芸能

辻村深月、6年前に断った映画ドラえもん脚本手がけた理由

ルナ役・広瀬アリスと脚本・辻村深月のスペシャル対談(撮影/田中智久)

 春休みの風物詩として、子供からお年寄りまで幅広い層から支持される『映画ドラえもん』シリーズ。今回その脚本を執筆したのは、直木賞作家の辻村深月さんだ。ドラえもん映画の持つ最大の魅力である「時空間を超える」設定を最大に生かし、冒険の舞台を月の世界に。月に住む子供・エスパルのルナ役を演じた広瀬アリスと今作の魅力について語った──。

 3月1日に全国公開が始まる『映画ドラえもん のび太の月面探査記』。シリーズ39作目となる今作は「月」が舞台だ。

『映画ドラえもん』は4年連続で興行収入が右肩上がり。昨年の『のび太の宝島』ではシリーズ最高興行収入記録を樹立した。近年の盛り上がりを支えているのは大人たちだ。シリーズ映画とは異なるが、特に2014年公開の映画『STAND BY ME ドラえもん』以降は、ドラえもんをいったん卒業した世代が回帰し、祖父母・親・孫の3世代で鑑賞するなどファン層も広がりを見せている。

 来年、50周年を迎える漫画『ドラえもん』の劇場映画が生まれたのは、1980年。のび太と恐竜ピー助の絆を描いた『のび太の恐竜』を皮切りに、過去から未来を自由自在に行き来し、宇宙から地底、大海原までロマンあふれるさまざまな舞台で繰り広げられる冒険スペクタクルに心を揺さぶられる。

 1997年公開の『のび太のねじ巻き都市冒険記』の執筆中に藤子・F・不二雄さんがこの世を去るが、藤子プロや映画スタッフが製作を継続し、現在に至る。

 近年注目されているのは脚本家だ。昨年は『君の名は。』を世へ送り出した東宝の映画プロデューサー・川村元気さんが手がけ、今年は辻村さんが担当している。辻村さんは幼少期から『ドラえもん』や『パーマン』など藤子・F・不二雄作品の大ファン。2005年には章のタイトルをすべてドラえもんのひみつ道具にした小説『凍りのくじら』(講談社文庫)を書いたほどだ。

 辻村さんが「ある共通点」を見つけ、“いつか会ってみたい”と楽しみにしていたのが今作にゲスト声優として参加する広瀬アリス(24才)だ。そして広瀬もまた辻村さんのファンだったという。映画ドラえもんを通じて運命的な出会いを果たした2人の対談が実現した。

◆仕事としてかかわってしまうと、好きなだけではいられない

辻村:ドラえもんは物心ついた頃から大好きで、ストーリーはもちろん、書店で父にコミックを買ってもらったり、家族や友達と映画に行ったりと、思い出がたくさん詰まった大切な作品なんです。こうして作家になってドラえもんの話をすることも夢でした。ドラえもんの素晴らしいところは、どれだけ年齢差があっても同じ熱量で愛を語れること。世代を超えて愛され、みんなの日常と結びついた存在であることが大きな魅力です。

 だからこそ、映画の脚本を引き受けることはとても悩みました。6年ほど前に、最初にお話をいただいたのですが、本当に好きで幼い頃から見ていたので、仕事としてかかわってしまうと、ただ好きなだけではいられなくなってしまうだろうな、と。それがすごく怖くて。一生ファンでいたいからとその時は辞退したんです。

関連記事

トピックス

映画『ウィンターソング』に出演した金城(2006年撮影)
《SNSを駆け巡った俳優・金城武の結婚》お相手は元日テレの人気女性アナウンサー、所属事務所は「面識もない」全否定の真相
NEWSポストセブン
CM出演を皮切りにドラマや映画など幅広く活躍し最近では歌も
岡田奈々、48年前リリースの『青春の坂道』が時代を超えてストリーミングで1100万再生 本人が語る「感謝」
NEWSポストセブン
ミスコン時代の高橋茉莉氏
《ビキニ現場も全力》公認取り消しの元アナ高橋茉莉氏「手書き自己PR」で綴った「グラビアは要相談」「あわよくばしっかり稼ぎたい」芸能活動時代の「とにかく売れたがっていた」素顔
NEWSポストセブン
再再婚が噂される鳥羽氏(右)
【ダブル不倫の代償】広末涼子、損害賠償の分担は「前事務所と合意のうえ退所」 思わぬ形で公表された「4000万円」のけじめ
女性セブン
大谷翔平を見る方法は
大谷翔平を“少しでも安く生で見る方法” 韓国の開幕戦70万円ツアーはやや割高、本拠地LAまでの飛行機はエコノミーなら10万円台も
女性セブン
話題のドラマに本当に”不適切”なシーンとの指摘(公式サイトより)
『不適切にもほどがある!』で本当に”不適切表現” 在宅酸素療法中に近くで阿部サダヲがタバコに火、医師は「危険」と指摘 TBSは“お詫び”掲載
NEWSポストセブン
山根夫妻。奥様が明かす最期の瞬間
逝去の山根明さん 妻が明かした「男・山根」の最期の瞬間 意識もうろうとする中、娘の声かけに涙がこぼれ落ちた
NEWSポストセブン
カメラに向かって涙ながらに告白する高橋茉莉氏
《看過できない行為あった》公認取り消し元アナ候補の高橋茉莉氏「ファーストクラス海外旅行」から「六畳一間」への転落【不運すぎる27年間】
NEWSポストセブン
角谷暁子アナ(テレビ東京の公式アナウンサーサイトより)
YouTube動画が100万回再生 テレ東・角谷暁子アナ4月改編で抜擢期待も「超セレブ生活」の不安材料
NEWSポストセブン
亡くなった山本陽子さん。81歳だった
【追悼】山本陽子さん、ショックを受けた岡江久美子さんとの別れ 親しい人を相次いで見送り、孤独死対策も考えていた
女性セブン
《「ここは撮影禁止だ!」》大谷翔平をクラブハウス内で無断撮影してYouTubeに公開した韓国メディアが出入り禁止に
《「ここは撮影禁止だ!」》大谷翔平をクラブハウス内で無断撮影してYouTubeに公開した韓国メディアが出入り禁止に
女性セブン
浅田美代子がパーティを開催。芸能人や元首相までが集まった
浅田美代子50周年イベントに佐藤浩市、三浦友和が登場、MISIAは生歌披露、小泉元首相も姿を見せる 藤井フミヤと小泉今日子の“まさかの2人”も
女性セブン