国内

坂東眞理子氏「たしなみは人におしつけられるものではない」

『女性の品格』から12年。『70歳のたしなみ』(小学館)を上梓した坂東眞理子氏

〈70代というのは新しいゴールデンエイジ…人生の黄金時代である〉。

 330万部超のベストセラー『女性の品格』(PHP新書)著者・坂東眞理子さんの新著『70歳のたしなみ』(小学館)は、私たちが持っている人生観、年齢感覚を一変させる力強い言葉で始まる。

 人生100年時代が現実となった今、かつての人生70年時代と同様、晩年意識で高齢期を過ごしていいのか。中高年の皆さんにこそ読んでほしい、後半生を幸せに生きるための至言を坂東さんに聞いた。

 作家の五木寛之さん(86才)も近著で自身が歩んできた道程を振り返り、人生100年時代に50~75才あたりまでを人生の白秋期とするならばその季節は晩年ではない、むしろ人生の収穫期であると綴っている。

 そんな五木さんは70才の時に『五木寛之の百寺巡礼』の企画を受け、3年かけて全国の百寺を踏破した経験を持つ。

「70から百寺を巡るというのは素敵ですね。知人が日本百名山に登ると聞いて、いきなり山登りに挑戦するのはハードルが高いかなと躊躇してしまうけれど、お寺ならこれからでも挑戦できるかもしれないと、意欲がわきます」

 登山は体力的にも尻込みしてしまうけれど、お寺巡りならできるかもしれない、やってみたいと、今の自分が「できること」を見つけて新しい挑戦に心を躍らせる。その柔軟性と心意気が気持ちを若返らせて、70代の坂東さんを生き生きと輝かせているのではないだろうか。

「先日、川崎(神奈川)で講演を頼まれた時にいつもは東海道本線を使うところを小田急線と南武線で行ってみたんです。すると、川崎といえば北は高級住宅地、南は工業地帯といわれていたけれど、車窓から眺める景色はその通りで、なるほどと感心したんです。通過する武蔵小杉では高層ビルがこんなにも多いのかと驚き、日常でもいつもと違う路線に挑戦するだけで、数々の発見がありました。

 これは小さな例ですが、70になっても行ったことがない場所、やったことがないことはたくさんあるものです。『このルートしか使わない』『私はこういう人間だから』と、自ら世界を狭めてはもったいないですよね」

 思い通りに事が運ばなくても受け流せる余裕も大人だからこそ。

関連キーワード

関連記事

トピックス

今後の作品にも期待が高まる(2022年12月、東京・千代田区。写真/宮内庁提供)
愛子さまの溢れる文才 小学校の卒業文集と中学1年で書かれた短編小説を全文掲載
NEWSポストセブン
【アニマルな一面】鈴木京香「ヒョウ柄を履いて」54才でも圧巻の美スタイルの理由
【アニマルな一面】鈴木京香「ヒョウ柄を履いて」54才でも圧巻の美スタイルの理由
NEWSポストセブン
Aさん(左)と逢瀬を重ねる桂雀々
上方落語の爆笑王・桂雀々に「所属事務所社長とW不倫」を直撃 「最高のパートナーなんです」
週刊ポスト
宮崎あおい
宮崎あおいシースルートップスから早着替えで「ママの顔」芸歴33年目の凄み
NEWSポストセブン
フォロワーは
【極寒のへそ出し写真】日本一のティックトッカー景井ひな「あり得ない私服姿」フォロワー1000万のど根性
NEWSポストセブン
三浦瑠麗氏の夫のトラブルは他にも(写真/共同通信社)
三浦瑠麗氏、詐欺容疑で家宅捜索された夫の会社にもう1つのトラブル 太陽光発電所建設に地元住民困惑
週刊ポスト
焼肉店を訪れた中川大志
【キュート写真公開】中川大志「おでこ全開で」庶民派過ぎる打ち上げ、橋本環奈も惚れるイノセントイケメン
NEWSポストセブン
紀子さまを悩ます新たなトラブル 実弟のビジネスパートナーがRIZIN代表への恐喝容疑で逮捕
紀子さまを悩ます新たなトラブル 実弟のビジネスパートナーがRIZIN代表への恐喝容疑で逮捕
女性セブン
最近は韓流アイドルにハマっているという
君島十和子の長女・蘭世惠翔が宝塚退団 男役から娘役に転向“わずか数cm”の身長差が影響か
女性セブン
2021年9月、夜の新宿区立大久保公園周辺。客を待っていた女性と付き添う私服捜査員(時事通信フォト)
街歩き動画が人気だが、一部の過激な配信者に追い詰められる人たちもいる
NEWSポストセブン
夫の清志氏(右)と仲睦まじく自宅近所の公園を散歩
三浦瑠麗氏、夫の投資トラブルで家宅捜索 豪華私生活は超高級タワマンと軽井沢の「二拠点」
女性セブン
いじめ事件で亡くなった
《旭川14歳女子中学生いじめ事件》ツイッターで遺族の母親を誹謗中傷したアカウント「きなこもち」を特定
NEWSポストセブン