ビジネス

セブン-イレブン新社長 「コンビニ飽和状態」の打開策は

コンビニは限界なのか?

 コンビニは日本人にとってなくてはならないライフラインとなったが、そのスタイルは大きな岐路を迎えている。コンビニ最大手、セブン-イレブン・ジャパンはこの「難局」にどう対峙していくのか。4月に就任したばかりの永松文彦社長(62)に訊いた。

──コンビニの店舗数の伸びは明らかに減っており、セブン-イレブンも今年度計画での増加数は150店舗と40年ぶりの低水準です。既存店の売上高も伸び悩んでいる。すでにコンビニは飽和状態で、そのビジネスモデルは限界なのでは?

永松:店舗数の増加を抑える一方で、既存店への投資を上積みしています。これまでは設備投資の6割を新店投資が占めていましたが、2019年は約8割を既存店への投資に向け、FC加盟店の競争力を高めてオーナーを支えていく。

 いわば「意思のある踊り場状態」ですが、私はコンビニ業界が飽和状態にあるとは考えていません。これまでの「近くて便利」のコンセプトをさらに追求させていけば、今後もコンビニへの新たなニーズを見出せるはずです。

 たとえば2013年から売り出した1杯100円のコーヒー「セブンカフェ」は、今も1店で1日あたり100杯ほど売れており、デザートやサンドイッチなど他の商品の併売にも繋がった。このような商材や新サービスのニーズを探し出し、商品開発できるかどうかがこれからの勝負です。特に現在の主力顧客層である50代の方々に訴求力のある商品を探していきたい。

関連キーワード

関連記事

トピックス

前田敦子と篠田麻里子の女子会姿をキャッチ
前田敦子、篠田麻里子と六本木で4時間半女子会 元夫・勝地涼との関係は良好に
女性セブン
小泉を「ネエさん」と慕う満島(右)
ドラマで共演の満島ひかりと小泉今日子 意気投合した“私が男に飽きる時”
女性セブン
謎めいたバッグを持つ広末涼子
広末涼子、“破壊力強すぎ”コーデは健在「背中に蜘蛛」私服に続き目撃された「謎バッグ」
NEWSポストセブン
秋山が広島入り(写真は4月、エンゼルス戦での左前打時。時事通信フォト)
秋山翔吾の広島加入発表で達川光男氏「阪神のCS進出は厳しくなっただろうね」と力説
NEWSポストセブン
大江順一キャディ(時事通信フォト)
ブチ切れキャディー「武豊のようになりたい」「人気の薄い馬でも一気に人気高まる」発言で“炎上”の過去
NEWSポストセブン
有権者に選ばれて当選したわけではない比例復活議員の中には…(時事通信フォト)
パパ活飲酒・吉川氏だけじゃない「比例復活ゾンビ議員」たちの不適切行為
週刊ポスト
結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン
5月に摘発されたハプニングバー「眠れる森の美女」
乱交パーティ、連続摘発の裏で「ハプニングバーvs個人主催者」の密告合戦
週刊ポスト
氷川きよしの買い物を目撃
氷川きよしが庶民派スーパーに!“圧倒的なオーラ”と“無駄のない動き”に感動
女性セブン
吉川赳・衆院議員は執拗に“悪あがき”を…(写真は騒動の夜)
パパ活飲酒・吉川議員の“悪あがき” 女子大生のバイト先に押しかけていた
週刊ポスト
『クレイジージャーニー』復活にTBS局内の期待は大きい(公式サイトより)
『クレイジージャーニー』復活の裏事情 TBS月曜ゴールデン帯の深刻な視聴率問題
NEWSポストセブン
なぜ小室圭さん・眞子さん夫婦にこだわるのか?(時事通信フォト)
小室圭さん・眞子さん夫婦を追い続ける英紙「デイリー・メール」執念の源泉
週刊ポスト