• TOP
  • ライフ
  • 埼玉愛は誰にも負けない、女優の村田綾が川越を探索

ライフ

2019.04.24 07:00  女性セブン

埼玉愛は誰にも負けない、女優の村田綾が川越を探索

女優の村田綾さんが川越を紹介

 歴史ある建物が連なる川越一番街や駄菓子屋が密集する菓子屋横丁は、小江戸と称される街。

「近年、観光客も増え、新店舗が続々登場。食べ歩きが楽しいですよ」(村田さん、以下同)

 そう語るのは女優の村田綾さん。出身はさいたま市で現在も埼玉県在住。「埼玉愛は誰にも負けない」と語るさいたま観光大使だ。現在は埼玉の魅力を広く発信するために埼玉各地を訪れ、MCやレポーターとしても活躍している。

 そんな村田さんと、川越の魅力に迫っていこう。

抹茶や芋など地元食材を使ったとろけるプリン

◆プリン専門店「川越プリン」
 昨年7月にオープンした、食べ歩きができるプリン専門店。国産の牛乳と卵を使用し、素材の旨みたっぷり。
「『河越抹茶』(420円)は、川越特産の最高級抹茶を生地に混ぜていて濃厚。底からは黒豆が! こんなプリンはじめて」

住所:川越市幸町1-13

スターバックスが川越らしい小江戸の風情に

◆スターバックス コーヒー川越鐘つき通り店
 昨年3月にオープン。店内は、『川越唐桟』の織物をあしらったベンチシートや、江戸黒漆喰や白漆喰をイメージした壁素材使用で江戸の雰囲気が漂う。テラス席では日本庭園を眺めながら風情あるコーヒータイムが過ごせる。

住所:川越市幸町15-18 

つけ麺の元祖といわれる『頑者』

つけ麺好きなら一度は訪れたい名店

◆頑者 本店
 実家が製麺所だったという大橋さんがこだわり抜いた自家製太麺と、魚介や鶏がら豚骨をブレンドしたWスープが濃厚な『つけめん』(850円)。しっかりとした麺の味がスープによく絡む。つけ麺の元祖ともいわれる名店ゆえ、行列覚悟で。リニューアル後の本店は、ラーメン店のイメージを覆す内装。檜のテーブルはまるで料亭のよう。

「濃厚で、やみつきになる味ですね」

住所:川越市新富町1-1-8

撮影/菅井淳子

※女性セブン2019年5月2日号

コメント 0

SNSでNEWSポストセブンをフォロー

  • LINE:友だちに追加
  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

関連記事

トピックス