ライフ

子供の運動離れは「IoTシューズ」で解決できるか

 さらに、学年別や地域別、あるいは全体などのランキングで、自分の実力をチェックしたり、「フレンド登録」をして仲間内での自分のポジションを確認できたりします。そうしたハイテクな機能を備えながらも、3,900円(税抜き)という比較的低価格に設定されているのが、アンリミティブの魅力です。

 群馬・高崎市で子どもや大人を対象にランニング全般を指導している上州アスリートクラブの白水正昭理事長は、「アンリミティブのようなIoTシューズは、子どもの”運動離れ”を解決する一助となり得る」と話します。

「外に出るのが面倒くさい、家でゲームしてる方がいい……というお子さまや、子どもにどのように外遊び(運動)をさせたらいいかと悩んでいらっしゃる親御さんには、IoTシューズが運動を身近なものにする救世主になるかもしれません。アンリミティブは外遊びに行けばポイントが獲得でき、そのポイントでゲームができる。『ゲームをするために走る』という動機づけも一つの方法だと思います」

 IoTシューズは、他にも今年1月に、ナイキが専用アプリで靴のフィット感を自在に調整できるバスケットボールシューズ「ナイキ アダプト BB」を発表しています。ボタンひとつでシューズの締め付けを調整できたり、プレイ中も自分好みのフィット感を維持できるといった機能は、近未来的なシューズを感じさせ、子どもはもちろん、大人も同じように興味をそそられるのではないでしょうか。

 禁煙や禁酒、ダイエットなどが長続きしない大人が少なくないように、苦手なことを続けるというのは子どもにとっても大変なことです。スポーツをしよう、身体を動かそうと言っても、運動が好きではない子どもは、その時点で一歩を踏み出すことができません。

 そこで「ゲームをしてみたい」「カッコイイ靴を履きたい」という欲求を入口として、いつの間にか子どもが身体を動かしているという状況に持っていく。それによって運動をあまりしなかった子どもが少しでもするようになる流れを作れるはずです。

 運動をしている時間はきつく、苦しさが伴います。苦手な人ほど、「きつい、苦しい」がよりクローズアップされ、大きな壁となって立ちはだかります。それでもジョギングなどで運動不足を解消したいと考える大人は、IoTデバイスを用いて走ることを楽しんだり、苦しいときの気分を紛らわせたりしています。運動した成果はスマートフォンなどで数値として確認できますから、モチベーションを維持し、目標に向かってさらに頑張りやすくもなります。そう考えれば、子どものIoTシューズもなんら否定する理由はありません。白水理事長はこうも言います。

「子どもに運動の習慣化ができたら、地域のクラブなどに入会して好きなスポーツを習わせる。そういう流れができたら理想的ですね。IoTシューズは、子どもが運動を好きになるきっかけを作ってくれると思います」

 まずは運動を身近なものにし、日常化・習慣化することから始まります。運動を始める“入口”として、アンリミティブのようなIoTシューズは大きな効果を期待できるのではないでしょうか。

関連キーワード

関連記事

トピックス

京都の街を歩く舞妓のイメージ(写真/イメージマート)
元舞妓の〈16歳飲酒〉〈お風呂入り〉告発に、花街関係者も衝撃「未成年飲酒には厳しく対応しているはず」
NEWSポストセブン
注目を集めるNHK吉岡真央アナ
「ポスト和久田麻由子アナ」候補のNHK吉岡真央アナ 替え歌ダンスで“キャラの強さ”際立つ
週刊ポスト
前田敦子と篠田麻里子の女子会姿をキャッチ
前田敦子、篠田麻里子と六本木で4時間半女子会 元夫・勝地涼との関係は良好に
女性セブン
渡部
アンジャッシュ渡部建「応援の声」が増加 本格復帰は「グルメ路線」が現実的か
NEWSポストセブン
吉田拓郎(右)が、“同期”の小田和正と歴史的コラボ
吉田拓郎 ラストアルバムで小田和正と“歴史的コラボ”を実現させた狙い
週刊ポスト
謎めいたバッグを持つ広末涼子
広末涼子、“破壊力強すぎ”コーデは健在「背中に蜘蛛」私服に続き目撃された「謎バッグ」
NEWSポストセブン
小泉を「ネエさん」と慕う満島(右)
ドラマで共演の満島ひかりと小泉今日子 意気投合した“私が男に飽きる時”
女性セブン
有権者に選ばれて当選したわけではない比例復活議員の中には…(時事通信フォト)
パパ活飲酒・吉川氏だけじゃない「比例復活ゾンビ議員」たちの不適切行為
週刊ポスト
結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン
氷川きよしの買い物を目撃
氷川きよしが庶民派スーパーに!“圧倒的なオーラ”と“無駄のない動き”に感動
女性セブン
なぜ小室圭さん・眞子さん夫婦にこだわるのか?(時事通信フォト)
小室圭さん・眞子さん夫婦を追い続ける英紙「デイリー・メール」執念の源泉
週刊ポスト
吉川赳・衆院議員は執拗に“悪あがき”を…(写真は騒動の夜)
パパ活飲酒・吉川議員の“悪あがき” 女子大生のバイト先に押しかけていた
週刊ポスト