芸能

レジェンド女優・ほたる 「四天王に口説かれ、喧嘩して…」

「いるだけで画になる」伝説女優・ほたる

 佐藤寿保、サトウトシキ、瀬々敬久、佐野和宏の4監督は1980年代後半にデビューし、ピンク映画の低迷期を支えた。単調な濡れ場が続くピンク映画のセオリーに反抗し、作家性の強い個性的な作品を次々と発表、「ピンク四天王」と呼ばれた。

「いるだけで画になる女優」と評されるピンク女優・ほたるは、サトウ監督、瀬々監督作品に出演し、俳優として佐野監督とも共演している。これまでの出演総数は100本以上、今も現役のレジェンド女優に4人との思い出を聞いた。

 * * *
 高校生の頃から舞台鑑賞が好きで、多摩美術大学入学後に舞台美術をやりたくて劇団に入りました。舞台にも2、3回は出た頃に知人が「ピンク映画は面白いし勉強になるよ」と教えてくれて、そんな時に瀬々監督の助監督さんから「ピンク映画に出てくれる女優はいませんか」と劇団に連絡があったんです。

 面接後、すぐに瀬々監督の『未亡人 喪服の悶え』の出演が決まりました。裸になるシーンがあることは知っていましたが、その抵抗感より「こんな体でいいの?」という不安が強かった。当時もピンク映画にセクシー女優の綺麗で体の良い子が出ていたので「畏れ多い」と思って。

 その作品は、秩父困民党をモデルとしていて、主演の佐野さん演じるエロ坊主が小さな農村のヒーローと間違われて民衆とともに政府に反抗するってテーマ。

 エキストラを大量動員して一揆を起こすんですが、見るもの全てが新鮮ですごく面白くて。それに瀬々監督といえば“ロケ地の神様がついてる”って言われるほど見栄えのいいロケ地を見つける達人なんです。一揆を撮影した河原やごく普通の路地まで、すごくしっくりくるロケ地ばかりでした。

関連記事

トピックス

STAP細胞騒動から10年
【全文公開】STAP細胞騒動の小保方晴子さん、昨年ひそかに結婚していた お相手は同い年の「最大の理解者」
女性セブン
水原一平容疑者は現在どこにいるのだろうか(時事通信フォト)
大谷翔平に“口裏合わせ”懇願で水原一平容疑者への同情論は消滅 それでもくすぶるネットの「大谷批判」の根拠
NEWSポストセブン
大久保佳代子 都内一等地に1億5000万円近くのマンション購入、同居相手は誰か 本人は「50才になってからモテてる」と実感
大久保佳代子 都内一等地に1億5000万円近くのマンション購入、同居相手は誰か 本人は「50才になってからモテてる」と実感
女性セブン
宗田理先生
《『ぼくらの七日間戦争』宗田理さん95歳死去》10日前、最期のインタビューで語っていたこと「戦争反対」の信念
NEWSポストセブン
焼損遺体遺棄を受けて、栃木県警の捜査一課が捜査を進めている
「両手には結束バンド、顔には粘着テープが……」「電波も届かない山奥」栃木県・全身焼損死体遺棄 第一発見者は「マネキンのようなものが燃えている」
NEWSポストセブン
ドジャース・大谷翔平選手、元通訳の水原一平容疑者
《真美子さんを守る》水原一平氏の“最後の悪あがき”を拒否した大谷翔平 直前に見せていた「ホテルでの覚悟溢れる行動」
NEWSポストセブン
ムキムキボディを披露した藤澤五月(Xより)
《ムキムキ筋肉美に思わぬ誤算》グラビア依頼殺到のロコ・ソラーレ藤澤五月選手「すべてお断り」の決断背景
NEWSポストセブン
(写真/時事通信フォト)
大谷翔平はプライベートな通信記録まで捜査当局に調べられたか 水原一平容疑者の“あまりにも罪深い”裏切り行為
NEWSポストセブン
逮捕された十枝内容疑者
《青森県七戸町で死体遺棄》愛車は「赤いチェイサー」逮捕の運送会社代表、親戚で愛人関係にある女性らと元従業員を……近隣住民が感じた「殺意」
NEWSポストセブン
大谷翔平を待ち受ける試練(Getty Images)
【全文公開】大谷翔平、ハワイで計画する25億円リゾート別荘は“規格外” 不動産売買を目的とした会社「デコピン社」の役員欄には真美子さんの名前なし
女性セブン
眞子さんと小室氏の今後は(写真は3月、22時を回る頃の2人)
小室圭さん・眞子さん夫妻、新居は“1LDK・40平米”の慎ましさ かつて暮らした秋篠宮邸との激しいギャップ「周囲に相談して決めたとは思えない」の声
女性セブン
いなば食品の社長(時事通信フォト)
いなば食品の入社辞退者が明かした「お詫びの品」はツナ缶 会社は「ボロ家ハラスメント」報道に反論 “給料3万減った”は「事実誤認」 
NEWSポストセブン