ライフ

日本尊厳死協会「リビング・ウイル」の作り方と効力

延命治療をする?しない?決断の流れ

 特に重要なのは、本人の意思を文書で残しておくことだ。遺品の始末や自分の望む葬儀、墓などを記すエンディングノートを作ろうとする人ならば、延命治療の希望について記す欄に意思表示をしておくことができる。

 日本尊厳死協会は、「リビング・ウイル(終末期医療における事前指示書)」の作成を勧めている。

 日本尊厳死協会に入会登録すると、リビング・ウイルが協会で保管され、会員証で意思表示ができる。ホームページには、「終末期の延命措置の拒否」「苦痛を和らげるための緩和医療の実施」「持続的植物状態での生命維持措置の取りやめ」の3項目の意思表示を柱としたリビング・ウイルの原本がある。

「日本尊厳死協会の原本を参考に、個人で自分なりのものを作っても構いません。ただしリビング・ウイルはあくまで私的な文書で法的拘束力はなく、患者の提示を医師が無視しても違法ではありません。それでも協会の会員へのアンケートでは、リビング・ウイルを医療者に提示した患者の9割が実際に意思を尊重してもらえました」(日本尊厳死協会の江藤真佐子・事務局次長)

 より“公的”な意味合いを持つ文書として、「尊厳死宣言公正証書」を作成することもできる。

「公証役場に行けば、文書のひな型が用意してあります。公正証書を作成したい人は事前にアポイントを入れたうえで免許証やパスポートなどの身分証明書を持って公証役場を訪れて申請します。費用は1万5000円程度です」(日本公証人連合会の西潟英策・事務局長)

関連キーワード

関連記事

トピックス

誰もが推し量れない、有吉の上島さんへの深い愛
上島竜兵さん、有吉弘行からの「53万円」オメガ高級時計を装着して出演した“勝負番組”
NEWSポストセブン
佐藤浩市
佐藤浩市の役作り「どんな役でもプライベートな体験と重ねることはない」
女性セブン
義時との間に泰時を産んだ八重(新垣結衣)/(C)NHK
新垣結衣、『鎌倉殿の13人』で演じる八重の今後は? 正室登場で最期に注目
週刊ポスト
ロッチ・中岡を目撃
ロッチ中岡「ポスト出川哲朗」支えるマブダチ相方と吉本退社からの逆転人生
NEWSポストセブン
「日本はいずれ存在しなくなるだろう」の真意は?(写真/AFP=時事)
イーロン・マスク氏「日本はいずれ存在しなくなるだろう」“衝撃予言”の真意
週刊ポスト
上島竜兵さんの言葉に松本人志氏は「深い」と言っていた
上島竜兵さん追悼で涙ぐんだ松本人志「“聞いてないよぉ”は画期的」と絶賛していた
NEWSポストセブン
巨大ハプニングバー「眠れる森の美女」で押収された衣装など(時事通信フォト)
日本最大級のハプニングバーが摘発 業態そのものが「もう限界」の声
週刊ポスト
真相は…
天心vs武尊の仕掛け人RIZIN榊原信行代表「反社交際音声流出」記事に反論【前編】
週刊ポスト
悠仁さまはクラスに馴染もうとされているという(時事通信フォト)
悠仁さま「校内でも常に警護」 筑附名物行事中止で遠のく「高校デビュー」
週刊ポスト
妻・国分佐智子と歩く林家三平
国分佐智子の美貌健在「落語界一の美人妻」抱える林家三平にTikTokナンパ疑惑
NEWSポストセブン
2009年、映画『カールじいさんの空飛ぶ家』いい夫婦プレミアム試写会に出席した上島夫妻
上島竜兵さん、志村けんさん逝去後に呟くようになった「寂しさ」と家計を支えた妻・広川ひかるとの夫婦愛
NEWSポストセブン
昨年9月に復帰(写真はインスタグラムより)
深田恭子 度重なる深酒と“昼帰り”で恋人激怒、午前4時の西麻布で大げんか
女性セブン