芸能

劇場版コナンが大ヒット中 「京極真」の魅力を高橋愛が語る

女性セブンには表紙風のポストカードが特別付録に

 公開から2か月以上経ってもなお、“リピーター”も多く、いまだランキングは上位の劇場版『名探偵コナン 紺青の拳』。興行収入は89億8700万円を突破し、シリーズ最高となる91億8000万円を記録した前作『ゼロの執行人』も射程圏内。それどころか100億円も見えてきた。6月20日発売の女性セブンは週刊少年サンデーとコラボし、「目指せ100億円!」応援企画として、女性セブン表紙風のポストカードが特別付録となっている。

 今作は劇場版23作目にして初めて海外が舞台。シンガポールでコナンとライバルの怪盗キッドが、世界最大のブルーサファイア「紺青の拳」をめぐる殺人事件に巻き込まれていくのだが、2人同様、大きな注目を集めているのが、劇場版シリーズ初出演となる京極真。400戦無敗というけた外れの強さを持つ空手家の京極だが、恋に対しては奥手。恋人の園子との“もどかしい恋”には多くのファンがヤキモキしたことだろう。

 コナン、キッド、京極という“イケメン三つ巴バトル”は社会現象となり、5月末から始まった「根性の応援上映」では、コスプレしたファンがうちわやペンライトを片手に「真さ~ん!」「キッドさま~」「ヒューヒュー」と声を振り絞り、登場人物たちに愛のエールを送り、大台突破を後押ししている。

関連記事

トピックス

オコエ瑠偉はこれで終わらない「楽天のロッカーから荷物が消えて…」現役ドラフトの目玉に
オコエ瑠偉はこれで終わらない「楽天のロッカーから荷物が消えて…」現役ドラフトの目玉に
NEWSポストセブン
九州場所
九州場所「着物美人」の隣にいたのは「溜席の妖精」に似た別人だった 本人は「普段からあんな感じです」と告白
NEWSポストセブン
橋本環奈
橋本環奈、熱愛報道から“逃げない姿勢”で好感度アップ 世代問わず支持される理由
NEWSポストセブン
本田圭佑氏の解説は多くの注目を集めた(写真=JFA/AFLO)
ゴミ拾い騒動、効きすぎエアコン…ピッチ外でも話題多数のW杯
週刊ポスト
1987年の結成以来、35年にわたって旧統一教会と対峙してきた全国弁連
旧統一教会と対峙する霊感商法対策弁護団の戦いの歴史 転機となった「青春を返せ」訴訟
週刊ポスト
(C)「完全に詰んだイチ子はもうカリスマになるしかないの」製作委員会
【インタビュー】『カリスマ壱子』ドラマP務めるMEGUMI「女性の成功を描きたかった」
NEWSポストセブン
話を聞いた男性。ビラを隠すように巻いた
習近平退陣デモを目撃した在日中国人が予言「この運動はあと2週間で終わる」
NEWSポストセブン
『鎌倉殿の13人』にどんな類似性が?(番組公式HPより)
『鎌倉殿の13人』は実録ヤクザ映画だ 鈴木智彦氏が分析する山口組との類似性
週刊ポスト
大野が進める計画とは(写真はジャニーズ事務所)
ドラマ単独初主演キンプリ高橋海人「キュンとするシーンも楽しめるようになってきました」
女性セブン
愛子さま 会見、成年行事…成人を迎えられてからの1年を写真で振り返る
愛子さま 会見、成年行事…成人を迎えられてからの1年を写真で振り返る
女性セブン
雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
女性セブン
上海のウルムチ路でデモは起こった
習近平主席への「中国コロナ一揆」ルポ 天安門事件以来となる“全土での抗議活動”に
週刊ポスト