ビジネス

ヨシケイ・アンバサダーの白石美帆 エコ&美味な料理を提案

ヨシケイのアンバサダーは栄養士資格も持つ女優の白石美帆

 食材(ミールキット)宅配サービスを行うヨシケイのアンバサダーに、一児の母で現在妊娠8か月の女優・白石美帆(41)が就任し、話題になっている。

 8月29日、都内で開かれた就任イベントに登場した白石美帆は、ふっくらしたお腹で注目を集めていた。日々の料理について聞かれると「子供が小さいのでなるべく薄味を心がけます。好きなバナナやサツマイモなど、甘味のあるものをあげると食が進む」と、母親目線で答えつつ、夏には「汗をかくのでカリウムを摂れる野菜たっぷりの食事を作ります」と、栄養士の資格保持者ならではの視点も披露した。

 イベントでは料理を振る舞う場面も。白石自ら企画会議に出席して開発を進めたという同社のメニュー「トリプル変化のタッカルビ」を調理。肉と特製だれの香ばしい香りを会場いっぱいに届けつつ、出来上がったタッカルビを若い男性記者に「あーん」で食べさせる“サービス”で盛り上げた。

◆エコの取り組みで環境大臣賞

 このイベントで白石が何度もキーワードとして挙げていたのは「エコ」の視点だ。タッカルビの食材を混ぜる際に、ヨシケイのミールキットの食材が小分けにされている点に触れ、「便利です。冷蔵庫に取りに行って、使わない分をまた冷蔵庫に戻して、という手間も省ける」と語った。冷蔵庫を何度も開けないのは、確かにエコにつながる。また、豚肉などが使う分だけポリ袋詰めにされており混ぜるだけで味付けできる工夫には「手を洗うという作業でタオルも汚れたりするので、それがないってエコですよね」ともコメント。

 今回、白石がコラボしてメニューを発売したのは、ヨシケイの「Ecoでおいしい コツコツごはん」というプロジェクトの一環だ。洗い物を減らしたりごみを少なくしたりといった小さな努力をコツコツ積み重ね、二酸化炭素(CO2=コツ)を削減したい、という思いから名付けられた。来年夏まで、順次新メニューも追加するという。

 イベントに出席したヨシケイ開発株式会社の林雅広社長は「2016年に発表された環境省の調査によれば、日本人の7割が環境問題に関心があるといい、その割合は近年増えているという。洗い物を減らしたりごみを少なくしたりすることで二酸化炭素を減らすような“良いこと”を、毎日コツコツと続けられれば良いと思っています」と語った。

 同社は毎日50万世帯に食材を提供し、年間売上高は800億円にのぼる、宅食業界のトップランナー。エコには以前から注力しており、カギ付きの宅配ボックスを設置し不在時にはそこに食材を入れることで再配達の負担を無くす「あんしんBOX」が、環境省が主催する「COOL CHOICE LEADERS AWARD」の「サービスリーダー部門」で環境大臣賞を受賞(2018年)した。

 メニュー自体にも以前からエコを考えた改良が加えられており、「時短の考え方を取り入れて、2年前には調理時間を従来の3分の2に減らすリニューアルをしました」(同社メニュー開発部部長の金子えり氏)という。

「食」は毎日のことだからこそ、エコへの取り組みは積み重なることで大きな力となる。今後も白石が考える新メニューに注目だ。

 ◆詳しくはヨシケイのHPまで

料理の手際の良さも目立った

料理の手際の良さもさすが

関連キーワード

トピックス

ホームランの“確信歩き”もサマになるヤクルト・村上宗隆(時事通信フォト)
ヤクルト・村上宗隆が「外れ1位」でも大活躍! その心理を“経験者”の元阪神・遠山奬志氏が解説
NEWSポストセブン
橋本愛『家庭教師のトラコ』 遊川和彦氏による立体的脚本の「着地」は決まるのか
橋本愛『家庭教師のトラコ』 遊川和彦氏による立体的脚本の「着地」は決まるのか
NEWSポストセブン
五社英雄監督について実娘の五社巴さんが振り返る(C)五社プロダクション
没後30年、五社英雄監督 娘が振り返る「常識では考えられないほどの仕事量」
週刊ポスト
インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン
ヤクルトの若き主砲・村上宗隆(時事通信フォト)
ヤクルト・村上宗隆が史上最年少40号!「外れ1位」が清宮幸太郎をはるかに凌ぐ理由をスカウトが説明
NEWSポストセブン
プロレス総選挙
今回は「プロレス総選挙」 なぜテレ朝は『○○総選挙』を放送し続けるのか
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
「18歳女子大生」インタビュー【第2回】吉川赳議員はホテルで「揉んじゃって御免なさい」「おじさんムラムラしちゃった」
NEWSポストセブン
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
かかりつけ医の見つけ方(写真/GettyImages)
最高の「かかりつけ医」を見つけるために…チェックすべきは「話し方」
女性セブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン
「同伴的なので」と自分の意思を伝えた吉川議員
「18歳女子大生」インタビュー【第3回】吉川赳議員から大量の「LINEメッセージと電話」
NEWSポストセブン