細貝圭一覧

【細貝圭】に関するニュースを集めたページです。

細貝は峯岸の頬に手を寄せ…
俳優とハグ報道の峯岸みなみ 世間の声はなぜ彼女に厳しい?
 AKB48に在籍する唯一の1期生・峯岸みなみが、またしても男性との“現場”をキャッチされた。峯岸は2013年、EXILEのメンバー・白濱亜嵐との“お泊まり”を週刊文春に報じられ、頭を丸坊主にして大騒ぎになった。あの時は反省の深さを行動で示したが、あれから6年が経ち、今度は男性とのハグの一部始終を撮られてしまった。 4月18日にNEWSポストセブンが配信した「峯岸みなみ 共演俳優と深夜のハグ、翌週は青汁王子と…」という記事によれば、峯岸は舞台で共演した関係者との会食の後、同席した俳優の細貝圭と2人きりになると、顔を寄せ合ったりハグしたりと、15分ほどイチャイチャ。細貝と別れたのは深夜1時で、そのまま帰宅するかと思いきや、別のイケメン男性2人組と合流した。さらに峯岸はその1週間後、六本木のクラブに姿を表し、青汁商品の会社を経営し、年収10億円を超えるセレブの“青汁王子”こと三崎優太氏と仲むつまじく話していたという。 この件に関してネットには、「どちらかと言えば、恋愛禁止を掲げている方が問題かと思うよ」「人を好きになって恋心が芽生えるのは、自然な感情だと思うよ。もう、無理にアイドル続ける必要ないだろうし、自分の感情に従って生きて良いような気がする」 と、峯岸の肩を持つ声もあるものの、これは圧倒的に少数派。「イチャイチャしたいんやったら、アイドル辞めたら良いのに」「もう恋愛してもいい年頃だし卒業したらいいと思う」「いい大人なんだから自由に遊び、恋愛したらいい。でも、いい大人なんだから、今の“立場”でそれが良いのか悪いのかは判断しないと」 と、卒業を促す声が多く、「つぎは、角刈りでお願いします」「最初が丸坊主だったから、それを超える奇想天外なヘアスタイル、期待してるよ」 など、前回の丸坊主を意識したコメントも目に付く。確かにAKB48は恋愛禁止をうたうグループだが、峯岸はすでに26歳。もう少し寛容な声があっても良さそうなものだが、なぜ世間は峯岸にかくも厳しいのか? ベテラン芸能記者の石田春男氏はこう分析する。「最大の理由は、やはり『2度目だから』です。AKBでは過去に恋愛が発覚、ないしは疑惑が報じられた際、グループを辞めさせられたメンバーがいるかと思えば、謹慎で済むメンバーがおり、完全にスルーされた例もあります。峯岸は丸坊主という手段で“クビ”を回避したにもかかわらず、また同じようなことをやらかした。だから“あれだけ反省していたはずなのに”と、多くの人が思ったのでしょう。 ただ、もう1つの理由としてNGT問題があげられます。運営側が納得のいかない説明を繰り返し、ファンの不信感が募っていたタイミングで、最古参メンバーがルールを破って男性と遊んでいたことがわかりました。運営の管理能力を問う声があがるとともに、グループのルールを一番よく知っているはずの峯岸に非難が寄せられるのは当然です」(石田氏) 峯岸は18日、ツイッターを更新し、「沢山の方に不快な思いをさせてしまい申し訳ありませんでした」「自分の置かれている状況に感謝し、責任を持ち、これからも精進していきたいと思います」と、謝罪のコメントを出した。。今やAKBメンバーで出世頭となった指原莉乃の卒業コンサートはもう間近(4月28日)だが、峯岸も卒業へ突き進むのか──。
2019.04.22 16:00
NEWSポストセブン
【動画】峯岸みなみ 俳優と深夜1時のハグ、そして別のイケメンと…
【動画】峯岸みなみ 俳優と深夜1時のハグ、そして別のイケメンと…
 峯岸みなみさんと俳優の細貝圭さんが、深夜の路上でハグする姿をキャッチしました。【↑ 上の写真クリックで動画へ】
2019.04.21 07:00
NEWSポストセブン
細貝は峯岸の頬に手を寄せ…
峯岸みなみ 共演俳優と深夜のハグ、翌週は青汁王子と…
 肌寒い深夜にもかかわらずアツい抱擁を見せる1組のカップル。閑散とした都心の駅前タクシー乗り場で、長身の男性は女性の髪を優しくなで、頬に顔を寄せる──。 女性はAKB48の峯岸みなみ(26才)、男性は俳優の細貝圭(34才)だった。同じ事務所に所属するふたりは、舞台『ミュージカル ふたり阿国』(3月29日~4月15日、東京・明治座)で共演。この日は舞台を終え、関係者たちと食事会に向かった。それぞれ帰途につく中、峯岸と細貝は話に花が咲いているのかなかなか帰らない。いつのまにかふたりきりになると、細貝は峯岸に顔を寄せたり、軽くハグしたり…。お酒もまわっているのかふたりの頬は赤い。 15分ほど身を寄せ合っていたふたりだが、細貝は手を振りながらタクシーに乗り込み、峯岸も次のタクシーへと乗り込んだ。時刻は深夜1時。このまま帰宅するのかと思いきや、峯岸は車中で誰かに電話をかけると次の場所へと向かった。下車したのは六本木。今度は別のイケメン男性2人組と合流し、3人は飲食店が軒を連ねる雑居ビルに吸い込まれていった。 1日に何軒も“はしご”できる豪快さは健在のようだ。峯岸は2013年にEXILEメンバーの白濱亜嵐(25才)との“お泊まり愛”を週刊文春にスクープされた後、自ら頭を丸刈りにして謝罪動画を配信し話題をさらい、AKB48の“スキャンダルクイーン”とも呼ばれていた。「まあ、昔からAKB48きっての合コンクイーンで、若いメンバーをよく誘うので運営サイドに怒られたことも何度もある。丸坊主事件以来、おとなしくしていた時期もありましたが、最近は彼女の自由にまかされているようですね」(芸能関係者) 峯岸の躍動は止まらない。細貝と“はしごの夜”から1週間後、今度は六本木のクラブにその姿があった。「クラブのVIPルームで深夜、巨人の原辰徳監督の息子さんの誕生パーティーが開かれていて、そこに峯岸さんも参加していましたよ。体のラインが見えるセクシーな白のロングワンピースを着ていて目立っていました。彼女の隣にいたのが、ニュースで話題になっていた“青汁王子”こと三崎優太さん(30才)。意外なカップルに驚きました! もともと知り合いなのか、ふたりは仲睦まじい様子で話していました」(パーティー参加者) 青汁商品の会社を経営し、年収10億円を超えるセレブな生活ぶりがメディアで取り上げられていた三崎被告は、今年2月に1億8000万円を脱税したとして逮捕。保釈保証金6000万円を払い3月5日に保釈され、現在は裁判を待つ身である。「青汁王子は昨年10月に『今夜比べてみました』(日本テレビ系)に出演した際、“峯岸みなみさんとつきあいたい”と猛烈にアピールしていました。それを聞いたMCの指原莉乃さん(26才)が“イケるイケる、今日イケる”などと笑いながら太鼓判を押していましたが、まさか実際に会っていたとは行動が早いですね」(テレビ局関係者) 細貝か青汁王子、どちらが峯岸の本命なのか。峯岸の知人が語る。「峯岸は、今回の舞台に全勢力をかけていたんですが、細貝くんはその大切な共演仲間。確かに彼は帰国子女ということもあって普通にスキンシップをするタイプですね。ただ、彼にはれっきとした本命彼女がいるそうですよ。 青汁王子も大勢で食事会をしたことはありますが、知人の1人。峯岸は“現役アイドル”ですから恋人はつくらないというルールを守っていると思います(笑い)」 峯岸は現在、AKB48の中では唯一の“1期生”だ。「前田敦子、高橋みなみ、板野友美、小嶋陽菜といったAKB48黄金期を築いた1期生は次々と卒業していった。峯岸も、“いつまで続ければいいのか”と悩んだこともあったのですが、今は50才を過ぎても現役を続けているサッカーの三浦知良選手のように“やれるところまでやりたい”という思いを強くしているそうです」(AKB48関係者) 仕事に遊びに全力投球の峯岸は、AKB48の“キング・みなみ”として、若いメンバーを牽引してほしい。※女性セブン2019年5月2日号
2019.04.18 07:00
女性セブン

トピックス

安倍政権の年金改悪路線を引き継いでいる岸田文雄・首相(時事通信フォト)
岸田政権 アベノミクスの見直し打ち出すも、安倍氏の「年金改悪路線」は継承
週刊ポスト
元TBSアナウンサーの林みなほ(オフィシャルサイトより)
元TBS・林みなほアナ離婚、インスタで匂わせていた「貧乳源一郎」との別れ
NEWSポストセブン
高橋真麻
高橋真麻「おでんの卵8個食べても太らない」女性が憧れる美スタイルの理由
NEWSポストセブン
「タレントパワーランキング」で公表された「F1層(20~34歳女性)に人気のタレントランキング」(2021年11月調査)で堂々の1位を獲得
戸田恵梨香、ファン歓喜の「仕事復帰」 夜の路上で輝いたクールビューティー
NEWSポストセブン
眞子さまの箱根旅行のお姿。耳には目立つイヤリングも(2018年)
小室圭さんの妻・眞子さん 華やかだった4年前の「箱根・女子旅ファッション」
NEWSポストセブン
元TBSの林みなほアナ(写真/時事通信フォト)
元TBS林みなほアナが離婚 TBSラジオ名物プロデューサーとの結婚生活は5年あまりでピリオド
NEWSポストセブン
小泉孝太郎 炎上必至の「古風な結婚感」明かすもバッシングされなかった理由
小泉孝太郎 炎上必至の「古風な結婚感」明かすもバッシングされなかった理由
NEWSポストセブン
米ロサンゼルスで警察官となった日本人女性YURI氏
LAポリス・YURIが7年ぶりに見た日本の姿「防犯意識の低さに驚きました」【前編】
NEWSポストセブン
小室圭さんと眞子さん
小室圭さん妻・眞子さんがNYで行きつけのスーパーから見えてきた“妻の気遣い”「日本でいえば『成城石井』」 
NEWSポストセブン
さとう珠緒が「枕営業」などについて語った(写真は2009年)
さとう珠緒が暴露した枕営業の実態「権力のない人のほうが迫ってくる」
NEWSポストセブン
ご体調への不安が募る(写真/JMPA)
雅子さまと愛子さま、“ポツンと一軒家”の孤独感 閉ざされた御所での巣ごもり生活
女性セブン
結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン