芸能

室井滋&夏井いつき対談 室井「携帯電話番号50個覚えてる」

女優の室井滋と俳人・夏井いつきさんが初対談!

 室井滋さんの女性セブン人気連載をまとめた単行本『ヤットコスットコ女旅』が発売された。室井さんの珍道中を綴ったエッセイの数々に、『プレバト!!』(TBS系)でおなじみの俳人・夏井いつきさんは「共感ポイントがいっぱい!」と大笑いで絶賛。初対面の2人の対談が実現した。

◆旅の楽しみはお酒と食べ物と…

室井:私がもしホントに本気で俳句を作ろうと思ったら、多分、食べ物の話ばかりになっちゃうと思う。そのぐらい食いしん坊なので。先生は、食にはあまり強い欲望はおありじゃない?

夏井:ああ、私はあんまりないかもしれな…よね?

〈夏井さんが視線を飛ばした先には、夫の加根光夫さんがいて、「そうね」と同意する。加根さんは元テレビCMディレクター。俳句を通じて知り合い、再婚と再々婚同士で結ばれた。加根さんの俳号は兼光。現在は「夏井&カンパニー」社長で、夏井さんと共に全国各地を旅して回る。〉

夏井:兼光さんが美味しいもの好きなので、引きずられる感じで美味しいものをいただいてるかな。自分的には料理を作るのも面倒くさい。食べさせてもらってます。

室井:(加根さんの方を向いて)お作りになるんですか?

加根:時間がある時は作りますが、最近はあまり時間がなくて。だけど、作るのは好きなんですよ。

夏井:室井さん、お酒は?

室井:お酒は私、最初にもらったのが女優の賞じゃなくて、日本酒の賞だったんです(笑い)。日本酒造組合中央会が酒好きとか酒好きと噂のある人にくれる賞で、当時の宇野宗佑首相がプレゼンターでしたね。

夏井:へぇ~。

室井:それぐらいお酒飲みという噂があったんですけど、今はあまり…たしなむ程度に…(笑い)。

夏井:私たちもそんな感じですよ。たしなむ程度に…。

加根:(すかさず)でも、うちは、休肝日がありませんので。

室井:(ギョッとした顔で)休肝日なし!? 私は外ではザルですが、家では一滴も飲みませんよ。

夏井:偉いっ。それは精神力ではなく平然と?

室井:そう。だからホントは、あんまり酒好きじゃないのかも。

夏井:えーっ、好きじゃないのにザルなんて。人と飲むのが好きとか?

室井:ああ、人と飲むのは好きです。あと、めちゃくちゃ食いしん坊です。

関連キーワード

関連記事

トピックス

インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
「18歳女子大生」インタビュー【第2回】吉川赳議員はホテルで「揉んじゃって御免なさい」「おじさんムラムラしちゃった」
NEWSポストセブン
背番号「12」を付けていた柴田貴広(現・大東文化大3年。撮影/藤岡雅樹)
佐々木朗希・高校3年の夏【前編】岩手大会決勝で投げた「背番号12」の思い
週刊ポスト
「選挙に強い」後継者は?(時事通信フォト)
安倍晋三・元首相の後継者の条件 選挙に強く、“担がれやすい資質”を持つ政治家
週刊ポスト
「同伴的なので」と自分の意思を伝えた吉川議員
「18歳女子大生」インタビュー【第3回】吉川赳議員から大量の「LINEメッセージと電話」
NEWSポストセブン
次なるステップは?(時事通信フォト)
元横綱・白鵬、周到すぎる宮城野部屋の「継承」で見えてきた“理事の椅子”
週刊ポスト
「保守路線の継承者」として名前が挙がる高市早苗氏(時事通信フォト)
安倍晋三元首相の政策後継者 保守路線は高市早苗氏、外交は萩生田光一氏が受け継ぐか
週刊ポスト
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
ラガーさん
ラガーさん、再び甲子園から姿を消す 本人が明かした「チケットが高すぎる!」の叫び
NEWSポストセブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン
胃腸薬服用の注意点は?(イメージ)
名医が自宅でのんでいる【とっておきの市販薬】「解熱鎮痛剤」と「鼻とのどの薬」
女性セブン