• TOP
  • ライフ
  • 代々のお墓が女性を苦しめてきた!現代人の悩みとなる墓

ライフ

2018.12.15 16:00  女性セブン

代々のお墓が女性を苦しめてきた!現代人の悩みとなる墓

「梅田 蔦屋書店」で開催されたイベントに参加した仲野氏、井上氏、秋田氏

「本を読んで、ようやくお墓を改葬する決心がつきました」などの感想が続々と届いている単行本『いまどきの納骨堂』(小学館)。その発売を記念して、著者の井上理津子さんが、大阪大学医学部教授の仲野徹さん、應典院住職の秋田光彦さんと公開鼎談を行った。意見の異なる3人が繰り広げたお墓と終活に対する本音の数々。大いに盛り上がったその模様をお届けする。

【議題】お墓は何で選ぶべきなのか?

「お墓、どうしよう」と悩む人が増えている。少子化や都会に出て来たことで田舎にある代々のお墓を維持できなくなっているのだ。昨今、お墓を引っ越す「改葬」やお墓を更地に戻す「墓じまい」といった言葉も度々聞かれるようになったが、お墓はどう選べばいいのだろう。まずは最近お墓を改葬したばかりの仲野先生が口火を切った──。

仲野:うちは昔から、大阪市内の市営墓地にお墓があったんですが、何を思ったのか、突然、母親が新しい墓を買うって言いだしたんですよ。ええっ!?と驚いたんです。私のところは娘が2人。見栄を張ってええところを買うても、無縁墓になるのは目に見えてますからね。いくつか見た上で最終的に京都にある納骨堂の仏壇式のものを“購入”しました。

井上:そこをお決めになった決め手は、何だったんですか?

仲野:最初に見たところも京都なんですが、宗旨縛りが厳しかったんです。うちは西本願寺派なんですけど、娘の嫁ぎ先はなんか違う宗旨。継ぐ人が同じ宗旨でないとあかんということで諦めました。そこで、ネットを調べたり、いろんなパンフレットを見ていたら、その近くに宗門直営のところがあって、潰れなさそうだからええわと思って決めました。京都やったら、なんだかんだ行く機会も多いですから、寄れますしね。

秋田:お墓を選ぶときは立地が重要なんです。どんなにデザインが凝ってて、どんなに金額が安くても、選ぶときにいちばん考えるべきなのは、圧倒的に立地だと思いますね。

仲野:その立地というのも、ただ家に近ければいいというものでもないですね。ぼくは以前のお墓は家の近くやったけど、意外と邪魔くさくて年に1回程度しか行きませんでしたから(笑い)。それが今は年に3~4回は行ってます。

関連記事

トピックス