国内

LINEで行われるいじめ、現場はステメとタイムライン

プロフィール欄に悪口を書くいじめが増加

 内閣府が2015年に発表した『自殺対策白書』によると、18才以下の自殺者数は9月1日が最も多く過去約40年間で131人にのぼった。いじめなどを苦にする学生が夏休み明けの新学期に命を絶つのだ。しかも最近のいじめは“手段”が変わってきており、周りから認知されづらいSNSを舞台にする傾向に。今や中学生の約7割が持っているスマートフォン(以下スマホ)。その中でどんないじめが起きているのか。

 いじめに使用されることが多いのがLINEの「ステメ」だ。LINEではアカウントごとにプロフィール画面が作られる。名前(ニックネーム)の下には、プロフィールが500字分書ける「ステータスメッセージ」(通称ステメ)の欄が設けられている。ここでいじめが展開されるのだ。

 いつも人に見られるわけではないこの欄に、悪口を書くいじめが増えているという。それも、読む人が読めばわかる悪口を書いて仲間と共有した後に消す。

 例えば、「頭悪いやつ、マジ迷惑だから」など、その日の学校で起こったムカつくことを、人物を明確にせず書くわけだ。傍目にはいじめとは思えない文章のうえ、追及されても、「彼女のことを言ったわけではない」と言い逃れができてしまう。

◆LINEのタイムラインなら証拠が残らない

 SNSいじめでは、文字や画像が履歴に残るので、証拠が押さえやすかった。しかし最近では、証拠が残らない機能を駆使する確信犯が増えている。それがLINEの「タイムライン」だ。

 これは本来、自分の近況や仲間に知らせたいことなどを投稿し、LINEに登録している友達と共有できる機能だ。

 メッセージをやり取りする機能には「トーク」もあるのだが、これは、一度送ったメッセージが相手に読まれると、その後に消しても履歴は残る。しかし「タイムライン」の場合、相手が読んだ後に消しても、消したという形跡すら残らない。そのため、悪口を発信し、被害者が読んだタイミングで消して証拠を隠滅するのだ。

※女性セブン2019年9月19日号

関連キーワード

関連記事

トピックス

雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
女性セブン
小倉優子が勉強
小倉優子、密着番組リニューアルでも猛勉強継続 早稲田大学以外も受験予定
女性セブン
長井秀和が語る“創価学会芸能人あるある”「選挙の時だけ顔を出して小遣いを稼ぐ」
長井秀和が語る“創価学会芸能人あるある”「選挙の時だけ顔を出して小遣いを稼ぐ」
女性セブン
人目を忍ぶような変装姿で帰途に就く篠田麻里子
【スクープ】篠田麻里子「半年も2才の娘と会えてない!」夫と泥沼全面戦争
女性セブン
熟年離婚していた山川豊
山川豊「自分はワンルーム、妻は豪邸」演歌界屈指の人格者、太っ腹な熟年離婚していた
NEWSポストセブン
サッカー日本代表選手 躍動を支えるパートナーとの幸せあふれるショット
サッカー日本代表選手 躍動を支えるパートナーとの幸せあふれるショット
女性セブン
秋篠宮の胸中とは(時事通信フォト)
秋篠宮さま、誕生日会見で小室さんに関して「ゼロ回答」 眞子さんとの溝は修復困難か
女性セブン
元気いっぱいの駅前チアガールは、毎週月曜と木曜の朝に新宿駅や池袋駅、後楽園駅や新橋駅、横浜駅などで活動する
朝8時の駅前チアガール 誰に頼まれたわけでもなく通勤・通学の人々を励ます
週刊ポスト
長井秀和が語る、創価学会芸能部「芸能人は客寄せパンダのような存在です」
長井秀和が語る、創価学会芸能部「芸能人は客寄せパンダのような存在です」
女性セブン
アントニオ猪木さん
アントニオ猪木さん、遺骨をめぐり“親族バトル” 娘は「猪木家の墓」への分骨を拒否
女性セブン
九州場所
大相撲九州場所 土俵際の溜席に毎日座る話題の「着物美人」何者なのか本人直撃してみた
NEWSポストセブン
ポーズを決める丸山容疑者
「女性を見極めるポイントは尻、足」妻殺害容疑の長野県議“女好きインタビュー”の全貌 逮捕後に即削除
NEWSポストセブン