国内

「好きで好きで…」ホスト刺した歌舞伎町の女、昔から激情型

ガールズバーではよくコスプレを披露していたという(本人のInstagramより)

 黒いシャツを着た若い女性が、タバコ片手にスマホを耳に当てている。表情はいたって自然だが、彼女の両手足にはべっとりと血が付着し、傍らには血まみれの男性が裸で横たわっていた──そんな凄惨な写真がネット上で拡散されたのは、5月25日の早朝だった。

「その女性は高岡由佳容疑者(21)。新宿歌舞伎町のガールズバー店長を務め、親密だったホスト男性を包丁で刺して逮捕されました。取り調べに『好きで好きで仕方なかった。相手を殺して自分も死のうと思った』と供述しています。男性は集中治療室での入院が続いている」(捜査関係者)

 高岡容疑者が護送中の車内で笑みを浮かべた映像がニュース番組で流れると、先の写真と相俟って、ネット上には“猟奇的すぎる”との書き込みが相次いだ。

 東京の下町で育った高岡容疑者の小学生時代を知る近隣住民は「大人しい子だった」と語る。

「学校の壁に、表彰された児童の標語や絵が貼り出されていて、彼女の作品もありました。“可愛くてしかも頭がいい子なんだ”なんて思っていましたが、一方で挨拶しても返事が返ってこない子だった」

 彼女が激情を隠さなくなったのは中学生の頃からだった。当時の同級生が言う。

関連キーワード

関連記事

トピックス

公務に邁進されている(6月、東京・港区)
佳子さま「公務に積極的」になられた背景に「皇籍離脱」「結婚」か
女性セブン
亜希
亜希 陰から見守る元夫・清原和博と息子達との「父子鷹」
NEWSポストセブン
披露宴での志摩ノ海と元関脇・逆鉾の長女・清香さん(時事通信フォト)
故・逆鉾の長女が結婚で後継者確定も名門・井筒部屋再興への“高いハードル”
週刊ポスト
SNSでの発信力も大きい新庄ビッグボス(時事通信フォト)
新庄ビッグボスのインスタ投稿が波紋 「ファンとそれ以外の分断を煽る」の指摘も
NEWSポストセブン
クルマ、ギター、アート、スケートボードにもこだわる
長瀬智也、英国のバイク誌に登場 悠々自適な暮らしに「所ジョージ化している」の声
女性セブン
小室圭さんと眞子さん
小室圭さん妻・眞子さんがNYで行きつけのスーパーから見えてきた“妻の気遣い”「日本でいえば『成城石井』」 
NEWSポストセブン
京都の街を歩く舞妓のイメージ(写真/イメージマート)
元舞妓の〈16歳飲酒〉〈お風呂入り〉告発に、花街関係者も衝撃「未成年飲酒には厳しく対応しているはず」
NEWSポストセブン
不祥事を理由に落選したはずなのに、比例で復活されては…(左は塚田一郎氏、右は中川郁子氏/写真=共同通信社)
「不倫路チュー」「USBは穴に…」失言・不祥事で落選しても比例復活するゾンビ議員たち
週刊ポスト
注目を集めるNHK吉岡真央アナ
「ポスト和久田麻由子アナ」候補のNHK吉岡真央アナ 替え歌ダンスで“キャラの強さ”際立つ
週刊ポスト
前田敦子と篠田麻里子の女子会姿をキャッチ
前田敦子、篠田麻里子と六本木で4時間半女子会 元夫・勝地涼との関係は良好に
女性セブン
謎めいたバッグを持つ広末涼子
広末涼子、“破壊力強すぎ”コーデは健在「背中に蜘蛛」私服に続き目撃された「謎バッグ」
NEWSポストセブン
結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン