ライフ

子供の運動離れは「IoTシューズ」で解決できるか

運動データを測定する小学生向けIoTシューズ「UNLIMITIV」(時事通信フォト)

 約一年後に迫った東京オリンピック・パラリンピック開催を前にして、世界で活躍するスポーツ選手が続々と登場する一方で、日本の子どもたちの体力・運動能力の平均値は1980年代半ばから低下傾向が続いていると言われています。ライターの小野哲史氏が、子どもの世界にも登場したIoTシューズが、体力・運動能力低下を解消するきっかけとなり得るのかについてレポートします。

 * * *
 スポーツ庁が行った調査によると、「運動をよくする子ども」と「運動をあまりしない、ほとんどしない、まったくしない子ども」の二極化が明らかになっているそうです。

 厚生労働省が長きに渡ってスポーツや運動を推進しているように、身体を動かすことが健康に密接に結びついているのは、もはや言うまでもありません。とくに成長期にある子どもにとって、運動は健全な心身を発達させる上でなくてはならないものです。

 近年、テレビゲームやポータブルゲーム機の普及、公園や空き地といった遊び場の減少などから、子どものスポーツ実施率は年々減少傾向にあります。しかし、「運動をよくする子ども」がいるのなら、「やろうと思えばできる環境はある」とも言えます。

 それにもかかわらず、「運動をあまりしない、ほとんどしない、まったくしない子ども」が多いのはなぜか。そうした子どもたちが「運動を楽しくない、好きではないと思っているから」という理由が考えられます。

 だったら楽しく身体を動かし、いつの間にか運動が好きになっている――。そんな状況を作り出そうと、バンダイが昨年12月、スマートフォンアプリと連動することで遊びながら運動能力の進化をアシストするIoTシューズ「UNLIMITIV(アンリミティブ)」の販売を開始しました。

 最近、耳にすることが多くなった「IoT(アイオーティー)」とは、Internet of Thingsの略で、モノがインターネット経由で通信することを意味します。アンリミティブは、加速度センサーを内蔵したユニットをインソールの下にセットし、シューズのつま先でトントンと地面を叩くだけで、Bluetoothによってアプリと連携するという仕組みです。

 アンリミティブのアプリには、ウォーク・ラン・ダッシュの歩数をポイント化できる「フィールドモード」と、もも上げや反復横跳び、ジャンプといった本格的な6つのトレーニングを行う「アルティメットモード」があり、貯めたポイントを使って、速さ自慢のライバルたちとバトルするというゲームを楽しむことができます。

関連キーワード

関連記事

トピックス

安倍元首相(時事通信フォト)
安倍元首相国葬“出来レース入札”疑惑 加計学園問題と同じ構図だった
NEWSポストセブン
Twitterに投稿されている観客席やトイレなどに捨てられたゴミ
「RIZIN」花束投げ捨て騒動の裏に観客席でのゴミ散乱問題、会場関係者が明かした「本音」
NEWSポストセブン
さくらまやさん(写真/山口比佐夫)
さくらまや、9LDK庭付き一戸建ての豪邸で語った今「まだ男の人を好きになったことがない」
NEWSポストセブン
特捜部の事情聴取を受けたという竹田前JOC会長(時事通信フォト)
五輪汚職、IOC裏工作疑惑が再燃 「元電通・元総理・旧皇族」の切っても切れない関係
週刊ポスト
坂本勇人の女性スキャンダルをTV局などが報じない理由は?(時事通信フォト)
坂本勇人の女性問題 箝口令が敷かれなくても報じない大メディア、巨人との歪な関係
週刊ポスト
映画界に大きな衝撃を与え続けたゴダール監督
ゴダール監督が選んだ「安楽死」 本来必須の「4要件」の診断は満たされていたのか
NEWSポストセブン
そう簡単に延期はできない事情とは?(時事通信フォト)
大関・正代 連敗地獄の本場所後に「昇進披露パーティー」延期できない事情
週刊ポスト
ゆったりな着こなしを見せる夏帆
夏帆「幼い顔で8頭身の美ボディ」気になる“ベタ惚れ俳優”との恋路
女性セブン
小室佳代さん第二の金銭トラブル1600万円「貢いだお金」は取り戻せるのか 弁護士の見解
小室佳代さん第二の金銭トラブル1600万円「貢いだお金」は取り戻せるのか 弁護士の見解
NEWSポストセブン
ボーダーのロングTシャツが印象的な天海祐希
天海祐希「共演者が飲み歩いても我関せず」地方公演後のプロ意識
NEWSポストセブン
玉鷲
玉鷲の優勝でNHKの相撲中継に映らなかった豪華すぎる副賞 少しずつ数が減っている理由とは
NEWSポストセブン
「週刊ポスト」本日発売! 旧統一教会汚染で「自民67議席減」ほか
「週刊ポスト」本日発売! 旧統一教会汚染で「自民67議席減」ほか
週刊ポスト