• TOP
  • スポーツ
  • 100年に一度の大改正 ゴルフ世界統一ルールで何が変わる

スポーツ

2019.01.21 16:00  週刊ポスト

100年に一度の大改正 ゴルフ世界統一ルールで何が変わる

ルール改正で100切りが簡単に?

 1月1日から施行されたゴルフ世界統一ルールは「100年に一度」といわれる大改正で、「バンカーから2打罰で外にドロップできる」「OBは打ち直しせず、境界を横切った付近から2打罰でプレー再開できる(一般向けローカルルール)」といった“救済”が認められた。

 中でも注目が「グリーン上からのプレーで立ったままのピンに球が当たっても無罰」という新ルールだ。

 これまでは、グリーン上からパットしたボールがピンに当たると2打罰。ピンを抜いた状態でパッティングする必要があった。これが立てたままOKとなった影響は大きい。立っているピンにボールが寄りかかって止まった場合も、ボールの一部がグリーン面より下ならカップインとして認められるようになった。

 すでに世界のトッププロもその効果を体感している。

“ゴルフの科学者”の異名を取る世界ランク5位のブライソン・デシャンボーは、米ツアーのセントリー・トーナメント・オブ・チャンピオンズ(1月3~6日開催)でピンを抜かずにパッティングし、14アンダーの7位に入った。2日目のホールアウト後には、こうコメントしている。

「ピンを立てたままの方が目標がはっきりして集中力は高まるし、特に下りのラインでは安心してストロークできる」

◆ショートパットも有利に

関連記事

トピックス