ビジネス

バルミューダの照明器具、斜めからの光も真上からのように

バルミューダの新商品の照明器具

『BALMUDA The Light』は、子供から大人まで幅広い年代が使えるデスクライトだ。オーブントースターなどで知られるバルミューダが照明器具を発売するのは初の試み。およそ5年間の開発期間を経て、2018年10月に発売された。約幅191×奥行き264×高さ463mm。カラーはブラック、ホワイト、ベージュで、3万9960円。

 きっかけになったのは、代表の寺尾玄さんがわが子の机に向かう姿勢を見たことだった。子供は、机に向かうとき、集中するほどに猫背の前傾姿勢になり、明かりを自らの頭で遮ってしまい、手元が暗くなっていることが多い。「もっと机から目を離して」と注意するものの、気づけば元どおりの前傾姿勢になっている。そこで、姿勢を矯正しなくても子供の目を守ることができるライトを開発しようと決めた。

 3年間の構想を重ね、頭が影にならないデスクライトを作るためには、光を直接手元に照らさず反射させ、間接的に照らすというアイディアが生まれた。開発チームが調べたところ、そのアイディアがもっとも活用されているのは、医療用の手術灯だった。

 そこで、開発担当者は、手術灯で国内最大手の老舗企業、山田医療照明に見学に向かった。いざ出かけると、家電メーカーというふだんはかかわりのない分野からの来客に困惑の表情を浮かべる山田医療照明の面々がいた。

 事情を説明するなかで、山田医療照明の社長は以前からバルミューダの商品を愛用していることが判明。その後、社長同士が意気投合し、共同開発することが決定した。

 山田医療照明の技術者たちの力を借りながら、いくつもの困難を乗り越え開発は進められたが、光源の形や大きさ、デザインをどうするかがもっとも大きな課題だった。

 頭が影にならないようにするために、LEDライトを上に向け、反射板を使い、斜めに光を反射させるということは決まっていた。しかし、その光を学習机で使うために必要な範囲までムラなく照らす必要がある。

 どんなに角度や明るさを調整しても、手前が明るく、奥が暗くなってしまうのだ。開発者が毎日遅くまで会社に残り、光源の研究を行っていたが、ある日、半ばやけくそのような気持ちでLEDを3つ用意し、1つ目の光を覆うような形で配置してみると、これが大正解。斜めから光を当てているにもかかわらず、あたかも頭の上に照明があり、真上から照らされているような光が実現できたのだ。

 当初は子供用として開発されたデスクライトだったが、発売してみると老眼の中高年や文章を書く仕事をする人からも注目を集めた。「太陽光LED」が、自然界の本来の色を美しく照らすことから、SNS映えを狙った料理写真の撮影に使用するという意外な使い方も。

 高価に思える価格も、家族が机に向かい続ける限り使えるということを考えると、お得な買い物といえるかもしれない。

※女性セブン2019年5月9・16日号

関連キーワード

関連記事

トピックス

盗難被害を告白した木下
TKO木下隆行がベトナムで270万円の盗難被害、防犯カメラにおさめられた悪質手口の一部始終
NEWSポストセブン
コンサート終了後、ファンとのやりとりを楽しんだマッキー
槇原敬之「胸を張って槇原ファンを名乗れなくさせてしまった」涙と感謝の再始動
NEWSポストセブン
メディアの前に久しぶりに姿を現したブラザートム(撮影/黒石あみ)
ブラザートムが不倫騒動・事務所独立からの今を語る「娘にはよくハガキを書いてあげるんです」
NEWSポストセブン
元TBSアナウンサーの林みなほ(オフィシャルサイトより)
元TBS・林みなほアナ離婚、インスタで匂わせていた「貧乳源一郎」との別れ
NEWSポストセブン
高橋真麻
高橋真麻「おでんの卵8個食べても太らない」女性が憧れる美スタイルの理由
NEWSポストセブン
眞子さまの箱根旅行のお姿。耳には目立つイヤリングも(2018年)
小室圭さんの妻・眞子さん 華やかだった4年前の「箱根・女子旅ファッション」
NEWSポストセブン
「タレントパワーランキング」で公表された「F1層(20~34歳女性)に人気のタレントランキング」(2021年11月調査)で堂々の1位を獲得
戸田恵梨香、ファン歓喜の「仕事復帰」 夜の路上で輝いたクールビューティー
NEWSポストセブン
小室圭さんと眞子さん
小室圭さん妻・眞子さんがNYで行きつけのスーパーから見えてきた“妻の気遣い”「日本でいえば『成城石井』」 
NEWSポストセブン
乗馬シーン撮影のため、俳優はどのような指導を受けているのか
大河ドラマに欠かせない乗馬シーン 堺雅人も小栗旬も松本潤も1年前から練習
週刊ポスト
ご体調への不安が募る(写真/JMPA)
雅子さまと愛子さま、“ポツンと一軒家”の孤独感 閉ざされた御所での巣ごもり生活
女性セブン
小泉孝太郎 炎上必至の「古風な結婚感」明かすもバッシングされなかった理由
小泉孝太郎 炎上必至の「古風な結婚感」明かすもバッシングされなかった理由
NEWSポストセブン
結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン