芸能

美しすぎる木村文乃の「肉体派熱血刑事」 体当たり演技の見所

番組公式HPより

 視聴者が持つイメージを良い方向に裏切る芝居ができるか。役者の技量が問われるところである。ドラマウォッチを続ける作家で五感生活研究所代表の山下柚実氏が指摘する。

 * * *
 これまでの刑事ドラマの印象と、何かが違う。『サギデカ』(NHK総合土曜21時)のゾクリとくる不思議な魅力はどこから発しているのでしょうか? 主人公は……がむしゃらかつ綿密な捜査をする女性刑事・今宮夏蓮(木村文乃)。バイクを走らせ犯人をどこまでも追い詰める肉体派で情熱派。その今宮が「振り込め詐欺」グループの頂上に立つ黒幕へ、一歩ずつ迫っていくという物語。

 刑事ドラマの王道は、被害を受けた側に力点が置かれ、犯人を追い詰める刑事の視点で描かれていく。ところがこのドラマはそれだけに留まらない「複数の視点」があります。

 例えば、振り込め詐欺の「加害者側」の生い立ちに踏み込む。両親が不在という過酷な環境で育った苦労、「高齢者から金を取ることは富の再分配だ」という主張、そして犯罪を成功させた時の達成感まで描く。

 一方で、大金を取られた「被害者側」が家族にその甘さを責められる姿も。そして、犯人を追い詰める刑事自身も、暗い過去を背負っていそうです。

 つまり、単純に「正義と悪」といった二項対立ではなくそれぞれが問題を抱えていて、影を落としている。だからこそ、他人の弱さに共感もできるし人間の心理を理解できる。さすが『透明なゆりかご』『きのう何食べた?』の脚本担当・安達奈緒子さんのオリジナル作品だけに、単純化されない奥行き感があり、見応えがあります。さらに、特殊詐欺の現場取材を重ねてきた複数のスタッフが制作に協力しているため、非常にリアル。

 第1話では400万円を騙し取られた三島悦子(泉ピン子)が、息子にその甘さを責められ自殺未遂してしまう。大金をとられたことより、もしかしたら悲劇的ではないかとさえ感じます。しかしこうした後日談はニュース報道を見ているだけでは伝わってこないこと。

 第2話では認知症の元高校教師(伊東四朗)北村の演技に驚かされました。目の動き、足の運び方、背中の丸め方。怒る表情、叫ぶ姿。じっくり現実を観察した上での役作りであることが、ヒシヒシと伝わってくるのです。

「認知症」と言ってもすべての記憶をなくしてしまうケースは少なくて、自尊心もあり、記憶も部分的にはっきりしている。だからこそ本人は不安にかられ、自分が情けなくなり、自信を喪失してしまう。そんな時、「あなたがいてくれてよかった」と感謝されたら? 「自分は必要とされている」と思うといかに嬉しいか。

 詐欺師はそうした老人の心理を知り尽くし、巧みに心の隙間を突いてくる。ドラマの中では北村が偽の教え子に助けを求められ感謝されとうとう地面師詐欺の片棒を担がされてしまう。「自分が求められている」ことに心酔していく老人の姿に見入ってしまいました。

関連記事

トピックス

精力的に公務に向き合っている佳子さま(時事通信フォト)
佳子さま「お忍び愛報道」に、宮内庁関係者「警備は十分だったのか」と心配する声
NEWSポストセブン
あびるが“母”と慕った和田アキ子は何を思う
あびる優の第2子出産「絶対に知られてはいけない」極秘に進めたレギュラー番組欠席とインスタ工作
NEWSポストセブン
有村架純(プロフィール写真)
人気女優CMギャラリスト 『あまちゃん』出身・有村架純は8年前から4000万円増、のんは“算定不能”で分かれた明暗
NEWSポストセブン
帰国することとなるのか…
小室圭さん、3回目不合格なら日本の法律事務所復帰も 帰国を望まない眞子さんとのすれ違い
女性セブン
X社が開発を進める宮古島の土地。1200坪は東京ドームと同じ広さだ
大野智、宮古島巨大リゾートビジネス 信頼を寄せるパートナーとの関係に周囲の心配
女性セブン
極秘出産していたことでさまざまな意見が飛び交っている
【先出し全文公開】あびる優、極秘出産の内幕 前夫の才賀紀左衛門には知らせず「独身フリー、やっぱり楽だよ」
女性セブン
羽生結弦、YouTube練習生配信で会場にファン詰めかけるトラブル マナー悪化に懸念
羽生結弦、YouTube練習生配信で会場にファン詰めかけるトラブル マナー悪化に懸念
女性セブン
(時事通信フォト)
安倍元首相の国葬に思うこと 60代女性記者が改めて考える「美しい国、日本」
女性セブン
ロコモコ丼もペロリとたいらげるという桐谷
桐谷美玲 ”ロコモコ丼2人前をペロリ”子育てと仕事の両立を支える「旺盛すぎる食欲」
NEWSポストセブン
東海オンエアのてつや・きりたんぽ・峯岸みなみ(写真/時事通信フォト)
峯岸みなみが結婚報告、お相手・東海オンエアてつやとの「キス動画」流出で活動休止のきりたんぽにさらなる同情が集まった理由
NEWSポストセブン
勤務するオフィスに向かう小室圭さん
小室圭さん、すでに「年収1600万円超え」報道の背景 転職サイト給与情報の“罠”
NEWSポストセブン
平手友梨奈と竹内涼真
平手友梨奈の演技に竹内涼真が気遣い 『六本木クラス』撮影現場の和気あいあい
NEWSポストセブン