• TOP
  • ライフ
  • 生前に遺影撮影する人増加、高齢者の笑顔を引き出すコツとは

ライフ

2019.09.30 16:00  女性セブン

生前に遺影撮影する人増加、高齢者の笑顔を引き出すコツとは

ニュアンスが変わるメイク

“終活ブーム”が到来している。中でも、最近では自分の遺影を撮影する人が増えているとか。高齢者のいい笑顔を引き出すコツは何だろう? その火付け役の1つ、東京・巣鴨の『えがお写真館』には、全国各地からの来店者が月100人を超えるという。高齢者のいい笑顔を引き出すコツは何かを探った。

 遺影撮影前のヘアメイクを担当するのは赤坂渉さんほか、プロのメイクアップアーティストたち。あちこち衰えてかなり自信喪失気味の高齢世代を、化粧の力でグッと押し上げる。

 どんな裏技で、どこを盛るのかと思えば、赤坂さんのメイクは驚くほどシンプル。でもそれがイキイキと魅力的に写る秘訣なのだという。

「メイク技術やつけまつげなどで美しさを演出するのではなく、その人自身が素敵になることが大事。つまり“変身”ではなく“その人らしい素敵”を引き出すのです。できあがった時、同行されたご家族が“おかあさん、すごくいい!”と感激されるのは、まさにその手応え。メイクではなく自分がほめられる喜び。本人も自信に満ちた笑顔になります」(赤坂さん)

 女優やタレントのメイクも多く手掛けている赤坂さん。その現場の雰囲気を生かすべく、写真館のメイクブースは女優ライトと呼ばれるハリウッドランプで照らされ、プロモデルも使うブランドの化粧品や道具がズラリ。ちょっとした女優気分も味わえる。

◆カメラの前で出会えるもうひとりの自分!

 ヘアメイクで気分を上げていよいよ撮影だ。基本的な立ち位置や姿勢は指示されるものの、ポーズは自由。自分で動くのだ。

「なかなか笑えない人も少なくありません。ポーズも顔も一発勝負だったフィルム撮影世代ということもあるかもしれませんね」と言うのはフォトグラファーの吉原潤一さん。シャッターを切りながら、ゆっくりとしたやさしい口調で声を掛ける。

「人柄はいろいろでも、みなさん一様にコンプレックスを持っておられるのは感じます。初めに定番のポーズで撮る時は完全に受け身。でもコンプレックスを気にしつつ動き始めると、だんだんのってくる。きれいなポーズ、自分の好きな表情、角度など、カメラがご本人と一緒に“素敵な自分”を探っていきます」

 実際の撮影現場を見せてもらい、その“探り”の場面を目撃した。

メイクを体験した古谷芳子さん(写真/古谷さん提供)

 緊張気味で表情の硬かった女性(70代)は、「いいですね」「もう少し笑ってみて」と言う吉原さんに呼応するように、少しずつ表情や体勢を変え「あ! そこだ! いい表情です!」と言う声と同時に、うれしそうに表情が和んだ。

 知的で穏やかなその女性らしい笑顔が画像になっていた。すごい! 吉原さんと女性の息がぴったり合った瞬間だった。

「自分から動くなんて絶対無理!と、たいていの人が思っているのですが、のってくるとどんどん楽しくなる。もしかしたら普段の自分とは違う自分になっているのかも」と、『えがお写真館』代表の太田明良さん。

 また、『えがお写真館』を1年前に利用した古谷芳子さん(66才)は、終始、女王様のように扱われて最高だったと語ってくれた。

「赤坂さんにはプロのメイク術やいい化粧品を伝授していただいてリッチな気分になったし、撮影中にはスタッフのみなさんが口々にほめてくれるの。どれだけハイテンションにさせるのって、体の中から元気になる感じ(笑い)。それが写真で残るのもうれしいですね」(古谷さん)

 基本プラン(1.5~2時間、撮影・ヘアメイク・持ち込み服のコーディネート・データ付きアルバム台紙)でひとり2万1384円。

※女性セブン2019年10月10日号

関連記事

トピックス