深津瑠美一覧

【深津瑠美】に関するニュースを集めたページです。

嵐・二宮に続き楽天・浅村も 「局アナよりフリーアナ」の訳
嵐・二宮に続き楽天・浅村も 「局アナよりフリーアナ」の訳
 元TBS・福島弓子とイチロー、元日テレ・柴田倫世と松坂大輔……結婚相手に女子アナを選んだプロ野球選手は多いが、近年は女子アナといっても「局アナ」ではなく「フリーアナ」が選ばれることが増えている。 19日、楽天・浅村栄斗(29)がホリプロアナウンス室所属の淡輪ゆき(たんのわゆき・27)との結婚を発表。2016年には菊池雄星(28・当時西武、現マリナーズ)と深津瑠美(33)が結婚した。女子アナとの仕事が多い民放キー局報道局員が語る。「フリーアナは、キー局よりも地方局やCS・BSへの出演が多い。キー局に比べて収録に出入りするスタッフが少なく、選手と直接やり取りする機会が多くなります。距離が縮まって親しくなりやすいのでは」 浅村と淡輪アナの交際がスタートしたきっかけは、西武時代の『ライオンズナイター』(テレビ埼玉)での共演だったとされる。始球式やファン感謝イベントなどで親交を深めるケースも多いようだ。 局アナが考える“ワークライフバランス”の変化も影響しているという。別の民放キー局関係者が明かす。「かつては“若いうちは華々しく仕事をして、結婚したら退職して家庭に入る”と考えている局アナが多かった。しかし最近では、“結婚しても働き続けられるのか”と学生時代のOB訪問で訊ねてきた女子アナもいるほどで、キャリア志向の女性が増えている。 2017年オフに長野久義(34)が巨人から広島カープに移籍した際には、テレビ朝日に勤める妻の下平さやかアナ(46)が“一緒に広島に移住するのか?”と話題になりましたが、結局は東京で仕事を続けている。遠征で各地を転々とするプロ野球選手だけに、局アナよりも時間、仕事のやり繰りがしやすいフリーアナのほうが合うのかもしれません」 芸能界でも、12日に結婚を発表したアイドルグループ「嵐」の二宮和也(36)のお相手は元フリーアナ(38)だった。 局アナ試験に落ちてフリーになったというケースは珍しくないが、その“勝ち負け”は結婚というステージで逆転するのかも。※週刊ポスト2019年12月6日号
2019.11.25 07:00
週刊ポスト
菊池雄星の妻、木佐彩子からメジャーリーガー妻の心構え学ぶ
菊池雄星の妻、木佐彩子からメジャーリーガー妻の心構え学ぶ
 最大で7年総額120億円の大型契約をシアトル・マリナーズと交わした菊池雄星投手(27才)。連日のようにその動向が報道される菊池投手を支えるのが、妻のフリーアナウンサー・深津瑠美さん(32才)だ。5才年上の姉さん女房が語る夫のサポート術とは──。 深津さんと菊池投手の出会いは2015年。MLB(メジャーリーグベースボール)のニュースを紹介する『ワールドスポーツMLB』(NHK-BS1)のキャスターを務めていた深津さんに菊池投手が一目ぼれ。知人を介して知り合い、菊池投手の猛アタックの末、交際がスタートした。 半年の交際を経て2016年、深津さんの誕生日である6月24日にふたりは入籍した。「夫を強くする」という覚悟を決めた深津さんは、レギュラー番組すべてから離れることにした。「仕事が大好きだったので、正直さみしかったです。でも私が全力でサポートして、主人を強くして、無敵の男にしようと決めたので後悔はありません」 メジャーリーガーの妻としての心構えは、ロサンゼルス・ドジャースとニューヨーク・メッツに所属経験のある石井一久さん(45才・元投手)の妻で、同じくアナウンサーの木佐彩子さん(47才)から教えを乞う。石井さんと菊池投手は埼玉西武ライオンズで同僚だった。「彩子さんには引っ越しのことも相談にのってもらいました。よくお会いするのですが、『仲よしだね』と言われます」 そして、シアトルでは夫の憧れの人でもあるイチロー選手(45才)とも対面した。「主人の記者会見の後、夫婦そろってご挨拶させていただきました。イチローさんはその場の雰囲気がパッと明るくなるようなお人柄で、気さくに話しかけてくださったことがすごくうれしかったです。憧れのかたとお話しできて彼も夢のようだと喜んでいました」 メジャーリーガーの妻として送るアメリカ生活は、不安よりも楽しみの方が強い。「あちらには婦人会があり、主な活動はチャリティーなんですが、早くそれに参加したいです。私は高校時代から、ボランティアで近くの老人ホームで童謡を歌う活動をしていましたが、チャリティー活動をできるのが今からすごく楽しみです」 現在、深津さんのお腹には新しい命が宿り、夏には家族が増える。「妊娠がわかった時は、主人も目を大きくして喜んでくれました。うれしいことがあると、目が大きくなるんですよね(笑い)」 夫の家族とも仲がよく、LINEでグループを作り、健診のたびに写真を送ったりしているそう。「主人は兄・姉・妹の4人きょうだいなんですが、岩手の家族からサプライズで、寄せ書きとアルバムをもらいました。アルバムは主人の小さい頃からの成長の過程を辿れるようになっていました。家族全員のメッセージも書かれていて、すごく感動しました」 妻、家族の愛に支えられ強さを増す菊池投手。今年の開幕戦は日本で行われ、イチロー選手とともに凱旋を果たす予定だ。その活躍を全世界が見守っている。※女性セブン2019年3月28日・4月4日号
2019.03.20 07:00
女性セブン
菊池雄星の妻・深津瑠美アナ「主導権は主人、亭主関白です」
菊池雄星の妻・深津瑠美アナ「主導権は主人、亭主関白です」
 この1月にシアトル・マリナーズと、最大で7年総額120億円の大型契約を結び、連日のようにその動向が報道される菊池雄星投手(27才)。そんな菊池投手を支えるのが妻でフリーアナウンサーの深津瑠美さん(32才)だ。 深津さんと菊池投手の出会いは2015年。MLB(メジャーリーグベースボール)のニュースを紹介する『ワールドスポーツMLB』(NHK-BS1)のキャスターを務めていた深津さんに菊池投手が一目ぼれ。知人を介して知り合い、菊池投手の猛アタックの末、交際がスタートした。 半年の交際を経て2016年、深津さんの誕生日である6月24日にふたりは入籍した。 深津さんは、両親、3才下と4才下の妹の5人家族。どちらかといえばスポーツとは無縁で、合唱団の活動に夢中な文系少女だった。それもあって、プロ野球選手の妻になることに、家族は心配な思いがあったという。「3姉妹の中でも、私は自由奔放なタイプ。だから、両親から常に心配されていました。特に母は心配していたようですが、1日でも長くプロ野球選手として現役生活を送ってほしいので、私も覚悟を決めました。 以前読んだ、松下幸之助さんの奥様・むめのさんの生涯が綴られた本の中に“内助の功”を示す記述があって、夫が開発しているソケットに必要な部品のかけらを関連工場の近くのゴミ捨て場から拾ってきて渡すシーンがすごく印象に残っています。夫のために尽くすむめのさんの姿に感銘を受け、そのくらいの覚悟が必要だと思ったのです」(深津さん・以下同) そのため、アスリートに必要な栄養バランスのとれた食事を作るためのスポーツ栄養に関する資格もとった。 また、プロ野球選手の妻として心がけていることがある。「私ができることは、おいしいご飯を作って笑顔で迎えること。あとは、勝っても負けても『おかえり』は同じトーンにしています。私は一喜一憂せずに、いつもニコニコしていることがいちばんだと思っています」 メジャー行きが決まって以来、ふたりで英会話スクールに通い、レッスンを受け続けている。英語に関しても深津さんがサポートする。「私は帰国子女ではありませんが、実家が留学生を受け入れるホストファミリーだったため、自然と英語が身につきました。 主人はまるで受験生のように朝・晩2時間ずつ勉強して、わからないことがあると、すぐにしるしをつけて『これ、どうしたらこんな言い回しになるの?』と聞いてきます。わからないものをそのままにするのが嫌なタイプで、その姿勢は野球に通ずるものがあると思います。体作りに関する知識は広く深くて、まるで博士のように詳しいんですよ」 そうした肉体的なケアの一端を深津さんが担っている。「3才下の妹が管理栄養士なので、彼女から栄養に関するアドバイスを受け、食事を作っています。 また、ラジオ波を介して体の深部を温める機械があって、その使い方についてトレーナーさんから指導を受けました。主人から要望があった時、そのケアを私がしています」 互いを「ゆうくん」「瑠美さん」と呼び合うが、すべての決定権は菊池投手にあるという。「年上だから私が決めているんじゃないか、と驚かれることもありますが、主導権は主人です。私はそれに従うだけ。意外と亭主関白なんです(笑い)」 出かける時の服装も菊池投手が決めるそうだ。「『今日はこれがいいんじゃない?』と言われたものを着ますね。私はネイビーなど落ち着いた色を選んでしまいますが、主人はパステルカラーのワンピースとかそういうのを選んでくれます。きっと好みがあるんでしょう(笑い)」 家事全般をはじめ家のことはすべては深津さんがやり、菊池投手が思う存分、野球に集中できる環境を作ることを夫婦の決めごととしている。「高校時代から登板前にはトイレ掃除をするというルーティンがあって、それだけは主人がやっています」 新天地となるアメリカ・シアトルの家はふたりで決めたが、契約金のことなどには彼女は口を出さない。「契約の時に同席した方がいいんじゃないかと主人から言われましたが、つわりがピークだったこともあり、同席はしませんでした。後から報道を通じて知るくらいがちょうどいいです。それよりも『夢がかなって、ここからがスタートだね。さらに頑張ろうね』という話をしました」撮影/浅野剛※女性セブン2019年3月28日・4月4日号
2019.03.17 07:00
女性セブン
菊池雄星の妻・深津瑠美アナ、花巻東監督の言葉で意識変化
菊池雄星の妻・深津瑠美アナ、花巻東監督の言葉で意識変化
 この1月にシアトル・マリナーズと、最大で7年総額120億円の大型契約を結び、連日のようにその動向が報道される菊池雄星投手(27才)。そんな菊池投手を支えるのが妻でフリーアナウンサーの深津瑠美さん(32才)だ。5才年上の姉さん女房である深津さんに、出会いや結婚について語ってもらった。 深津さんと菊池投手の出会いは2015年。MLB(メジャーリーグベースボール)のニュースを紹介する『ワールドスポーツMLB』(NHK-BS1)のキャスターを務めていた深津さんに菊池投手が一目ぼれ。知人を介して知り合い、菊池投手の猛アタックの末、交際がスタートした。「出会った当初は仕事に集中していて、(その仕事は)私自身がやっとつかんだ夢だったこともあり、結婚・出産よりも目の前のことで精一杯でした。それでも主人が追いかけてくれ、その一生懸命な姿に惹かれました。そして、結婚を前提に交際を申し込まれたことで、そこから、彼の夢を叶えたい、そばで支えたいと考えるようになりました」(深津さん・以下同) 菊池投手といえば岩手・花巻東高校のエースとして活躍し、2009年、埼玉西武ライオンズに入団。投手としての素質は20年に1人の逸材といわれた。 もっとも、深津さんは仕事でメジャーリーグ関連の番組を持つまで、野球のことはまったく知らず、高校時代の菊池投手のことはほとんど知識がなかった。「ドラフト後の記者会見で、メジャーに行きたい、と泣いていた姿が記憶に残っています。でも、高校時代のことはあまり知らなくて、後で義父から当時のビデオを見せてもらいました」 深津さんと出会った頃の菊池投手はけがに泣かされることが多く、プロ入り後は思うような成績が残せずにいた。「野球が好きで研究熱心だからこそ、思い悩んでいたと思います。けがで苦しんでいる時期が長く、頑張っても結果が出ないのがいちばんつらいこと。 主人にとっては高校時代がいちばん素敵な思い出で、その楽しい思い出を超えられるような活躍をしてもらいたいと思いました。高校時代、彼が大活躍していたビデオを見て、この時の輝きを取り戻してほしいと純粋に思いました」 さらに、恩師である花巻東高校の佐々木洋監督(43才)の言葉も心に大きく響いた。「出会ってすぐに、岩手に行こうと彼から言われ、ご両親にご挨拶するのかなと思っていたら、真っ先に佐々木監督と会食することになりました。 そこでいろいろとお話をさせていただき、最後に『雄星のことをよろしくお願いします』と言われて、私の意識が大きく変わりました」 半年の交際を経て2016年、深津さんの誕生日である6月24日にふたりは入籍した。 彼女との出会いで菊池投手も大きく変わっていく。精神的な強さが増し、それに伴い成績も上がっていった。彼女が心の支えになったことが大きかった。 特に、メジャーリーグの番組を担当していた頃につけていたノートがおおいに役に立った。「解説者の言葉や試合の感想をノートにまとめていたんですが、そこにメモしていたものからその時々に適した言葉を選んで彼に伝えていました。 いちばん響いたのは番組で共演していた小宮山悟さん(53才)がおっしゃっていたことでした。2016年前半、主人は思うような投球ができず悩んでいたのですが、『一球一球、どうしてそこにボールが行くのか説明できないといけない』という小宮山さんの言葉が大きなヒントとなり、救われたようです。小宮山さんといえばニューヨーク・メッツで活躍され、“精密機械”と呼ばれていた先輩投手ですから、響くものがあったんだと思います」 菊池投手はその年、12勝をマーク。プロ入り後、初の2けた勝利にのせた。撮影/浅野剛※女性セブン2019年3月28日・4月4日号
2019.03.15 07:00
女性セブン
プロ野球選手の「女子アナ妻」として勝負の時を迎えた
菊池雄星の妻・深津瑠美 メジャー婦人会も無難にこなすか
 トレードやFAなど、1年ごとに環境が変わる夫に合わせてプロ野球選手の妻たちの環境も激変する。テレビ朝日の下平さやかアナ(45)は、広島に移籍した夫・長野久義(34)を支えるべく広島に行くかどうかが注目されている。 一方、夫とともに海を渡る女子アナ妻もいる。シアトル・マリナーズに入団した元西武・菊池雄星(27)の妻、深津瑠美(32・フリー)だ。「2016年に結婚後、夫のそばでサポートに徹してきた。NHK-BSでメジャーリーグ番組のMCを担当していたこともあり、野球への理解も深い。 メジャーには、各球団ごとに選手の妻たちで構成される“婦人会”がある。チャリティーやボランティア活動など、その仕事は多岐にわたります。彼女ならきっと無難にこなすはず。英語が堪能でコミュニケーションの面でも菊池を支えることになる」(メジャー担当記者) メジャーから日本プロ野球に復帰して苦節4年。昨季6勝を挙げて見事カムバックを果たした松坂大輔(38)の妻、柴田倫世(44)の評価も急上昇だとか。「松坂がソフトバンクで日本復帰してからもボストンに残ったことが批判された時期もあった。でも本当は、たびたび日本に帰国し、右肩手術後の松坂の体調を気遣っていた。松坂はよく夫人への感謝を口にしています」(中日番記者) テレビに映らない妻たちの闘いは続いている。※週刊ポスト2019年2月1日号
2019.01.24 16:00
週刊ポスト
新妻の支えで急成長の西武・菊池 悲願の米挑戦が現実味
新妻の支えで急成長の西武・菊池 悲願の米挑戦が現実味
 プロ野球界で昨年大きな飛躍を遂げたのが、西武ライオンズの菊池雄星(26)だ。鳴かず飛ばずの時代もあったが、昨季は16勝、防御率1.97でリーグ2冠となった菊池。「飛躍のきっかけは一昨年、5歳年上のフリー女子アナ・深津瑠美(31)と入籍したこと」(担当記者)だという。「頑固者だった菊池が、コーチや女房役・炭谷銀二朗(30)の助言を聞くようになった。栄養面を考えた家庭料理の効果もあるし、家に帰ってMLBの話題で盛り上がれるのも、刺激になっているようです」(同前) NHK(BS1)の『ワールドスポーツMLB』でキャスターを務めた新妻の支えがあっての急成長。今季も活躍すれば悲願のメジャー挑戦が現実味を帯びる。※週刊ポスト2018年1月12・19日号
2018.01.08 07:00
週刊ポスト
楽天・オコエ瑠偉 家族公認の年上恋人とハワイ旅行写真
楽天・オコエ瑠偉 家族公認の年上恋人とハワイ旅行写真
 最強寒波が襲来した日本とは対照的に、1月でも真夏の陽気が味わえるハワイ。現地時間1月12日早朝のホノルル空港には、一組のアツアツなカップルの姿があった。 男性は、自らの名前の由来になったという高級ブランド「ルイ・ヴィトン」のリュックを背負った楽天イーグルスのオコエ瑠偉選手(19)。その傍らには茶髪のロングヘアの20代美女が寄り添っていた。吉高由里子に似た、おっとりした雰囲気である。「日本への帰国便の搭乗まで少し時間があったからか、2人は免税店などでお土産を選んでいました。ショッピング中はオコエ選手が女性の大きなボストンバッグをずっと持ってあげていて、彼女を大切にしているのが伝わってきました。 オコエ選手が話しかけると、彼女は声をあげて大笑いするなど、本当に仲睦まじいカップルでした」(目撃した日本人観光客) 2015年夏の甲子園で大活躍。鳴り物入りのドラフト1位で昨年、楽天に入団したオコエ。首脳陣の期待も高く、高卒新人野手としては球団史上初の開幕一軍入りを果たした。開幕2戦目には俊足を活かしてプロ初盗塁を決め、6月にはプロ初ホームランを放つ。しかし、最終的には2度の二軍落ち、打率.185、本塁打1、打点6とプロの高い壁に跳ね返されるホロ苦いルーキーイヤーとなった。 恋人とハワイを訪れたのは、大きな飛躍を誓う2年目のシーズンを前に英気を養うためだったのか。オコエの知人が語る。「2人が宿泊したのはハネムーン日本人カップルに人気のワイキキの高級ホテル・Mです。今回の旅行は、周囲にもほとんど知らせていない極秘中の極秘。それだけ2人きりの時間を大切にしたかったんでしょうね」 オコエと彼女は1月13日、成田空港に帰国。長時間のフライトの疲れからか、彼女は顔を隠すためにマスクをかけていたが、空港まで迎えにきたオコエの母親の姿を見るやマスクを外し、笑顔を浮かべて深々と挨拶した。 そして、母親が運転する車で東京郊外のオコエの実家へと向かった。ここではオコエの母方の祖父母も暮らしており、彼女は家族公認の恋人のようだ。前出の知人が語る。「彼女は一般人で、オコエより3歳年上だと聞いています。昨シーズン、力を出し切れなかったオコエを時には厳しい言葉で励まし、支えたようです」 彼女とも仲良しなオコエの母親を直撃すると笑みを浮かべながら「取材はお断わりしてまーす」というのみ。オコエの所属する楽天は、「球団としては完全にプライベートなことなので、個人に任せています」とのことだった。 プロ野球選手にとって、“姉さん女房”の存在は成功への鍵ともいえる。メジャーリーグで活躍するイチロー、田中将大、前田健太はみな年上の女性と結婚。このオフも西武の菊池雄星が5歳年上のフリーキャスター・深津瑠美と、ロッテの涌井秀章が6歳年上のモデル・押切もえと結婚した。野村克也、江川卓、落合博満、原辰徳といったかつてのスーパースターたちも“姉さん女房”を娶った。 2度の結婚がどちらも年上の女性だった400勝投手・金田正一氏がいう。「遠征の多い野球選手の場合、年上の女性の方が安心して食事面や健康面、子育ても任せられる。自分が知らないことを知っている年上の女性の方が頼りになる。試合では緊張状態が続くため、家庭では甘えられる姉さん女房がいいんだ。それに浮気にも寛大で少々のことでは騒がない(笑い)」“1億円プレイヤーになって空飛ぶ車を買う”という壮大な夢を語っているオコエ。姉さん彼女の支えで今季の大活躍を期待したい。※週刊ポスト2017年2月3日号
2017.01.22 16:00
週刊ポスト
結婚を報告した紺野あさ美アナ(公式ブログより)
紺野アナも 女子アナと野球選手のカップルが再び増加のなぜ
 元モーニング娘。でテレビ東京の紺野あさ美アナウンサーが、プロ野球・ヤクルトスワローズの杉浦稔大投手と元日に結婚したことが発表された。女子アナとプロ野球選手のカップルは一時、減っていたが、近年、再び増加中だ。昨年だけでも、こんなに――。西武の菊池雄星投手がフリーの深津瑠美アナと結婚。熱愛が報じられたカップルには、阪神タイガース・藤浪晋太郎投手とABC朝日放送ヒロド歩美アナ、巨人の小林誠司捕手とフジテレビの宮澤智アナ。西武ライオンズの金子侑司選手はミタパンことフジテレビの三田友梨佳アナとの復縁がキャッチされた。急増の背景にいったい何があるのか? 「女子アナとプロ野球選手」の最新事情を取材した。  民放テレビ局の編成担当はこう語る。 「民放地上波の試合中継がなくなったとはいえ、いまだに花形スポーツで経済的にも恵まれているプロ野球選手は女子アナたちにとって、花婿候補の格好のターゲット。スポーツ情報番組などの取材を通じて親交を深めることもあれば、テレビ局関係者を通じて知り合うこともあります。スポーツ番組などを手掛けるプロデューサーやディレクターが、大物選手に近づく”材料”として食事会に自局の女子アナを駆り出すこともありますしね」  昨年には、女子アナが取材現場であまりにも積極的にプロ野球選手に近づこうとするため、某民放テレビ局では自社の女子アナに対して、取材対象者の選手との電話番号交換を禁じる“御達し”まで出たという。「女子アナが仕事上、プロ野球選手と接する機会として多いのが、球場での試合前の練習中です。当然、現場には球団関係者やスポーツ紙の記者もおり、あまりにも態度があからさまな場合は、そういった周囲がテレビ局サイドに『試合に支障をきたす』、『取材がやりにくい』などクレームを入れるケースもあります。ただ、選手の方も、そうした女子アナのアプローチをむしろ歓迎する場合もあるので、厳しく取り締まるわけにもいかない。実際、今でも電話番号の交換などはさりげなく行われているのが実状です」(同民放テレビ局編成担当) 女子アナとプロ野球選手の結婚といえば、“王道”と言われる組み合わせだった。過去には、イチロー選手と福島弓子さん(当時はTBS)、古田敦也氏と中井美穂アナ、元木大介氏と大神いずみアナ、石井和久氏と木佐彩子アナ、高橋由伸現巨人軍監督と小野寺麻衣さんなど、枚挙にいとまがない。いずれも90年代から2000年代にゴールインしたカップルだ。2010年代に入ると、ある傾向が顕著だ。キー局女子アナとのカップルが減り、地方局の女子アナと結婚するケースが増えたのだ。「地方は東京ほどマスコミの目も厳しくないし、現場の雰囲気もほのぼのとしていて、プロ野球選手も羽根を伸ばしやすい。巨人の選手よりも、阪神やソフトバンク、日ハムの選手の方が派手に遊んでいる印象です。女子アナの方も、相手がプロ野球選手ともなれば、普段なかなかお目に掛かれない“超優良物件”。それに地方局の女子アナは社員ではなく、年契約の契約社員というケースも多く、驚くほど給料も安い。キー局の女子アナとはハングリーさが違いますよ。中には、我々記者にプロ野球選手との食事会を依頼してくるコまでいますからね(笑い)」(スポーツ紙の野球担当記者)  そしてここ数年は、90年代から2000年代のようにキー局の女子アナとプロ野球選手とのカップルが増えてきている。2014年には、広島の堂林翔太投手がTBSの枡田絵理奈アナと結婚、冒頭で挙げたように2016年を見ても、キー局女子アナとのカップルは増加傾向だ。その背景について、別の民放テレビ局編成担当はこう語る。「一時期はIT長者や会社経営者、飲食店経営者などに触手を伸ばしていたキー局女子アナもいましたが、折からの不景気もあり、プロ野球選手が再評価されている観はあります。一昔前には羽振りが良かった会社がいきなり倒産するなんてこともざらですからね。もちろん、プロ野球選手にもケガのリスクはありますが、大物選手ともなれば監督やコーチ、解説者など、引退後も新たな仕事にありつける。それに結婚後も、自分も仕事をする場合、1年間の約半分は地方遠征などで家を留守にするプロ野球選手は気を遣うこともなく、夫として最適という声もあります」  今後もプロ野球選手を巡る女子アナたちの婚活バトルはますます激しさを増しそうだ。
2017.01.15 07:00
NEWSポストセブン

トピックス

4Aに挑戦し続ける羽生結弦選手の今後はどうなる
羽生結弦、事実上の現役続行宣言「芸術性も技術も」不利なルール変更に挑む覚悟
女性セブン
バンド活動がいちばん楽しいと語っていた綾野
東京五輪のない今年も?『オールドルーキー』など夏ドラマのスタートが早くなっている理由
NEWSポストセブン
手錠監禁が行なわれたとみられる三瓶容疑者の別荘(時事通信フォト)
茨城23歳女性“手錠”監禁事件 2人を結びつけた「同人モデル」の危険な撮影実態
週刊ポスト
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
女性セブン
黒柳徹子と20年交際秘話
黒柳徹子、さだまさしと突然“共演NG”の謎 さだの鋭いジョークが原因か
女性セブン
広末がマッサージ店から出てきた
広末涼子が渋谷センター街に現れた!マッサージ受けてのんびり散歩、1人で寿司店に
女性セブン
松鳳山
人気力士・松鳳山「引退後は親方にならず退職」の裏に70歳再雇用と名跡不足の大問題
NEWSポストセブン
元タレント、アスリートから党首まで…参院選注目の女性候補者たち
元タレント、アスリートから党首まで…参院選注目の女性候補者たち
女性セブン
「ハウル・カラシニコフ」こと小川雅朝容疑者(本人の公式Twitterアカウントより)
NHKも騙されていた 淫行で逮捕「トー横のハウル」の巧みなメディア統制
NEWSポストセブン
沈黙を続ける井上陽水 16才の孫娘がデビューに向けて着々と準備か
沈黙を続ける井上陽水 16才の孫娘がデビューに向けて着々と準備か
女性セブン
眞子さまがデニム
小室圭さんの妻・眞子さん、海外メディアが「ユニフォームのようだ」と指摘する質素なファッション事情
NEWSポストセブン
井上陽水
井上陽水が進める引退への準備 個人事務所の社長は辞任、連絡が取れない状態か
女性セブン