国内

新幹線「のぞみ」開業により上方のお笑いが全国区になった

のぞみは1999年に営業運転開始(時事通信フォト)

 平成(1989年~)に入り多くの都市開発が進むなか、長崎・ハウステンボスや東京ディズニーシー、表参道ヒルズなど、平成に産声をあげたテーマパークや商業施設は数知れない。「開業」という観点で平成を振り返ると、文化が変わるきっかけが色々存在することが分かる。

 なかでも2003(平成15)年に開業した六本木ヒルズは、オフィスや映画館、集合住宅などを擁し、入居する企業や住民がITの上場企業や大物著名人ばかりだったことから、富裕層の象徴として度々メディアに取り上げられた。

 鉄道網も全国に張り巡らされ、北陸や北海道、九州などで新幹線が開業した。東京と大阪を結ぶ東海道新幹線では、さらに短時間で移動できる「のぞみ」が導入された。鉄道ジャーナリスト・梅原淳氏が解説する。

「当時、すでにバブルは崩壊していましたが東海道新幹線は混雑し、指定席を取りづらい状況が続いていました。『ひかり』は東京―新大阪間が2時間52分でしたが、最高時速270キロの『のぞみ』導入によって2時間半に短縮。移動が楽になったのはもちろん、本数の増加が可能になり輸送力が格段にアップしました。

 東海道新幹線利用者は平成元年で1日32万人でしたが、今は47万人。関西から日帰りで東京に来ることも簡単になりました。東西の文化交流も深まり、上方のお笑いが全国区になったのも『のぞみ』のおかげと言われています」

関連キーワード

関連記事

トピックス

千鳥の2人が笑いに変えてくれる安心感
冠番組6本の千鳥、ゴールデン3本はフジ「実力だけじゃない」その理由
NEWSポストセブン
上白石萌歌の入浴シーンでSNSが騒ぎに
『ちむどんどん』上白石萌歌、川口春奈の入浴シーン炎上に「騒ぎすぎでは」の指摘
NEWSポストセブン
えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
NEWSポストセブン
●1999年 女性セブン特写
上島竜兵さん「トークが上手くなったら終わり」リアクション芸人が残した名言
女性セブン
こちらに向かってポーズをとる田口容疑者(田口容疑者のインスタグラムより)
誤送金問題で逮捕の田口容疑者 犯行動機に潜む「授かり効果」
NEWSポストセブン
北斗晶の長男が結婚、相手はレスラー
北斗晶、長男の妻となった女子プロレスラー門倉凛に「彼女の勇気を買うね」
女性セブン
照ノ富士の一人横綱より深刻 大相撲「一人立行司」7年の異常事態
照ノ富士の一人横綱より深刻 大相撲「一人立行司」7年の異常事態
NEWSポストセブン
眞子さん
眞子さんに近づくメトロポリタン美術館 狙いは皇室に受け継がれた貴重な美術品か
女性セブン
三浦百恵さんはキルトを続ける
三浦百恵さん 三浦友和とのキューピッドだった「芸能界の父」と最後の別れ
女性セブン
こちらに向かってポーズをとる田口容疑者(田口容疑者のインスタグラムより)
【不運すぎる真実】4630万円問題「なぜ463世帯の中で田口翔容疑者だったか」副町長が明かした背景(前編)
NEWSポストセブン
渋谷で行われたロシアによるウクライナ侵攻に抗議するパレードで、戦争反対を訴えるロシア人女性。数千人のさまざまな国籍や年代の人が参加した(時事通信フォト)
ロシアや東欧出身の女性たちが日本で「理不尽」に直面することが増えている
NEWSポストセブン
パチンコ店で浅田舞が目撃された
浅田真央宅に身を寄せる姉・浅田舞 GWゾロ目の日に朝イチからパチンコ店
女性セブン