• TOP
  • スポーツ
  • 貴景勝の左胸のケガ、交錯する「重傷」「引退」「大丈夫」情報

スポーツ

2019.09.30 07:00  週刊ポスト

貴景勝の左胸のケガ、交錯する「重傷」「引退」「大丈夫」情報

左利きだけに影響は大きそうだが…(写真/時事通信フォト)

 秋場所千秋楽の優勝決定戦には敗れたものの「10勝以上」の条件をクリアし、大関復帰が決まった貴景勝。

 だが、再び危機が訪れている。関脇・御嶽海との優勝決定戦で左胸を痛め、一夜明けて検査に行った病院で「6週間の加療が必要」と診断されたのだ。その容態を巡って、様々な情報が飛び交っている。

「本人が多くを語らないので詳細はわからないが、“左大胸筋肉離れ”の診断で、秋巡業はもちろん、11月の九州場所も全休の可能性が高いだろう」(担当記者)

 若手親方のひとりは「このまま引退してしまうのではないか」とまで心配する。

「ケガが上(横綱)を目指すのが難しくなるほど重いものなら、貴景勝の性格からしてさっさと身を引くという決断をしかねない」

 たしかに“左胸のケガ”で思い起こされるのは、今年1月に引退した横綱・稀勢の里(現・荒磯親方)だ。一昨年3月の春場所で横綱昇進場所優勝を果たした際に“左大胸筋断裂”のケガを負い、それ以降、武器である左おっつけが使えなくなって引退に追い込まれた。「貴景勝も左利きで、左のおっつけやいなしが武器。押し相撲一辺倒だから、四つ相撲の稀勢の里より影響は大きいのではないか」(同前)とみられている。

 一方で、貴景勝の後援者は、重傷説を否定する。

関連記事

トピックス