谷美紀(44才)が演じている。監督は写真家の蜷川実花(47才)で脚本も一部手掛けている。全9話が配信済みだ。めまぐるしく変わるシーンの中で多くの著名人が登場し、一時も目が離せない。「中島美嘉(37才)がsayoというシンガー役で出演し、自身が作詞した楽曲を2曲も披露している。ほかにも、渡辺直美(32才)、水原希子(29才)などが2話目以降に登場。カメオ出演のキャストのほとんどは蜷川さんが直接LINEで出演依頼したそうです」(ドラマ関係者) なかでも目を引いたのが沢尻エリカだ。役柄は売れっ子女優である沢尻エリカ本人役で、広告撮影のシーンに登場し、白地に赤い水玉のワンピースを堂々と着こなした姿は、まさにエリカ様だ。 沢尻は現在、麻薬取締法違反で有罪判決を受け、執行猶予中だが、撮影は昨年の3~7月に行われたもの。しかし、Netflixは沢尻の出演シーンをカットしてほしいという要請はしなかったという。「Netflixでは作品がどの国でつくられたものであっても、クリエイターがつくりたい意思を尊重し、作品を最大限サポートしています」(Netflix広報) 出演者もスタッフも沢尻の登場シーンを取りやめた方がいいという人はいなかったという。 それだけではない。ほかにも前代未聞の方法で制作されたという。本作でファッションスーパーバイザーを務めた軍地彩弓さんが話す。「映像の制作スタッフは照明さんや大道具さんなども含めて男性だらけ、ということも多いのですが、今回の現場は女性が7割以上占めていることも。また、制作に入る前に、アシスタントを含めた全員がセクハラやパワハラの研修を受け、契約書にサインをしないとスタジオに来てはいけない仕組みに。女性が本当に気持ちよく仕事ができる現場づくりを徹底し、現場の雰囲気も最高でした」 本作の見どころである役者たちのファッションもこれまでの常識を破った。「通常、映画やドラマでは撮影日が突然変わったりするリスクがあったり、長時間の貸し出しが必要なため、ハイブランドの洋服を借りることが難しい。でも今回は人気スタイリストたちが香盤表とにらめっこしながら交渉を重ね、貸し出しを実現しました。 中谷さんはジバンシィやディオール、夏木マリさん(67才)はグッチ…といま、売れているものを演者が着ていたり、グッチやケンゾーでは前代未聞の店内ロケも行っている。いろんな常識を覆して蜷川監督だから実現しました」(軍地さん) 沢尻の“復帰”だけでなく、“前代未聞”だらけのドラマ『Followers』は1位を独走している。※女性セブン2020年3月19日号
2020.03.04 16:00
女性セブン
二宮和也、綾瀬はるかも 「芸能人の友達が少ない」事情とは
二宮和也、綾瀬はるかも 「芸能人の友達が少ない」事情とは
 ドラマや映画で共演する芸能人たちが舞台挨拶や番宣などで仲良くしている姿を見ると、プライベートでも仲良し、と思われがちだが、そうとは限らない。仕事以外の場では、共演者とつき合いをもたない芸能人は決して少なくない。そんな”芸能人の友達が少ない芸能人”の1人、嵐・二宮和也(36才)のニュースが注目を集めた。 昨年11月に元フリーアナウンサーの女性との結婚を発表した二宮が、妻とともに、俳優の西島秀俊(48才)夫妻と頻繁に会い、食事をするなどしているという。そう伝えたのは、NEWSポストセブンが1月16日に配信した「二宮和也邸に通う西島秀俊夫妻、良き相談相手になるまで」という記事だ。一回り年齢差がある二宮と西島だが、記事によれば、2人は映画『ラストレシピ~麒麟の舌の記憶~』(2017年)以来親しくしているそうだ。嵐ファンの間では、二宮の交友範囲の狭さは有名だが、二宮にとって西島は、数少ない芸能人の友人の1人のようだ。 テレビやスクリーンでまばゆい光を放つ芸能人は、プライベートも華やかというイメージになりがち。銀座や六本木で夜な夜な豪遊し、プライベートでも伝説を残したスターも確かに存在するが、実際は非常に地味なプライベートを送る芸能人は多い。二宮もその1人だ。女性ファッション誌記者はいう。「二宮は以前、自身がパーソナリティを務めるラジオ番組で、携帯電話の電話帳の登録人数が60件ほどしかないと明かしたことがあります。しかもこの中には、かかりつけのクリニックやジャニーズ事務所の番号も含まれているということでした。嵐のメンバーはかつて、『お互いの連絡先を知らないメンバーもいる』と語ったこともあります(女性ファッション誌記者) SNSで情報が発信できる今、ブログやインスタグラムなどに芸能人の友人とのプライベート写真を載せ、話題になる芸能人がいる一方で、芸能人とは極力付き合わないタイプも少なくない。ドラマ制作の現場を知るフリーライターはいう。「交友範囲が広ければ、そこから仕事が入ってくるというメリットはあります。映画や舞台への出演が酒席で決まるのは珍しい話ではなく、若手の俳優が関係者の飲み会にこまめに顔を出すのは大事な仕事です。 ただ、演技のために芸能人とは交際しないという俳優もいます。中谷美紀はかつて『共演者と仲良くなると、演技がしにくくなるから』という理由で共演者とはつるまないと話しています。演技に強いこだわりがあったり、役に入り込むタイプの俳優は、概してそういう傾向があるようです」 必要以上に仲良くなりすぎてしまえば、どうしてもそれが演技ににじみ出てしまうことは十分に考えられる。しかし、より深刻な事情は昨今しばしば話題になるコンプライアンスだ。ベテラン芸能記者の石田春男氏はいう。「売れっ子にもなれば、むやみやたらに交友範囲を広げるのは、メリットよりもデメリットがはるかに大きい。打算で近づいてくる者は多いでしょうし、知られたくない情報をどこかでペラペラ話されてしまうかもしれません。現在バラエティー番組にひっぱりだこの“みちょぱ”が、昨年テレビで『芸能人を信用していないから、芸能人の友達を作らない』と発言したのは、その象徴でしょう。 芸能人同士で派手に遊んでいれば、当然目立ちますし、盛り場で素性の知れない人間と接近すれば、反社会勢力や犯罪者集団の人間が含まれている可能性もある。そういった人たちと接触していたことが分かればイメージダウンは免れませんし、最悪の場合は“一発レッド”で芸能人生が終わってしまう危険性もある。薬物事件で芸能人が捕まったとき、その友人であるだけでマイナスイメージになることも少なくありません。櫻井翔、北川景子、綾瀬はるか、松坂桃李らは、いずれも芸能人の友達が少ないことを公言していますが、彼らは交友範囲を広げるメリットが薄いことを理解しているということでしょう」(石田氏) 芸能界の新しいトレンドとして、これからは“ぼっち芸能人”が増えるかもしれない。
2020.01.20 16:00
NEWSポストセブン
増える“シャーロックドラマ”、人物名「もじり技」の妙
増える“シャーロックドラマ”、人物名「もじり技」の妙
 ディーン・フジオカが主演する月9『シャーロック』(フジテレビ系)が話題だが、“シャーロック”が登場するドラマはこれだけではない。それらの作品にはある特徴が…。コラムニストのペリー荻野さんが解説する。 * * * そんなわけで月9ドラマ『シャーロック』は、フリーの犯罪専門コンサルタントの獅子雄(ディーン・フジオカ)が、精神科医の若宮(岩田剛典)とともに毎回、難事件に挑んでいる。先日放送された第五話では、感じ悪いパワハラ男(永井大)の部屋に致死量を超える大量の血痕が発見されたものの、死体はなし。死体が歩いた?などと騒がれる中、獅子雄は、関係者の家のゴミやインテリアをヒントに謎を解いた。 獅子雄はマントのようなコートを着用し、バイオリンを奏で、ボクシングも大好き(第四話ではボクサーの失踪事件を捜査)というようにサー・アーサー・コナン・ドイルが生み出した元祖シャーロック・ホームズの嗜好を踏襲しているシーンも多い、元祖の相棒ジョン・H・ワトソンは元軍医で、若宮とはタイプは違うが、医学的知識があるのは共通していて、若宮は「あの包帯の巻き方は医療関係者のやり方」などとなかなかの観察力を見せたりする。元祖同様、シャーロックには女っ気もないようだ。ただし、さすがに受動喫煙に厳しい東京が舞台だけに元祖が愛してやまないパイプはなし。 それにしても、近年、日本のドラマにはイメージも含めて“シャーロック”がよく出てくる。2016年、織田裕二が主演した『IQ246~華麗なる事件簿~』、昨年は世界で初めて女性コンビでドラマ化した竹内結子の『ミス・シャーロック』も話題に。そして、今回の月9ディーン版。そんな中、結構気になるのが、レギュラーメンバーの「名前」である。シャーロック・ホームズはもとより、ワトソン、スコットランドヤードのレストレード警部、宿敵モリアーティ教授など、元祖が生み出したキャラクターの名前をさまざまな形で織り込んでいる。 たとえば織田裕二の場合、役名が法門寺沙羅駆(ほうもんじ・しゃらく)で、彼にこき使われる女性刑事が和藤奏子(土屋太鳳)。大悪のマリア・Tを演じたのは中谷美紀だった。また、竹内結子は、役名が通称シャーロックとそのまんま。彼女に振り回されていつも困惑しているのが橘和都(貫地谷しほり)で、呼び名は和都さん。おー、ワトソン。彼女らの横にいるのは、礼紋元太郎警部(滝藤賢一)で、怪しい男守谷(大谷亮平)も現れる。今回のディーン・フジオカは、フルネームが誉獅子雄。音はホームズ・シャーロックに近い? アルファベットのアナグラムになっていたりして?と思ったが、微妙になっていなかった…。 こうしてみると、ドラマ作家たちの登場人物の名前を当て字にしたり、もじる情熱、“もじり熱”はすごい。ただ、わからないのが、『シャーロック』岩田の若宮潤一だ。ワトソンとはかなり音も違うし、むしろ、江戸川乱歩原作の『黒蜥蜴』に出てくる女盗賊の忠実な手下・雨宮潤一と似ている気もする。もっとも江戸川乱歩先生の名前もアメリカの推理作家エドガー・アラン・ポーが元だ。日本人のもじり熱の歴史は古い。日本版シャーロック・ホームズドラマは、そのもじり技も含めて記憶に残る仕組みなのだ
2019.11.08 16:00
NEWSポストセブン
飲み過ぎる日も
石原さとみ&深田恭子他「ネット愛され七福神」はなぜ人気か
 最近、石原さとみと深田恭子の酩酊状態の写真がネットを賑わせたが、この二人に対してはネットでは好意的な反応が多い。「深田恭子も石原さとみも酩酊状態でこんなエロかわいいなんて嘘でしょ…」といった声に代表されるが、当代きっての自由奔放イメージの人気女優なだけに、こうした姿も好評なようだ。 さらには「たまにはいいんじゃないの~ 酔えるくらい飲めてよかったね~ ホッコリ」と言う声も石原に対しては寄せられた。一方、深田に対しては「このムチムチ具合最高!」という声もあった。 長年ネット上の女優評を見てきたネットニュース編集者の中川淳一郎氏は深田と石原は「“ネット愛され七福神”のうちの2人」と語る。あくまでも男性視点の場合だという。こうした評判も加味し、普段から記事は編集しているそうだ。「まずは新垣結衣です。多くは『ガッキーかわいい』というもので、どんな写真が出ても『かわいい』『たまんねぇ~』となります。石田ゆり子と森高千里と永作博美はアラフィフという年齢なのにあの美しさ、ということで『奇跡』的な存在として人気です。蒼井優は新垣と同じような評価です。山里亮太との結婚の時は、阿鼻叫喚の騒ぎとなりましたが、多くの人が大袈裟に悔しがる様をエンジョイしている感がありました。 そして、深田は、あれだけ美人なのにスキがある感じが評価されているんでしょうね。深田の場合、深夜にラーメンを食べたところが目撃されたり、突然二の腕がふくよかになったり、といった自由奔放なところが愛おしいと思われている。それでいて、CMなどになるとビシッと締まった姿になっている。 石原については、とにかく共演者にモテるといった報道もあり、『あのうるっとした目とあの魅力的な唇で見つめられたらそりゃぁ男だったら……』的に感じるようです。しかも、性格が良く責任感もあるという記事もありましたし、今回の酩酊も彼女の自由奔放さを表し、これまた好評でした。『彼女に振り回されたい』と感じる人も案外多いのではないでしょうか」 一方、いわゆる広告業界で使われる「好感度調査」とネット上での女優の調査結果は異なることもあると語る。「広告業界では、綾瀬はるか、天海祐希、黒木瞳、米倉涼子、北川景子、柴咲コウ、中谷美紀らに加え、朝ドラでブレイクした波瑠や土屋太鳳、有村架純、広瀬すずらが人気があるとされています。しかし、ネット人気とは別のもの。どこか完璧過ぎてスキもなく、男性からすると気圧される面があるのかもしれません」 ちなみに当サイトが掲載した「石原さとみ、吉田鋼太郎宅での家飲み後の酩酊した姿」という記事では、石原をタクシーに乗せようとする吉田がなぜか裸足であることに対して「なぜ?」というツッコミも多数入っていた。
2019.10.07 16:00
NEWSポストセブン
稲森いずみ、中谷美紀も 秋ドラマ彩るオーバー40女優の見所
稲森いずみ、中谷美紀も 秋ドラマ彩るオーバー40女優の見所
 令和元年を締めくくる秋の連ドラは各局がこぞって「大人の色気」を漂わせる美熟女女優をヒロインに起用した。各局の担当者が一足早く10月クールの見所を明かした。「『まだ結婚できない男』(フジテレビ系)の見所は、ズバリ稲森いずみ(47)と吉田羊(年齢非公表)の魅力に尽きます。稲森はミステリアスなカフェ店員で、吉田は真面目な弁護士役。二人とも阿部寛(55)とひょんなことから出会い、人生が交差していきます。 偏屈男の阿部との丁々発止のやり取りもさることながら、稲森が胸元の開いたワイシャツ姿で阿部寛と接近したり、吉田羊も弁護士役で露出は控えめですが、黒のジャケットを脱ぐとタイトなセーターでカラダのラインがハッキリ見えたり、日常のなかでドキッとさせるような演技は見物です」(フジテレビ関係者) 木村拓哉(46)主演で話題の『グランメゾン東京』(TBS系)は、こんなキャスティング秘話がある。「キムタクの相手役には当初、若手人気女優の起用が検討されていたのですが、今作は恋愛ドラマではなく、挫折を乗り越えて這い上がる成長物語。その主人公を見守るヒロインは、“大人の包容力”を持つ年上の女優がベストだ、と。それで鈴木京香が選ばれた」(TBS関係者) 松雪泰子(46)主演の『ミス・ジコチョー ~天才・天ノ教授の調査ファイル~』(NHK)も、彼女の存在がそのまま番組最大の魅力となっているという。 松雪は一流大学の工学部教授で、毎回様々な事故調査委員会に招かれ、その背後にある真相を明らかにしていく物語。「超型破りな天才工学者役で、草食系男子の助手をブンブン振り回すドSぶりがたまらない。脚本は『半沢直樹』(TBS系)の八津弘幸氏で、事故の裏にある組織のひずみや歪な人間関係を松雪が暴いていく。姉御肌の松雪が見事にハマっています」(NHK関係者) そんな松雪のライバルになりそうなのが、『ハル ~総合商社の女~』(テレビ東京系)の中谷美紀(43)。 劇中の中谷は大手総合商社に勤めるバツイチシングルマザー役で、社内の難題を突飛な方法で次々に解決していく破天荒なヒロインを演じる。ドラマの公式HPは、ザックリと脇が開いた黒のノースリーブ姿の中谷がトップに掲載されており、彼女がアグレッシブに躍動する姿に期待が高まる。『ドクターX』(テレビ朝日系)はいまや米倉涼子(44)の代表作で、“美脚推し”の演出はもちろん、銭湯での「V字開脚入浴シーン」も恒例となっている。「もちろん、今回も期待してください」(テレビ朝日関係者)というから、放送が楽しみだ。 若い女優にはない、成熟した大人の魅力がテレビドラマに求められる──そんな時代の到来は大歓迎!※週刊ポスト2019年9月6日号
2019.08.30 16:00
週刊ポスト

トピックス

公務に邁進されている(6月、東京・港区)
佳子さま「公務に積極的」になられた背景に「皇籍離脱」「結婚」か
女性セブン
亜希
亜希 陰から見守る元夫・清原和博と息子達との「父子鷹」
NEWSポストセブン
披露宴での志摩ノ海と元関脇・逆鉾の長女・清香さん(時事通信フォト)
故・逆鉾の長女が結婚で後継者確定も名門・井筒部屋再興への“高いハードル”
週刊ポスト
SNSでの発信力も大きい新庄ビッグボス(時事通信フォト)
新庄ビッグボスのインスタ投稿が波紋 「ファンとそれ以外の分断を煽る」の指摘も
NEWSポストセブン
クルマ、ギター、アート、スケートボードにもこだわる
長瀬智也、英国のバイク誌に登場 悠々自適な暮らしに「所ジョージ化している」の声
女性セブン
小室圭さんと眞子さん
小室圭さん妻・眞子さんがNYで行きつけのスーパーから見えてきた“妻の気遣い”「日本でいえば『成城石井』」 
NEWSポストセブン
京都の街を歩く舞妓のイメージ(写真/イメージマート)
元舞妓の〈16歳飲酒〉〈お風呂入り〉告発に、花街関係者も衝撃「未成年飲酒には厳しく対応しているはず」
NEWSポストセブン
不祥事を理由に落選したはずなのに、比例で復活されては…(左は塚田一郎氏、右は中川郁子氏/写真=共同通信社)
「不倫路チュー」「USBは穴に…」失言・不祥事で落選しても比例復活するゾンビ議員たち
週刊ポスト
注目を集めるNHK吉岡真央アナ
「ポスト和久田麻由子アナ」候補のNHK吉岡真央アナ 替え歌ダンスで“キャラの強さ”際立つ
週刊ポスト
前田敦子と篠田麻里子の女子会姿をキャッチ
前田敦子、篠田麻里子と六本木で4時間半女子会 元夫・勝地涼との関係は良好に
女性セブン
謎めいたバッグを持つ広末涼子
広末涼子、“破壊力強すぎ”コーデは健在「背中に蜘蛛」私服に続き目撃された「謎バッグ」
NEWSポストセブン
結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン