• TOP
  • スポーツ
  • 川内優輝が語った「世界陸上、そして東京五輪への可能性」

スポーツ

2019.02.26 16:00  NEWSポストセブン

川内優輝が語った「世界陸上、そして東京五輪への可能性」

防府読売マラソンでも優勝した川内(時事通信フォト)

 公務員ランナーとして活躍し、今年4月からプロ転向することになっている川内優輝。暑さに弱いことから猛暑が予測される東京五輪では日本代表として出場しないとされてきたが、状況が変われば、参加もありうるようだ。川内を長年取材してきたスポーツライターの栗原正夫氏が、プロ転向直前の彼に思いを聞いた。

 * * *
「まずはびわ湖でしっかり結果を出すこと。MGC(2020年東京五輪マラソン選考会)は、ドーハ(の世界陸上)次第ですけど、ドーハがダメだったら考えようかな……」

 2月17日の「金栗記念熊日30キロロードレース(熊本)」の直後に、今年4月からのプロ転向を表明している市民ランナーの川内優輝(31、埼玉県庁)を直撃すると、公務員としてのラストマラソンと一時は引退表明していた日本代表への復帰についての想いを吐露した。

「びわ湖」とは、川内にとって公務員ランナーとして最後のフルマラソンとなる3月10日の「びわ湖毎日マラソン」のこと。昨年12月には同じく世界陸上の選考会となる福岡国際に出場し、川内は2時間12分3秒の10位に沈んだ。びわ湖では、そのリベンジを果たしたいと言う。

「いままで多くの人に応援してもらいましたので、(公務員ランナーとしての最後が)ひっそりと終わるのも嫌ですし、テレビ中継がある大きなレースで今後が楽しみだと思ってもらえるような走りができれば。自己ベスト(2時間8分14秒)更新とはいかないまでも、サブ10(2時間10分切り)は達成したい。そうすれば、(2019年9月開幕のドーハ)世界陸上が見えてくる」

 暑さが苦手な川内は、2019年のドーハ世界陸上、2020年東京五輪が30度を超える猛暑のなか行われることで「自分には勝ち目はない」と判断し、2017年ロンドン世界陸上を最後に日本代表からは引退することを宣言。すでに出場権を手にしているMGCへの参加についても態度を保留し続けてきた。

 だが、猛暑が懸念されたドーハ世界陸上のスタート時間は深夜23時59分に決まり、2020年東京五輪についても午前7時のスタート時間の繰り上げが濃厚となり、状況が変われば考え方は変わるとしている。

「深夜スタートのドーハ世界陸上は興味深いし、東京五輪もスタートが早くなるみたいですからね。仮に6時スタートになれば、8時過ぎには終わる。8時過ぎなら気温は高くても30度はいかないでしょうし、暑さが苦手な私でも十分対応できます。MGCだって、9時スタートの予定が早まるかもしれませんから」

コメント 0

SNSでNEWSポストセブンをフォロー

  • LINE:友だちに追加
  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

関連記事

トピックス