スポーツ

畑岡奈紗vs渋野日向子 20歳の女子ゴルフ東京五輪代表争い

今季躍進の渋野日向子(写真/Gatty Images)

 東京五輪の代表争いが、ギリギリまで盛り上がりそうなのが「女子ゴルフ」だ。

「世界ランキングを基準に算定する五輪ポイントの上位60人に出場優先権が与えられるが、原則として1国2人までで、来年6月30日の時点のポイントで出場者が決まる」(担当記者)

 現在トップは今季、米ツアー3勝目をあげた畑岡奈紗(20)で、世界ランク8位(7月18日時点、以下同)。23位に鈴木愛(25)、42位に比嘉真美子(25)と続いていたが、彗星の如く“有力候補”が現われた。

 資生堂アネッサ・レディス(7月7日最終日)で今季2勝目をあげた渋野日向子(20)だ。本格的なツアー参戦は今年から。年初は563位だった世界ランキングは45位まで急上昇。優勝会見では「(代表入りの)チャンスがあるなら掴んでいきたい」と意気込んだ。

「彼女の五輪への思いが強いのは、筑波大陸上部でやり投げの選手だった母・伸子さんの叶えられなかった夢を実現したいから。コーチの指導によりラウンド中も笑顔を絶やさないスタイルで人気です」(ツアー関係者)

 どこまで畑岡に迫れるのか。プロゴルファー・沼沢聖一氏はこうみる。

「畑岡プロは米ツアーが主戦場ですが、10月の日本女子オープン、11月の日本開催の米ツアー・TOTOジャパンクラシックで実現するであろう2人の直接対決が楽しみですね。常識的には経験豊富な畑岡プロが上をいくが、今の渋野プロはゴルフに迷いがない。サッと構えてサッと打つ。パッティングのうまさと勢いを考えれば、渋野プロの番狂わせは十分にあり得る」

 同い年ライバルで揃って代表の座を射止め、本番でメダルを競ってほしい。

関連記事

トピックス

岩田絵里奈アナと結婚発表の水卜麻美アナ
日テレ・水卜麻美アナの電撃結婚の背景にあった「岩田絵里奈アナの“左遷人事”」
NEWSポストセブン
水卜麻美アナと電撃婚の中村倫也、「絶対に彼の良さは伝わる」事務所社長が信じ続けた俳優としての才能
水卜麻美アナと電撃婚の中村倫也、「絶対に彼の良さは伝わる」事務所社長が信じ続けた俳優としての才能
NEWSポストセブン
“体に入れるもの”にこだわっていた道端ジェシカ(時事通信フォト)
カエル毒、粘土を使って…道端ジェシカ容疑者「薬物逮捕」で注目される“特殊な健康志向”
週刊ポスト
不倫疑惑も報じられた篠田麻里子
《離婚成立》篠田麻里子、不倫疑惑で「地元福岡ドラマ」の出演が見送りになっていた 始球式務めたホークスとも離別
NEWSポストセブン
アナウンス力、ナレーション技術も高く評価される
中村倫也と電撃婚の水卜麻美アナ、ザワつかせた「結婚発表2週間前の号泣」ようやくわかったその胸中とは?
NEWSポストセブン
吉村洋文氏
吉村洋文・大阪府知事が春場所千秋楽の表彰式を「欠席」 公職選挙法との関係か、選管の見解は
NEWSポストセブン
10年前の襲名当時の香川と團子
香川照之の息子・團子がテレビデビューの可能性 “父の代わりに一門を食わす”覚悟
NEWSポストセブン
成人男性の体重が36.8キロになっていた(大津地裁)
【同居男性虐待事件】懲役24年の判決に“涙なき”嗚咽の被告女性「被害男性にゴキブリの足を食べさせていた」
NEWSポストセブン
卒業アルバムも合成や加工が当たり前に?(イメージ)
いまどきの卒業アルバム 合成、差し替え、加工まで何でもありの現実
NEWSポストセブン
明菜
中森明菜が突如コメント「バカ殿」志村けんさんとのこと「どれだけダメ出しされても大丈夫」のアドバイスも
NEWSポストセブン
当時、唐橋は交際について「そっと見守ってください!」とコメント(2018年10月撮影)
《メガネを外した貴重シーン》唐橋ユミが表情トロン、結婚相手の映画監督とラブラブデート現場
NEWSポストセブン
体罰のニュースが今も続いている(イメージ)
なくならないスポーツ界の体罰 必要悪だと思う人が多かった背景
NEWSポストセブン