国際情報

年金不安に怯える中国の高齢者を狙う詐欺集団の手口

中国でも高齢者を狙う詐欺が社会問題に(アフロ)

 詐欺が社会問題となっているのは日本だけではないらしい。中国の情勢に詳しい拓殖大学海外事情研究所教授の富坂聰氏がレポートする。

 * * *
 老後が心配──。日本と同じく、高齢化が進む中国に暮らす人々にとって、深刻な悩みだ。なかでも年金である。中国では「養老金」という。

 官僚や国有企業、大企業の従業員であれば、概ね養老金は支払われる。もともと、生涯給与として支払われていたものを転化したもので、十分な額か否かということを問わなければ、最低限のものは保障されている。

 あとは物価上昇との戦いだ。だが、商店やレストラン、中小零細企業の従業員は、養老金をほとんどあてにはできない。制度的には存在していても、実際には体力がなく掛け金が欠けられていないといったケースが多いからだ。

 そういう人々が頼りにしているのが民間の保険会社の用意する養老金である。そしていま、この養老金保険で問題化しているのが、リタイア間近の人々を狙った詐欺である。

 3月16日、『経済観察報』が報じた事件は、リバースモーゲージを利用した詐欺だった。リバースモーゲージとは、自宅を担保に老後の資金を手当てし、自らが死亡したときに不動産で精算する仕組みで、中国のケースもほとんど同じだ。

 だが、このケースは「房本」(権利書)を持ち出し、それを担保に借り入れをさせ、借り入れた資金を投資に振り向けさせて、高い利回りを毎月の給与のように振り込み続ける…という仕組みだった。いかにも詐欺といった話だ。

『経済観察報』が報じたケースでは、被害者が契約して間もなく、相手企業が北京市工商行政管理局朝陽分局から「経営不正常企業」としてリスティングさせたことを知るという幕切れだった。将来を心配する老人と若者が、それぞれが抱える不安心理に巧みに付け込まれる詐欺がいまの中国では増えている。

関連記事

トピックス

青汁王子こと三崎優太氏
【速報】青汁王子こと三崎優太氏、深夜に救急搬送 ファンが心配するツイート直後に
NEWSポストセブン
「沖縄には、今なお様々な課題が残されています」と、陛下は沖縄の今後についても言及された(宮内庁提供)
沖縄本土復帰50周年 昭和、平成、令和と皇室で受け継がれる沖縄への祈り
女性セブン
浅田舞がパチスロをする姿や浅田真央との腕組私服姿もキャッチ
浅田真央 固くなる姉との結びつき、父との断絶…セカンドキャリアへの不安
女性セブン
こちらに向かってポーズをとる田口容疑者(田口容疑者のインスタグラムより)
【不運すぎる真実】4630万円問題「なぜ463世帯の中で田口翔容疑者だったか」副町長が明かした背景(前編)
NEWSポストセブン
眞子さんらはたくさんの護衛を引き連れ出国していった(昨年秋)
小室夫妻への手厚い援助 渡米時は“迎えの車”、総領事館には“小室さん夫婦担当”
女性セブン
新井恵理那
BTSと新井恵理那も気を配る「芸能人とメンタルヘルス」シビアな現実
NEWSポストセブン
パチンコ店で浅田舞が目撃された
浅田真央宅に身を寄せる姉・浅田舞 GWゾロ目の日に朝イチからパチンコ店
女性セブン
4年近くにわたって“立法も質問主意書もゼロ”だった人たちは?(時事通信フォト)
4年間の活動で“立法も質問主意書もゼロ”国会議員たちの「言い分」
週刊ポスト
新しい相棒になったワンちゃんを散歩させる市村正親
市村正親 篠原涼子と離婚の寂しさか、子への愛情か 新たにボーダーコリーを家族に「離婚後も指輪」は継続
NEWSポストセブン
周到な準備の上ではじめたNYでの新婚生活は終わって帰国となってしまうのか…
小室夫妻を襲う円安&インフレ 家賃は実質5万円アップ、秋篠宮家の援助はあるか
女性セブン
河野恵子さんに2022年のあくる日、カレについて聞いた
河野景子、再婚に暗雲 交際相手ジャッキー・ウー氏が抱えるビジネス上のトラブル
女性セブン
小島瑠璃子
小島瑠璃子、後輩・井上咲楽に仕事を奪われる形に 一時活動休止で中国進出準備か
女性セブン