• TOP
  • 芸能
  • ジャニー社長入院の会見、担当した嵐の置かれた状況と思い

芸能

2019.07.04 07:00  女性セブン

ジャニー社長入院の会見、担当した嵐の置かれた状況と思い

ジャニー社長の入院を嵐が発表した理由とは?写真はジャニーズ事務所(写真/共同通信社)

 7月1日、取材陣が待ち受ける会見場にやってきた嵐のメンバーは、一様に表情をこわばらせていた。沈黙を破ったのは、中央に立った松本潤(35才)だった。

「ぼくたちからご報告させていただきたく思いまして、少々お時間をいただきました。先月、6月18日に、弊社の社長、ジャニー喜多川が病院に緊急搬送されました」

 本誌・女性セブンは前号でジャニー喜多川社長(87才)の入院騒動について報じたが、初めて松本の口から入院の事実が明かされた。

 病名は、解離性脳動脈瘤破裂によるくも膜下出血だった。脳の動脈にできたコブが破裂する病気で、3割が死亡し、3割に後遺症が残るといわれている。南相馬市立総合病院脳神経外科医の嶋田裕記さんが説明する。

「発症直後は、突然激しい吐き気や頭痛に襲われ、そのまま意識を失うケースも少なくありません。致死率が高く、助かっても意識障害を起こしている場合、そのまま意識が回復しなかったり、食事が満足に取れなくなるという後遺症が残ることがあります」

 嵐がその事実を明かした7月1日は、ジャニー社長が救急搬送されてから約2週間後。その間、事務所からは公式の発表はなかった。1日の会見も当初は半年以上にわたって準備を進めてきた、デビュー20周年を迎えて行われるグループ初の展覧会に関する取材だけが予定されていたという。

「事前に配布されていた資料には、嵐の囲み会見があることは明記されていましたが、ジャニーさんに関する会見については記載されていませんでした」(スポーツ紙記者)

 その日、嵐は2度、会見を行っている。

「松本さんは最初の会見でジャニーさんの入院について語ると、“またこの後、会見がありますが、この話で暗い会見になるのはジャニーさんも望んでいないと思います。明るく楽しくやりたいと思いますのでよろしくお願いいたします”と締めくくりました。その会見で口を開いたのは松本さんだけでした」(テレビ局関係者)

 嵐のメンバーはいったん報道陣の前から姿を消し、改めて会見場にやってきた。そして、暗い表情を一切見せず、笑顔を交えて展覧会の話に花を咲かせた。続く2回目の会見での立ち位置は大野智(38才)が中央で、最初の会見で中央に立っていた松本は右端に変わっていた。

関連記事

トピックス