ライフ

「代替鰻」の実力 ナマズや鮭の腹身他、売り上げが激増

ニホンナマズはクセのない味が特徴

 近年、ニホン鰻の稚魚「シラスウナギ」の不漁が続き、今年の漁獲量も過去最低の水準で推移。成魚である鰻の価格も高騰している。

 庶民は気軽に口にできなくなりつつあるが、イオンリテール広報部の大瀧和孝氏は、「ここ数年、鰻の代替品に注目が集まっています」と話す。「イオン」「マックスバリュ」など、全国に約3000店舗を展開するイオンでは2016年から、近畿大学と養鰻業者が共同で育てた近大発ナマズの蒲焼を販売。今年新たに、サケの腹身を使った蒲焼を販売する。

「こうした代替品の売り上げは、3年前は蒲焼商品全体の5%ほどでしたが、昨年は1割を超えています。ナマズの蒲焼も、一定数のお客様にリピートして購入いただいています」(大瀧氏)

 近大発ナマズを養殖するのは、鹿児島県にある日本なまず生産だ。2012年からナマズの試験飼育を始め、3年前から本格的に出荷するようになったという。

「ナマズというと泥臭いイメージが強いですが、アメリカや東南アジアでは普通に食べられている魚です。養殖に使う水は、温泉水や地下水を有効活用。近大の教授らと泥臭さを抑えるエサを研究しています。クセのない白身魚で、刺身でも食べられます。卸値は1キロ1300円ほどで、一般的な国産養殖鰻の約3割です」(代表・牧原博文氏)

関連キーワード

関連記事

トピックス

結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン
氷川きよしの買い物を目撃
氷川きよしが庶民派スーパーに!“圧倒的なオーラ”と“無駄のない動き”に感動
女性セブン
吉川赳・衆院議員は執拗に“悪あがき”を…(写真は騒動の夜)
パパ活飲酒・吉川議員の“悪あがき” 女子大生のバイト先に押しかけていた
週刊ポスト
『クレイジージャーニー』復活にTBS局内の期待は大きい(公式サイトより)
『クレイジージャーニー』復活の裏事情 TBS月曜ゴールデン帯の深刻な視聴率問題
NEWSポストセブン
秋山が広島入り(写真は4月、エンゼルス戦での左前打時。時事通信フォト)
秋山翔吾の広島加入発表で達川光男氏「阪神のCS進出は厳しくなっただろうね」と力説
NEWSポストセブン
なぜ小室圭さん・眞子さん夫婦にこだわるのか?(時事通信フォト)
小室圭さん・眞子さん夫婦を追い続ける英紙「デイリー・メール」執念の源泉
週刊ポスト
『トップガン マーヴェリック』大ヒットの理由は?
『トップガン マーヴェリック』国内興行収入60億円突破 なぜ心に響くのか?
週刊ポスト
セ・パ交流戦で調子を上げた阪神(時事通信フォト)
阪神、どん底からの反転攻勢 「もともと力があるチームですから」と江本孟紀氏
週刊ポスト
手錠監禁が行なわれたとみられる三瓶容疑者の別荘(時事通信フォト)
茨城23歳女性“手錠”監禁事件 2人を結びつけた「同人モデル」の危険な撮影実態
週刊ポスト
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
女性セブン
眞子さまがデニム
小室圭さんの妻・眞子さん、海外メディアが「ユニフォームのようだ」と指摘する質素なファッション事情
NEWSポストセブン
「週刊ポスト」本日発売! 聞き飽きた「年金100年安心」の大嘘ほか
「週刊ポスト」本日発売! 聞き飽きた「年金100年安心」の大嘘ほか
NEWSポストセブン