芸能

俳優とハグ報道の峯岸みなみ 世間の声はなぜ彼女に厳しい?

細貝は峯岸の頬に手を寄せ…

 AKB48に在籍する唯一の1期生・峯岸みなみが、またしても男性との“現場”をキャッチされた。峯岸は2013年、EXILEのメンバー・白濱亜嵐との“お泊まり”を週刊文春に報じられ、頭を丸坊主にして大騒ぎになった。あの時は反省の深さを行動で示したが、あれから6年が経ち、今度は男性とのハグの一部始終を撮られてしまった。

 4月18日にNEWSポストセブンが配信した「峯岸みなみ 共演俳優と深夜のハグ、翌週は青汁王子と…」という記事によれば、峯岸は舞台で共演した関係者との会食の後、同席した俳優の細貝圭と2人きりになると、顔を寄せ合ったりハグしたりと、15分ほどイチャイチャ。細貝と別れたのは深夜1時で、そのまま帰宅するかと思いきや、別のイケメン男性2人組と合流した。さらに峯岸はその1週間後、六本木のクラブに姿を表し、青汁商品の会社を経営し、年収10億円を超えるセレブの“青汁王子”こと三崎優太氏と仲むつまじく話していたという。

 この件に関してネットには、

「どちらかと言えば、恋愛禁止を掲げている方が問題かと思うよ」
「人を好きになって恋心が芽生えるのは、自然な感情だと思うよ。
もう、無理にアイドル続ける必要ないだろうし、自分の感情に従って生きて良いような気がする」

 と、峯岸の肩を持つ声もあるものの、これは圧倒的に少数派。

「イチャイチャしたいんやったら、アイドル辞めたら良いのに」
「もう恋愛してもいい年頃だし卒業したらいいと思う」
「いい大人なんだから自由に遊び、恋愛したらいい。
でも、いい大人なんだから、今の“立場”でそれが良いのか悪いのかは判断しないと」

 と、卒業を促す声が多く、

「つぎは、角刈りでお願いします」
「最初が丸坊主だったから、それを超える奇想天外なヘアスタイル、期待してるよ」

 など、前回の丸坊主を意識したコメントも目に付く。確かにAKB48は恋愛禁止をうたうグループだが、峯岸はすでに26歳。もう少し寛容な声があっても良さそうなものだが、なぜ世間は峯岸にかくも厳しいのか? ベテラン芸能記者の石田春男氏はこう分析する。

「最大の理由は、やはり『2度目だから』です。AKBでは過去に恋愛が発覚、ないしは疑惑が報じられた際、グループを辞めさせられたメンバーがいるかと思えば、謹慎で済むメンバーがおり、完全にスルーされた例もあります。峯岸は丸坊主という手段で“クビ”を回避したにもかかわらず、また同じようなことをやらかした。だから“あれだけ反省していたはずなのに”と、多くの人が思ったのでしょう。

 ただ、もう1つの理由としてNGT問題があげられます。運営側が納得のいかない説明を繰り返し、ファンの不信感が募っていたタイミングで、最古参メンバーがルールを破って男性と遊んでいたことがわかりました。運営の管理能力を問う声があがるとともに、グループのルールを一番よく知っているはずの峯岸に非難が寄せられるのは当然です」(石田氏)

 峯岸は18日、ツイッターを更新し、「沢山の方に不快な思いをさせてしまい申し訳ありませんでした」「自分の置かれている状況に感謝し、責任を持ち、これからも精進していきたいと思います」と、謝罪のコメントを出した。。今やAKBメンバーで出世頭となった指原莉乃の卒業コンサートはもう間近(4月28日)だが、峯岸も卒業へ突き進むのか──。

関連記事

トピックス

精力的に公務に向き合っている佳子さま(時事通信フォト)
佳子さま「お忍び愛報道」に、宮内庁関係者「警備は十分だったのか」と心配する声
NEWSポストセブン
あびるが“母”と慕った和田アキ子は何を思う
あびる優の第2子出産「絶対に知られてはいけない」極秘に進めたレギュラー番組欠席とインスタ工作
NEWSポストセブン
有村架純(プロフィール写真)
人気女優CMギャラリスト 『あまちゃん』出身・有村架純は8年前から4000万円増、のんは“算定不能”で分かれた明暗
NEWSポストセブン
帰国することとなるのか…
小室圭さん、3回目不合格なら日本の法律事務所復帰も 帰国を望まない眞子さんとのすれ違い
女性セブン
X社が開発を進める宮古島の土地。1200坪は東京ドームと同じ広さだ
大野智、宮古島巨大リゾートビジネス 信頼を寄せるパートナーとの関係に周囲の心配
女性セブン
極秘出産していたことでさまざまな意見が飛び交っている
【先出し全文公開】あびる優、極秘出産の内幕 前夫の才賀紀左衛門には知らせず「独身フリー、やっぱり楽だよ」
女性セブン
羽生結弦、YouTube練習生配信で会場にファン詰めかけるトラブル マナー悪化に懸念
羽生結弦、YouTube練習生配信で会場にファン詰めかけるトラブル マナー悪化に懸念
女性セブン
(時事通信フォト)
安倍元首相の国葬に思うこと 60代女性記者が改めて考える「美しい国、日本」
女性セブン
ロコモコ丼もペロリとたいらげるという桐谷
桐谷美玲 ”ロコモコ丼2人前をペロリ”子育てと仕事の両立を支える「旺盛すぎる食欲」
NEWSポストセブン
東海オンエアのてつや・きりたんぽ・峯岸みなみ(写真/時事通信フォト)
峯岸みなみが結婚報告、お相手・東海オンエアてつやとの「キス動画」流出で活動休止のきりたんぽにさらなる同情が集まった理由
NEWSポストセブン
勤務するオフィスに向かう小室圭さん
小室圭さん、すでに「年収1600万円超え」報道の背景 転職サイト給与情報の“罠”
NEWSポストセブン
平手友梨奈と竹内涼真
平手友梨奈の演技に竹内涼真が気遣い 『六本木クラス』撮影現場の和気あいあい
NEWSポストセブン