ライフ

旅先からのSNS投稿は危険 空き巣がネットで下調べ

「役所の人から家族構成を電話で聞かれたんだけど、これ詐欺!?」、「度重なる騒音で眠れない…」など、緊急事態ではないけれど、普段の生活が脅かされそうな困りごと。このような相談が、昨年は過去最多の220万8299件も警察に寄せられたという。

 日々発生するトラブルの多くは、緊急性がない場合が多いが、相談場所に迷うもの。そんな相談を受け付けるため、全国の警察では、電話番号「#9110」で繋がる相談窓口を1989年に開設。相談内容により、オペレーターが担当部署やDVシェルターなど、相談場所を提案してくれる。

◆巧妙化する犯罪から予防の相談が増加

 相談件数が増えた背景には、「犯罪手口の巧妙化で、不安になる人が多いことが挙げられる」と、防犯アドバイザーの京師美佳さんは分析する。

「しかも“犯罪などによる被害防止”の相談が上位にきているように、振り込め詐欺やアポ電強盗など、誰もが事件に巻き込まれる可能性が高まっていることもその一因です」(京師さん・以下同)

 電話を使った詐欺は、年々巧妙化している。

「最近は手口が複雑化しています。まず、電話番号を変えたと息子を名乗る人物から電話がある。その後、忘れた頃に再び電話で送金を頼まれる。詐欺に警戒していても、すでに息子の番号として登録済みなので、信用してしまう人も多いんです」

 詐欺師たちは、元号が変わった、新年度になったなど、その時期にあった内容で、うっかり信じてしまいそうな罠を用意している。

 また、天候もよくなり、窓を開けて過ごしていたり、外出も増えるこれからの時期は、空き巣にも注意が必要だ。

「犯罪者は、電話で情報を聞き出し、現地を下見するなど、常にターゲットはいないか物色しています。まずは狙わせない工夫が大切です。最近は空き巣犯がネットでも下調べします。旅先からのSNS発信は避けましょう」

 また、世界中の景色が住所検索で閲覧できる『Googleストリートビュー』を使うと、車種まで丸見えに。専用フォームから削除申請できるので、車や表札などにモザイクをかけてもらうと安心だ。

※女性セブン2019年6月13日号

関連キーワード

関連記事

トピックス

雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
女性セブン
小倉優子が勉強
小倉優子、密着番組リニューアルでも猛勉強継続 早稲田大学以外も受験予定
女性セブン
長井秀和が語る“創価学会芸能人あるある”「選挙の時だけ顔を出して小遣いを稼ぐ」
長井秀和が語る“創価学会芸能人あるある”「選挙の時だけ顔を出して小遣いを稼ぐ」
女性セブン
人目を忍ぶような変装姿で帰途に就く篠田麻里子
【スクープ】篠田麻里子「半年も2才の娘と会えてない!」夫と泥沼全面戦争
女性セブン
熟年離婚していた山川豊
山川豊「自分はワンルーム、妻は豪邸」演歌界屈指の人格者、太っ腹な熟年離婚していた
NEWSポストセブン
サッカー日本代表選手 躍動を支えるパートナーとの幸せあふれるショット
サッカー日本代表選手 躍動を支えるパートナーとの幸せあふれるショット
女性セブン
秋篠宮の胸中とは(時事通信フォト)
秋篠宮さま、誕生日会見で小室さんに関して「ゼロ回答」 眞子さんとの溝は修復困難か
女性セブン
元気いっぱいの駅前チアガールは、毎週月曜と木曜の朝に新宿駅や池袋駅、後楽園駅や新橋駅、横浜駅などで活動する
朝8時の駅前チアガール 誰に頼まれたわけでもなく通勤・通学の人々を励ます
週刊ポスト
長井秀和が語る、創価学会芸能部「芸能人は客寄せパンダのような存在です」
長井秀和が語る、創価学会芸能部「芸能人は客寄せパンダのような存在です」
女性セブン
アントニオ猪木さん
アントニオ猪木さん、遺骨をめぐり“親族バトル” 娘は「猪木家の墓」への分骨を拒否
女性セブン
九州場所
大相撲九州場所 土俵際の溜席に毎日座る話題の「着物美人」何者なのか本人直撃してみた
NEWSポストセブン
ポーズを決める丸山容疑者
「女性を見極めるポイントは尻、足」妻殺害容疑の長野県議“女好きインタビュー”の全貌 逮捕後に即削除
NEWSポストセブン