ライフ

子供の運動離れは「IoTシューズ」で解決できるか

運動データを測定する小学生向けIoTシューズ「UNLIMITIV」(時事通信フォト)

 約一年後に迫った東京オリンピック・パラリンピック開催を前にして、世界で活躍するスポーツ選手が続々と登場する一方で、日本の子どもたちの体力・運動能力の平均値は1980年代半ばから低下傾向が続いていると言われています。ライターの小野哲史氏が、子どもの世界にも登場したIoTシューズが、体力・運動能力低下を解消するきっかけとなり得るのかについてレポートします。

 * * *
 スポーツ庁が行った調査によると、「運動をよくする子ども」と「運動をあまりしない、ほとんどしない、まったくしない子ども」の二極化が明らかになっているそうです。

 厚生労働省が長きに渡ってスポーツや運動を推進しているように、身体を動かすことが健康に密接に結びついているのは、もはや言うまでもありません。とくに成長期にある子どもにとって、運動は健全な心身を発達させる上でなくてはならないものです。

 近年、テレビゲームやポータブルゲーム機の普及、公園や空き地といった遊び場の減少などから、子どものスポーツ実施率は年々減少傾向にあります。しかし、「運動をよくする子ども」がいるのなら、「やろうと思えばできる環境はある」とも言えます。

 それにもかかわらず、「運動をあまりしない、ほとんどしない、まったくしない子ども」が多いのはなぜか。そうした子どもたちが「運動を楽しくない、好きではないと思っているから」という理由が考えられます。

 だったら楽しく身体を動かし、いつの間にか運動が好きになっている――。そんな状況を作り出そうと、バンダイが昨年12月、スマートフォンアプリと連動することで遊びながら運動能力の進化をアシストするIoTシューズ「UNLIMITIV(アンリミティブ)」の販売を開始しました。

 最近、耳にすることが多くなった「IoT(アイオーティー)」とは、Internet of Thingsの略で、モノがインターネット経由で通信することを意味します。アンリミティブは、加速度センサーを内蔵したユニットをインソールの下にセットし、シューズのつま先でトントンと地面を叩くだけで、Bluetoothによってアプリと連携するという仕組みです。

 アンリミティブのアプリには、ウォーク・ラン・ダッシュの歩数をポイント化できる「フィールドモード」と、もも上げや反復横跳び、ジャンプといった本格的な6つのトレーニングを行う「アルティメットモード」があり、貯めたポイントを使って、速さ自慢のライバルたちとバトルするというゲームを楽しむことができます。

関連キーワード

関連記事

トピックス

ヤクルトの若き主砲・村上宗隆(時事通信フォト)
ヤクルト・村上宗隆が史上最年少40号!「外れ1位」が清宮幸太郎をはるかに凌ぐ理由をスカウトが説明
NEWSポストセブン
福岡国際マラソンでは早大、エスビー時代を通じて優勝4度(写真は1983年/時事通信フォト)
瀬古利彦、恩師・中村清監督との衝撃の出会い「砂を掴み、むしゃむしゃと食べ始めた」
週刊ポスト
プロレス総選挙
今回は「プロレス総選挙」 なぜテレ朝は『○○総選挙』を放送し続けるのか
NEWSポストセブン
役者として急上昇中(時事通信フォト)
『石子と羽男』有村架純・中村倫也の間の「おいでやす小田」 名バイプレーヤーの季節到来か
NEWSポストセブン
かたせ梨乃が語る五社英雄監督「アメとムチの使い分けが上手な“父”でした」
かたせ梨乃が語る五社英雄監督「アメとムチの使い分けが上手な“父”でした」
週刊ポスト
インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
「18歳女子大生」インタビュー【第2回】吉川赳議員はホテルで「揉んじゃって御免なさい」「おじさんムラムラしちゃった」
NEWSポストセブン
背番号「12」を付けていた柴田貴広(現・大東文化大3年。撮影/藤岡雅樹)
佐々木朗希・高校3年の夏【前編】岩手大会決勝で投げた「背番号12」の思い
週刊ポスト
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
「同伴的なので」と自分の意思を伝えた吉川議員
「18歳女子大生」インタビュー【第3回】吉川赳議員から大量の「LINEメッセージと電話」
NEWSポストセブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン