ライフ

インスタ映え料理、見映え重視で味を台無しにするケースも

残念なインスタ映えグルメ

 スマホの普及により、今や一億総カメラマン状態。お気に入りの写真をインスタグラムやフェイスブック、ツイッターなどのSNSを通じてアップし、「いいね!」という共感や支持を集めることに喜びを感じる人も多い。

 中でも“インスタ映え”する料理として、ボリュームたっぷりのサンドイッチ「わんぱくサンド」や、キャラ弁のように漫画のキャラクターを皿の上に描く「キャラプレート」、大根おろしで動物をかたどった「大根おろしアート」など、遊び心あふれるグルメ写真が人気を集めている。

「平成ならではの料理の楽しみ方でよいのですが、見映えを重視するあまり、おいしい料理を台無しにしているものがある」と、管理栄養士の大石みどりさんは嘆く。

 スプーンや箸で長い時間持ち上げていて麺が伸びる。肉の断面などを見せようとして料理が冷める。迫力を出そうと強火にしすぎて焦げる。ソースをかけすぎるなど、ステキな写真を撮るための演出がアダとなり、味を犠牲にしているものの何と多いことか!

 栄養士の資格を持つイラストレーターのうえだのぶさんは、自身の失敗体験を踏まえ、

「デカ盛り料理など、デコラティブに飾り立てる料理は迫力がありますが、栄養的には問題あり。自慢の手作り料理を撮ろうとして、色合いを意識しすぎた結果、見た目は◎でも栄養が偏っていたり、栄養吸収のよくない組み合わせの料理など、手の込んだステキな料理が作れているのに惜しいと思います」と話す。

 今やSNSには美しい写真があふれている。一歩先を行きたいなら、食のプロをも唸らせる、おいしくて栄養満点の美写真を撮る努力が必要なのだ。

写真/ゲッティイメージズ

※女性セブン2019年3月28日・4月4日号

関連キーワード

関連記事

トピックス

公務に邁進されている(6月、東京・港区)
佳子さま「公務に積極的」になられた背景に「皇籍離脱」「結婚」か
女性セブン
亜希
亜希 陰から見守る元夫・清原和博と息子達との「父子鷹」
NEWSポストセブン
披露宴での志摩ノ海と元関脇・逆鉾の長女・清香さん(時事通信フォト)
故・逆鉾の長女が結婚で後継者確定も名門・井筒部屋再興への“高いハードル”
週刊ポスト
SNSでの発信力も大きい新庄ビッグボス(時事通信フォト)
新庄ビッグボスのインスタ投稿が波紋 「ファンとそれ以外の分断を煽る」の指摘も
NEWSポストセブン
クルマ、ギター、アート、スケートボードにもこだわる
長瀬智也、英国のバイク誌に登場 悠々自適な暮らしに「所ジョージ化している」の声
女性セブン
小室圭さんと眞子さん
小室圭さん妻・眞子さんがNYで行きつけのスーパーから見えてきた“妻の気遣い”「日本でいえば『成城石井』」 
NEWSポストセブン
京都の街を歩く舞妓のイメージ(写真/イメージマート)
元舞妓の〈16歳飲酒〉〈お風呂入り〉告発に、花街関係者も衝撃「未成年飲酒には厳しく対応しているはず」
NEWSポストセブン
不祥事を理由に落選したはずなのに、比例で復活されては…(左は塚田一郎氏、右は中川郁子氏/写真=共同通信社)
「不倫路チュー」「USBは穴に…」失言・不祥事で落選しても比例復活するゾンビ議員たち
週刊ポスト
注目を集めるNHK吉岡真央アナ
「ポスト和久田麻由子アナ」候補のNHK吉岡真央アナ 替え歌ダンスで“キャラの強さ”際立つ
週刊ポスト
前田敦子と篠田麻里子の女子会姿をキャッチ
前田敦子、篠田麻里子と六本木で4時間半女子会 元夫・勝地涼との関係は良好に
女性セブン
謎めいたバッグを持つ広末涼子
広末涼子、“破壊力強すぎ”コーデは健在「背中に蜘蛛」私服に続き目撃された「謎バッグ」
NEWSポストセブン
結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン