スポーツ

高校野球マニア芸人が伝える「ユニフォームの細かすぎる話」

高校野球芸人のかみじょうたけし

 春の選抜高校野球で熱戦が繰り広げられているが、高校野球マニアのお笑い芸人、かみじょうたけしには、各校の野球部のユニフォームについて、「細かすぎるけど伝えたい話」があるという。

 * * *
 淡路島にある兵庫県立津名高校の出身です。母校のユニフォームは、アイボリーの生地に、いわゆる“早稲田カラー”のエンジで「TSUNA」と書かれており、デザインから帽子の「T」のロゴまで高岡商業(富山)とそっくり。ですから、甲子園に“古豪感”の漂う高岡商業が登場すると、母校を応援しているような郷愁を覚えます。

 大好きな監督のひとりに、大東(島根)の嶽野正樹監督がいます。今年42歳になる僕と同級生の彼は、隠岐(島根)の監督時代の2003年に、21世紀枠で選抜に出場した経験があります。

 嶽野監督は、大東と同じような田舎町にある清峰(長崎県北松浦郡)を率いて、2006年春準優勝、2009年春に日本一になった吉田洸二監督を大尊敬しているんですね。

 実際に長崎まで足を運んで教えを請い、大東高校のユニフォームまで、左胸に漢字2文字で縦に書かれた清峰に倣おうとした。

関連キーワード

関連記事

トピックス

なぜ悠仁さまは最寄り駅近くから徒歩通学を?
悠仁さま、最寄り駅近くで送迎車降りて徒歩通学 「特別扱い求めない」ご意向か
週刊ポスト
パチンコ店で時間を過ごす浅田舞
浅田舞、パチンコ店で合計6時間のスロット打ちに居合わせた客は「スマートな打ち筋」
NEWSポストセブン
食事を受け取ってオフィスに戻る小室圭さん
小室圭さん3度め試験の詳細判明 「学歴エリートの彼なら大丈夫」エールの声
NEWSポストセブン
布袋寅泰と今井美樹が食事
今井美樹、布袋寅泰のツアーにあわせて同伴帰国 「ロンドンひとり生活」に不安か
女性セブン
プーチン大統領の体調に様々な指摘が(Getty Images=共同)
プーチン大統領の「健康不安説」 足を引きずって歩いている様子も確認
週刊ポスト
YouTubeチャンネルを開設した綾部祐二(本人の公式ページより)
ピース綾部祐二 YouTube開設も厳しい現実「ヒロミパターン」の復活はあるか
NEWSポストセブン
えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
NEWSポストセブン
「投高打低」の理由は?(写真/共同通信社)
プロ野球はなぜ「投高打低」なのか? SB千賀は「3割打者はいなくなる」と予言
週刊ポスト
三浦百恵さんはキルトを続ける
三浦百恵さん 三浦友和とのキューピッドだった「芸能界の父」と最後の別れ
女性セブン
眞子さん
眞子さんに近づくメトロポリタン美術館 狙いは皇室に受け継がれた貴重な美術品か
女性セブン
パチンコ店で浅田舞が目撃された
浅田真央宅に身を寄せる姉・浅田舞 GWゾロ目の日に朝イチからパチンコ店
女性セブン
「週刊ポスト」本日発売! 国会議員の現物「給与明細書」大公開ほか
「週刊ポスト」本日発売! 国会議員の現物「給与明細書」大公開ほか
NEWSポストセブン