• TOP
  • 国内
  • 大相撲とヤクザの関係 その繋がりと背景の歴史

国内

2019.05.02 16:00  週刊ポスト

大相撲とヤクザの関係 その繋がりと背景の歴史

元大関の琴光喜(時事通信フォト)

 昨年、日大アメフト事件をきっかけにスポーツ団体をめぐるスキャンダルが次々と噴出した。そのなかには、反社会勢力との関係が取り沙汰される内容も含まれている。ヤクザに詳しいノンフィクション作家の溝口敦氏と、フリーライターの鈴木智彦氏が、大相撲とヤクザが接点を持つ理由について語り合った。2人は、当サイトの対談で五輪とヤクザの関連について言及していた。

鈴木:五輪競技ではないけども、相撲ですね。

溝口:力士上がりのヤクザは多いですからね、昔から。

鈴木:ヤクザが自分の息子を親方に「面倒見てください」ってお願いして相撲部屋に入れるケースもある。ところが、それが続かず結局ヤクザになってしまうという(苦笑)。

溝口:相撲は江戸時代以来、興行の扱いで、ヤクザが主催して神社の境内で行なわれていた。そこからの歴史があるんです。

鈴木:昔は神社の境内で博奕をやっていて、その横で相撲の興行を開いていた。ちょうどラスベガスのカジノの横でボクシングの世界戦やっているのと同じで。

溝口:初期の山口組なんかでも、相撲の一座を連れてきて興行を打つ、というのは一つの資金源だった。ほんの最近まで、地方巡業でのトラブル抑止のために地元の有力ヤクザにお願いする、いわゆる「グズリ抑え」はあったと思う。

関連記事

トピックス