スポーツ

菊池雄星の妻・深津瑠美アナ、花巻東監督の言葉で意識変化

フリーアナウンサー・深津瑠美さんが語る夫・菊池雄星

 この1月にシアトル・マリナーズと、最大で7年総額120億円の大型契約を結び、連日のようにその動向が報道される菊池雄星投手(27才)。そんな菊池投手を支えるのが妻でフリーアナウンサーの深津瑠美さん(32才)だ。5才年上の姉さん女房である深津さんに、出会いや結婚について語ってもらった。

 深津さんと菊池投手の出会いは2015年。MLB(メジャーリーグベースボール)のニュースを紹介する『ワールドスポーツMLB』(NHK-BS1)のキャスターを務めていた深津さんに菊池投手が一目ぼれ。知人を介して知り合い、菊池投手の猛アタックの末、交際がスタートした。

「出会った当初は仕事に集中していて、(その仕事は)私自身がやっとつかんだ夢だったこともあり、結婚・出産よりも目の前のことで精一杯でした。それでも主人が追いかけてくれ、その一生懸命な姿に惹かれました。そして、結婚を前提に交際を申し込まれたことで、そこから、彼の夢を叶えたい、そばで支えたいと考えるようになりました」(深津さん・以下同)

 菊池投手といえば岩手・花巻東高校のエースとして活躍し、2009年、埼玉西武ライオンズに入団。投手としての素質は20年に1人の逸材といわれた。

 もっとも、深津さんは仕事でメジャーリーグ関連の番組を持つまで、野球のことはまったく知らず、高校時代の菊池投手のことはほとんど知識がなかった。

「ドラフト後の記者会見で、メジャーに行きたい、と泣いていた姿が記憶に残っています。でも、高校時代のことはあまり知らなくて、後で義父から当時のビデオを見せてもらいました」

 深津さんと出会った頃の菊池投手はけがに泣かされることが多く、プロ入り後は思うような成績が残せずにいた。

「野球が好きで研究熱心だからこそ、思い悩んでいたと思います。けがで苦しんでいる時期が長く、頑張っても結果が出ないのがいちばんつらいこと。

 主人にとっては高校時代がいちばん素敵な思い出で、その楽しい思い出を超えられるような活躍をしてもらいたいと思いました。高校時代、彼が大活躍していたビデオを見て、この時の輝きを取り戻してほしいと純粋に思いました」

 さらに、恩師である花巻東高校の佐々木洋監督(43才)の言葉も心に大きく響いた。

「出会ってすぐに、岩手に行こうと彼から言われ、ご両親にご挨拶するのかなと思っていたら、真っ先に佐々木監督と会食することになりました。

 そこでいろいろとお話をさせていただき、最後に『雄星のことをよろしくお願いします』と言われて、私の意識が大きく変わりました」

関連記事

トピックス

工藤静香、2人の娘への“帝王学”「仕事場には電車で」「スタッフの前でも厳しく注意」
工藤静香、2人の娘への“帝王学”「仕事場には電車で」「スタッフの前でも厳しく注意」
女性セブン
互いに認め合い、激動の80年代を駆け抜けたふたり
中森明菜と松田聖子、認め合っていた2人 かつて飛び交った不仲説の真実
週刊ポスト
2010年3月に行われた円楽さんの襲名披露会見
逝去の三遊亭円楽さん 故・桂歌丸さんが闘病の支えに「呼びにきちゃダメだよって……」
NEWSポストセブン
坂本勇人の女性スキャンダルをTV局などが報じない理由は?(時事通信フォト)
「スルー対応」が続く坂本勇人のスキャンダル テレビ、新聞の若手記者からは「巨人を担当したくない」などの声も
NEWSポストセブン
日本を明るく照らしたアントニオ猪木さん
アントニオ猪木さんが「サライを熱唱」し「超能力を披露」した六本木の夜
NEWSポストセブン
町田啓太と玄理の熱愛は5年前から
【全文掲載】町田啓太が4才年上国際派女優と“トイプードル同棲” 仕事好調の裏に彼女の支え
女性セブン
弘中綾香アナ(2019年)
弘中綾香アナ 電撃婚の「資産15億円社長」と育んだ「マンション同フロア恋愛」
NEWSポストセブン
両陛下のファッションはイタリアの新聞社から絶賛された(GettyImages)
エリザベス女王国葬、弔意を届けた「喪服姿のトップレディたち」その注目ファッション
女性セブン
熱愛が発覚した玄理と町田啓太
町田啓太と女優・玄理の交際、ファンをモヤつかせていた「お揃いルック」の数々
NEWSポストセブン
逆風だらけの国葬に安倍昭恵さん放心状態 地元山口での「県民葬」も新たな火種に
逆風だらけの国葬に安倍昭恵さん放心状態 地元山口での「県民葬」も新たな火種に
女性セブン
好きな女性アナで3連覇を果たしたテレビ朝日の弘中綾香アナ(写真/ロケットパンチ)
弘中綾香アナ、結婚相手は同い年のベンチャー企業社長だった「資産約15億円」「小栗旬似のイケメン」
NEWSポストセブン
イギリスではつつがなくお務めを果たされた(9月、イギリス・ロンドン。写真/共同通信社)
雅子さま、異例のエリザベス女王国葬参列 訪英実現しなかった紀子さまの複雑な思い
女性セブン