ライフ

尿の飛散を防止する温水便座他、超進化する掃除家電の数々

おしっこが飛び散らないトイレ

 今年のGWは10連休とあって全国各地の大混雑は必至。せっかくの大型連休で疲れ果てるより、普段できないこと──自宅の掃除に挑戦しようと考えている人は多いようだ。『週刊ポスト』読者806人が回答した「GW中にやろうと思っていること」アンケート結果でも、第2位の「旅行」を抑えて、「掃除、片付け」が第1位に輝いた。

 最近の掃除家電の進化は驚くほどで、便利で使い勝手のいい製品が揃っている。家電ライター・藤山哲人氏が最新情報を解説する。

「お勧めなのがコードレス掃除機です。煩わしい電源コードがなくなっただけでなく、バッテリーが長持ちするようになってとにかく便利。パイプが曲がり、家具の下も簡単に掃除ができます。また泡を発生させて尿の飛散を防止する温水便座など、著しい進化を遂げています」

 バッテリーが長持ちするようになったコードレス掃除機の代表格が「RACTIVE Air EC-AS710」(シャープ)。一見すると一般的な掃除機のように見えるがコードレス。6年間使える長寿命のバッテリーで最大60分の使用が可能となっている。世界最軽量の軽さも人気のひとつだ。

 また、藤山氏が言う温水便座とは「泡コートトワレ DL-AWM400(パナソニック)」のこと。市販の食器洗い洗剤を充填し、便器に噴射する泡の力でトイレを汚れにくくする温水便座だ。男性が立って用を足しても飛び散りを抑えることができるのが大きな特徴で、便器自体の汚れを防止するだけでなく、トイレの床の汚れ防止機能もある。

 掃除は室内だけとは限らない。外回りもすっきりさせたい。

関連キーワード

関連記事

トピックス

アナウンサーを射止めるのが上手いのでは…
『新・信長公記』は“何でもあり” 時代劇研究家も驚いたポイントとは?
NEWSポストセブン
橋本愛『家庭教師のトラコ』 遊川和彦氏による立体的脚本の「着地」は決まるのか
橋本愛『家庭教師のトラコ』 遊川和彦氏による立体的脚本の「着地」は決まるのか
NEWSポストセブン
1985年のニュージーランド合宿(写真提供/瀬古氏)
「技術の話はほとんどなし。9割以上が精神論」瀬古利彦が見た名伯楽・中村清の指導法
週刊ポスト
ホームランの“確信歩き”もサマになるヤクルト・村上宗隆(時事通信フォト)
ヤクルト・村上宗隆が「外れ1位」でも大活躍! その心理を“経験者”の元阪神・遠山奬志氏が解説
NEWSポストセブン
バックヤードツアーで貴賓室が公開される予定の東武浅草駅(写真:小川裕夫)
鉄道駅に設置されてきた貴賓室 記録されぬまま廃止になるケースも
NEWSポストセブン
五社英雄監督について実娘の五社巴さんが振り返る(C)五社プロダクション
没後30年、五社英雄監督 娘が振り返る「常識では考えられないほどの仕事量」
週刊ポスト
インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
「18歳女子大生」インタビュー【第2回】吉川赳議員はホテルで「揉んじゃって御免なさい」「おじさんムラムラしちゃった」
NEWSポストセブン
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン
「同伴的なので」と自分の意思を伝えた吉川議員
「18歳女子大生」インタビュー【第3回】吉川赳議員から大量の「LINEメッセージと電話」
NEWSポストセブン