• TOP
  • ビジネス
  • 花王アタック ゼロ、大容量&節水洗濯の増加を受け開発

ビジネス

2019.04.13 07:00  女性セブン

花王アタック ゼロ、大容量&節水洗濯の増加を受け開発

低温度や少量の水での洗濯でも汚れを落とすことができる

 花王から登場した『アタック ゼロ』は、「落ちにくい汚れゼロ」「生乾き臭ゼロ」「洗剤残りゼロ」を実現した今までにない洗濯用洗剤だ。過去最大規模のモニター調査と10年間の研究による画期的な界面活性剤によって、洗濯用洗剤の新たな時代が始まろうとしている──。

『アタック ゼロ』の開発が始まったのは、2014年のこと。現在、そしてこれからのライフスタイルに即した「未来の洗剤を作ろう」というかけ声のもと、2800人に及ぶ超大規模のモニター調査を実施。洗濯シーンだけでなく、生活そのものにまで幅を広げ、どんな洗剤が求められているのか調査を行った。

 そこで見えてきたのは、忙しい共働き世帯が増え、洗濯の回数が減ったことで一度にたくさんの洗濯物を洗う家庭が増えたこと。そして、大容量・節水タイプの洗濯機が登場し、少ない水で大量の洗濯物を洗う家庭が増えてきたということだった。

 また、保温性や形状記憶などさまざまな機能をもつ化学繊維の衣類が増えたというのも特徴的だった。実は、化学繊維についた汗などの皮脂汚れは木綿に比べて落ちにくく、蓄積するとにおいや黒ずみの原因にもなるのだ。

 これらの問題を解決するのは、なんといっても高い洗浄力。「なんとなく落ちていればいい」という妥協を一切許さず、落ちにくい汚れを簡単に落とし、生乾き臭や洗剤残りをゼロにすべく、開発研究が進められた。その中で大きな役割を果たしたのが、同社が10年前から研究を進めていた新しい界面活性剤「バイオIOS」だ。

 界面活性剤は通常、油になじみやすい「親油基」と水になじみやすい「親水基」を併せ持ち、親油基の部分で油に吸着し、親水基の機能で水中に油を引き離すことで汚れを落とす。界面活性剤は油なじみがよいと洗浄力が高くなるが、その分、水に溶けにくくなるので洗濯には向かない。このジレンマを両立させて洗浄力を上げたのがバイオIOSだ。

 このバイオIOSが速やかに水に溶け、繊維の汚れに働きかけるので、繰り返し使うことで効果がアップし、衣類をよみがえらせ、清潔な状態に保ってくれるのだ。

 さらに、より少ない水量で洗濯物を洗うドラム式洗濯機は、一度落ちた汚れが再び付着しやすいが、「節水対応ポリマー」を配合することで、再汚染を防止することに成功した。

 実際に『アタック ゼロ』を使った先行モニター調査でも、「使って数回目で洗濯物が白くなってきているのを実感できた」という喜びの声や、「柔軟剤の効果が高まった」という反応もあった。洗浄力が高い分、柔軟剤の感触や香りという効果も発揮されやすくなるというわけだ。

 同社はこの春、従来製品のアタックNeoシリーズの販売を順次終了し、『アタック ゼロ』に切り替えていく。ぜひ手にとって洗濯用洗剤の新しい時代の幕開けを実感していただきたい。

※女性セブン2019年4月25日号

コメント 0

SNSでNEWSポストセブンをフォロー

  • LINE:友だちに追加
  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

関連記事

トピックス