芸能

ビートたけし 池波志乃の前で志ん生を演じるプレッシャー

大河に古今亭志ん生役で出演する

 NHK大河ドラマ『いだてん~東京オリムピック噺~』に「落語の神様」古今亭志ん生役で出演するビートたけし。実際に高座に上がり、ナレーション的役割を果たすほか、「自由に笑わせて」なんてカンペが出るため、毎回、若手芸人のようにネタを考えて収録に臨んでいる。新刊『さみしさの研究』も話題のたけしが、テレビじゃ言えない『いだてん』ウラ噺をお届けする。

 * * *
 とはいえ、出演は高座の上だけってワケでもないぜ。志ん生さんの家の中って設定で、ホームドラマもやってるんだ。オイラのカミさん役が池波志乃さんで、娘が小泉今日子。さらに住み込みの弟子2人が、荒川良々と神木隆之介でさ。そこでドタバタ劇が繰り広げられるというね。

 なんせ、池波さんは志ん生さんの実の孫だからね。つまりオイラは彼女のお祖父さんを演じるわけだよ。血の繋がってる人の前で演じるのはさすがにプレッシャーもかかってさ。

 だからよく聞くんだよ。「オイラで大丈夫ですか?」って。そしたら池波さんは「大丈夫! よく似てますよ」なんて言ってくれてさ。

 でもオイラに気を遣ってるんじゃないかって、旦那の中尾彬さんにも聞いたんだよ。オイラの映画『龍三と七人の子分たち』にも出てもらった縁があるからさ。そしたら中尾さんも「本当に似てる」って言うから、ありがたいことだね。

 どうも、オイラはちょっとだけ志ん生さんに声が似てるみたいなんだよな。志ん生さんの落語は子供の頃にナマで聴いたことがあるんだけど、もう60年以上も前の話だからさ。似てるかどうかは自分じゃ分からない。だけど今回演じることになって改めて志ん生さんのテープを聴いてみると、やっぱり「うめぇな」って思うよね。

関連記事

トピックス

結婚相手について語った大谷翔平
《大谷翔平が電撃婚》新妻を待ち受ける「奥様会」と「過激ファン」の洗礼 田口壮夫人は「生卵をぶつけられた人もいた」
NEWSポストセブン
(時事通信フォト)
《大谷翔平結婚》お相手“有力候補”のアスリート女性は「昨年引退済み」「インスタ全消し」渡米情報も
NEWSポストセブン
パチスロ好きという意外な素顔もある浅田舞
《6時間スロット打ちからカルチャー系に》浅田舞に新恋人との熱愛報道、関係者が気づいていたインスタグラムの「異変」
NEWSポストセブン
2010年、慶応義塾大学を卒業した水卜麻美
【女性アナ大学時代の晴れ姿・2010~2016】水卜麻美の世代には「視聴者の関心がアナウンサーとしての実力や親しみやすさに向き始めた」
週刊ポスト
政倫審もあれる中、岸田首相は大谷頼みで…
「大谷翔平結婚」で政倫審ウヤムヤにできた岸田首相、次はドジャース開幕戦のサプライズ観戦計画 “大谷頼み”が酷すぎる
NEWSポストセブン
結婚について語った大谷翔平(時事通信フォト)
《「いたって普通の人」》大谷翔平、お相手のパーソナリティーを一切明かさない“完璧な結婚報告会見”で見せつけた「格の違い」
NEWSポストセブン
「チョメチョメ」や昭和のスターや歌謡曲のオマージュなど小ネタが
いっぱいのドラマ『不適切にもほどがある!』に大ハマり中です!(番組のインスタグラムより)
【『不適切にもほどがある!』の魅力】昭和スターや歌謡曲オマージュも満載!“脚本のすべてを聞き逃したくない”から何度も見てしまう
女性セブン
大谷翔平
大谷翔平が明かした結婚相手「普通の日本人」は7月にお披露目か 大物同僚妻との奥様会への参加はどうなる
NEWSポストセブン
20年以上培った弁護士としての専門分野は離婚や親権問題
《不倫報道》エッフェル広瀬めぐみ議員が密会場所に選んだ「ご休憩8600円〜」歌舞伎町ホテルと「ジャンクなディナー」のこだわり
NEWSポストセブン
大谷翔平(時事通信フォト)
《大谷翔平が電撃婚》「アナウンサーじゃなくて良かった」とファン安堵 大谷を守った“女性アナ隔離政策”
NEWSポストセブン
谷原章介(左)と、コンテストに挑戦する息子の七音さん(右)
《本人に直撃》谷原章介が語った20歳長男「ジュノンボーイ挑戦」へのエール 七音さんもインスタで決意投稿「僕は僕なので」
NEWSポストセブン
(時事通信フォト)
《大谷翔平が電撃婚》徹底した秘密主義で「このタイミング」だった理由「左手薬指へのキス」にファン違和感
NEWSポストセブン