• TOP
  • 国内
  • 巧妙な「保存料」の罠 「発酵風味料」と表記されることも

国内

2019.08.05 07:00  女性セブン

巧妙な「保存料」の罠 「発酵風味料」と表記されることも

保存料、防腐剤「不使用」記載の巧妙な罠とは?(写真/PIXTA)

 7月中旬、国産ドライフルーツ製造メーカーの一部商品から、基準値を超える「ソルビン酸」が検出されたことがわかった。ソルビン酸とは「保存料」の一種だ。メーカーが「食べても健康への影響はない」と発表し、自主回収を行ったことは大きなニュースにはなっていないが、食品ジャーナリストの郡司和夫さんは「とんでもない話だ」とあきれる。

「ソルビン酸は厚生労働省が使用基準量を設定。基準量以下なら人の健康を損なう心配がないとされます。逆に考えれば、基準値を超えた量は健康を損なう恐れがあるということ。そもそも、ソルビン酸を使用すること自体に危険性が指摘されているのに、基準値をオーバーするなんて、ありえません」

 一方、スーパーの食品売り場でよく見かけるのは、「保存料は使っていません」「防腐剤不使用」と大きく書かれた食品だ。保存料を使っている商品と比べ、「体によさそうだ」と、手に取ってしまうのが消費者の心理というもの。だが、こうした安心感を与える表示の裏側には、危険な落とし穴があった。

◆「保存料」を「発酵風味料」「発酵調味料」とごまかしている

 東京都福祉保健局の公式ホームページを見ると、よく使われる保存料として、安息香酸、安息香酸ナトリウム、しらこたん白抽出物、プロピオン酸、ポリリジンなどが挙げられている。

 今回、ドライフルーツで基準値を超えて使われていた「ソルビン酸」も、同じく保存料の一種であり、カビや細菌の発生を抑えて、食品の保存性を高めるために使われている。

 ちなみに、「保存料」と「防腐剤」は同様の意味で使われることが多いが、食品添加物を意味する時は、「保存料」と表示するのがルールだ。商品の「原材料名」欄には、「保存料(ソルビン酸)」などと記載されることが多い。

主な保存料の種類

 郡司さんは、ソルビン酸の「発がん性」を問題視する。

「動物実験では、肝臓肥大、成長抑制、染色体異常を引き起こすことなどが報告されています。さらに、添加物には『相乗毒性』といって、別の物質が組み合わさると毒性を持つケースもある。たとえば、ハムやソーセージには、ソルビン酸に加えて、肉の色をよく見せるために発色剤『亜硝酸ナトリウム』が使われることが多い。ソルビン酸と亜硝酸ナトリウムが混ざると、発がん性物質ができることは世界的に有名な話です」

 食品評論家で、『コンビニ&スーパーの食品添加物は死も招く』(マガジンランド)などの著書がある小薮浩二郎さんはこう話す。

関連記事

トピックス