ライフ

インスタ映え料理、見映え重視で味を台無しにするケースも

残念なインスタ映えグルメ

 スマホの普及により、今や一億総カメラマン状態。お気に入りの写真をインスタグラムやフェイスブック、ツイッターなどのSNSを通じてアップし、「いいね!」という共感や支持を集めることに喜びを感じる人も多い。

 中でも“インスタ映え”する料理として、ボリュームたっぷりのサンドイッチ「わんぱくサンド」や、キャラ弁のように漫画のキャラクターを皿の上に描く「キャラプレート」、大根おろしで動物をかたどった「大根おろしアート」など、遊び心あふれるグルメ写真が人気を集めている。

「平成ならではの料理の楽しみ方でよいのですが、見映えを重視するあまり、おいしい料理を台無しにしているものがある」と、管理栄養士の大石みどりさんは嘆く。

 スプーンや箸で長い時間持ち上げていて麺が伸びる。肉の断面などを見せようとして料理が冷める。迫力を出そうと強火にしすぎて焦げる。ソースをかけすぎるなど、ステキな写真を撮るための演出がアダとなり、味を犠牲にしているものの何と多いことか!

 栄養士の資格を持つイラストレーターのうえだのぶさんは、自身の失敗体験を踏まえ、

「デカ盛り料理など、デコラティブに飾り立てる料理は迫力がありますが、栄養的には問題あり。自慢の手作り料理を撮ろうとして、色合いを意識しすぎた結果、見た目は◎でも栄養が偏っていたり、栄養吸収のよくない組み合わせの料理など、手の込んだステキな料理が作れているのに惜しいと思います」と話す。

 今やSNSには美しい写真があふれている。一歩先を行きたいなら、食のプロをも唸らせる、おいしくて栄養満点の美写真を撮る努力が必要なのだ。

写真/ゲッティイメージズ

※女性セブン2019年3月28日・4月4日号

関連キーワード

関連記事

トピックス

ホームランの“確信歩き”もサマになるヤクルト・村上宗隆(時事通信フォト)
ヤクルト・村上宗隆が「外れ1位」でも大活躍! その心理を“経験者”の元阪神・遠山奬志氏が解説
NEWSポストセブン
橋本愛『家庭教師のトラコ』 遊川和彦氏による立体的脚本の「着地」は決まるのか
橋本愛『家庭教師のトラコ』 遊川和彦氏による立体的脚本の「着地」は決まるのか
NEWSポストセブン
五社英雄監督について実娘の五社巴さんが振り返る(C)五社プロダクション
没後30年、五社英雄監督 娘が振り返る「常識では考えられないほどの仕事量」
週刊ポスト
インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン
ヤクルトの若き主砲・村上宗隆(時事通信フォト)
ヤクルト・村上宗隆が史上最年少40号!「外れ1位」が清宮幸太郎をはるかに凌ぐ理由をスカウトが説明
NEWSポストセブン
プロレス総選挙
今回は「プロレス総選挙」 なぜテレ朝は『○○総選挙』を放送し続けるのか
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
「18歳女子大生」インタビュー【第2回】吉川赳議員はホテルで「揉んじゃって御免なさい」「おじさんムラムラしちゃった」
NEWSポストセブン
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
かかりつけ医の見つけ方(写真/GettyImages)
最高の「かかりつけ医」を見つけるために…チェックすべきは「話し方」
女性セブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン
「同伴的なので」と自分の意思を伝えた吉川議員
「18歳女子大生」インタビュー【第3回】吉川赳議員から大量の「LINEメッセージと電話」
NEWSポストセブン