芸能

TOKIO城島茂25才年下恋人と継続中、スナックはしご酒デート

リーダーとはしご酒デートを楽しんだ菊池梨沙

 TOKIOのリーダー・城島茂(48才)と25才年下恋人との最新ツーショットをキャッチした──。

《はしごのパフォーマンスで、病院をはしごすることになるとは…》。12月5日、こんな“おやじギャグ”コメントを発表した城島茂を心配する声があがっている。その前日の4日午後5時頃、城島は日本テレビの元日特番『ウルトラマンDASH』(2019年1月1日放送予定)のロケで“はしごパフォーマンス”の練習中、高さ80cmのはしごから転落。腰近くにある腰椎横突起と呼ばれる骨にヒビが入ったという。

「痛みが引くまで2週間程度と診断されたそうですが、体は動くようで、すぐに仕事に復帰できました。ただ、“病院をはしご”のコメントはメンバーに酷評されたようで、はしごがトラウマになったとか(笑い)」(テレビ局関係者)

 実はけがをする前の12月初旬にも、城島は別の“はしご”をしていた。夜11時頃、城島は茶髪ロングの若い美女とともに東京・渋谷区にあるスナックへ。深夜1時に店を出てきたかと思うと、「さぁ、次行こか。まだカラオケ歌い足りてへん」と言い、女性と別の店へ入っていく──。

 この女性はタレントの菊池梨沙(23才)。女性セブン2017年6月に城島との熱愛をスクープしたお相手である。

 バングラデシュ人の父と日本人の母を持ち、身長157.5cmで、スレンダーながらEカップという抜群のプロポーションの持ち主だ。

「交際をスタートさせたのは今から3年ほど前で、城島さんの一目惚れだったとか。25才も年下ですが、梨沙ちゃんは城島さんを“シゲルくん”と呼んでいます。彼女はお酒も飲める口なので、ふたりしてバーやスナックで深酒をしているのを目撃されていました」(ふたりの知人)

 この夜は友人を伴い、3人でスナックやバーを何軒か回っていた。楽しい“はしご酒”は、明け方まで続いていたようだった。

「城島さんは変装することもなく、堂々と彼女と歩いていました。最近の彼はお酒を飲むとかなり上機嫌になって、警戒心も薄くなるんです。彼女の方も城島さんにデレデレなので、周囲の目も気にならないぐらいお互いに夢中なのかもしれません」(前出・ふたりの知人)

 今年8月、城島はラジオ番組で結婚について「ぼくはしないです」と断言。そのため“菊池と別れたのでは”との憶測も飛び交ったが、交際自体は続いていた。

関連記事

トピックス

自撮りする岡田容疑者(インスタグラムより)
《サイン偽造の疑い》ぱんちゃん璃奈を逮捕「本業で1円も稼いでない」ぶっちゃけていた懐事情と「パチンコ夢中」発言
NEWSポストセブン
子供達に罪はない(公園に貼られた張り紙)
【公園廃止】「子供の声がうるさい」と意見したのは国立大学名誉教授 市役所は忖度か
NEWSポストセブン
オコエ瑠偉はこれで終わらない「楽天のロッカーから荷物が消えて…」現役ドラフトの目玉に
オコエ瑠偉はこれで終わらない「楽天のロッカーから荷物が消えて…」現役ドラフトの目玉に
NEWSポストセブン
九州場所
九州場所「着物美人」の隣にいたのは「溜席の妖精」に似た別人だった 本人は「普段からあんな感じです」と告白
NEWSポストセブン
橋本環奈
橋本環奈、熱愛報道から“逃げない姿勢”で好感度アップ 世代問わず支持される理由
NEWSポストセブン
本気なのか(時事通信フォト)
アンジャッシュ渡部建、復活の兆し 芸人仲間の「いじりネタ」とグルメキャラで浮上か
NEWSポストセブン
本田圭佑監督か
サッカー日本代表「次の監督は本田圭佑」に期待する声 実現への“最大の壁”は
週刊ポスト
本田圭佑氏の解説は多くの注目を集めた(写真=JFA/AFLO)
ゴミ拾い騒動、効きすぎエアコン…ピッチ外でも話題多数のW杯
週刊ポスト
1987年の結成以来、35年にわたって旧統一教会と対峙してきた全国弁連
旧統一教会と対峙する霊感商法対策弁護団の戦いの歴史 転機となった「青春を返せ」訴訟
週刊ポスト
(C)「完全に詰んだイチ子はもうカリスマになるしかないの」製作委員会
【インタビュー】『カリスマ壱子』ドラマP務めるMEGUMI「女性の成功を描きたかった」
NEWSポストセブン
話を聞いた男性。ビラを隠すように巻いた
習近平退陣デモを目撃した在日中国人が予言「この運動はあと2週間で終わる」
NEWSポストセブン
雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
女性セブン