国内

セクシー女優HIV感染騒動後の変化、検査強化と“女尊男卑”

実際に男優が提出した性病検査表

 2018年10月、第三者機関「AV人権倫理機構」の報告を本誌・週刊ポストがいち早く報道したことによって、某AV女優のHIV感染が明らかになった。専門機関の診断の結果、当該女優の感染源はAVの撮影現場ではなかったこと、その女優と接した男優にも罹患者がいなかったことが発表されたが、その後、AV業界にはどんな動きがあったのか。あるAV監督はこう話す。

「騒動以降、性感染症へのチェックは厳しさを増す一方です。実は今年4月、さらに“事件”があったんです。ある撮影現場で尖圭コンジローマという男性器にイボができる性感染症に罹患した男優が現場に来てしまい、当日バラシ(撮影中止)になりました。

 最近は男優も女優も、撮影前に性感染症の検査表を見せ合うルールがありますが、コンジローマは義務付けられた検査項目に入っていなかったんです。その男優はひと目見れば分かるほど症状が進んでおり、すぐにバレてしまった。それを契機に、検査表を見せ合う以外にもう一つのチェックを行なうようになりました」

 この新しいチェック方法について現役のAV男優が語る。

「ある大手メーカーでは、撮影前に検査表を見せ合うとともに、監督と女優の前でパンツを脱いで女優の気が済むまで男性器を目視するチェックが行なわれるようになりました。3秒くらいチラッと見て終わる方もいれば、上下左右を見たり、匂いをかいだりする女優もいます」

 男優が複数いる現場では、2人同時にチェックすることもあれば、タイミングを見計らって1人ずつ順次行なうケースもある。だがこの新チェックには男優から不満の声が上がっているという。芸歴20年以上のベテラン男優が胸の内をこう明かす。

関連記事

トピックス

結婚相手について語った大谷翔平
《大谷翔平が電撃婚》新妻を待ち受ける「奥様会」と「過激ファン」の洗礼 田口壮夫人は「生卵をぶつけられた人もいた」
NEWSポストセブン
(時事通信フォト)
《大谷翔平結婚》お相手“有力候補”のアスリート女性は「昨年引退済み」「インスタ全消し」渡米情報も
NEWSポストセブン
パチスロ好きという意外な素顔もある浅田舞
《6時間スロット打ちからカルチャー系に》浅田舞に新恋人との熱愛報道、関係者が気づいていたインスタグラムの「異変」
NEWSポストセブン
2010年、慶応義塾大学を卒業した水卜麻美
【女性アナ大学時代の晴れ姿・2010~2016】水卜麻美の世代には「視聴者の関心がアナウンサーとしての実力や親しみやすさに向き始めた」
週刊ポスト
「チョメチョメ」や昭和のスターや歌謡曲のオマージュなど小ネタが
いっぱいのドラマ『不適切にもほどがある!』に大ハマり中です!(番組のインスタグラムより)
【『不適切にもほどがある!』の魅力】昭和スターや歌謡曲オマージュも満載!“脚本のすべてを聞き逃したくない”から何度も見てしまう
女性セブン
政倫審もあれる中、岸田首相は大谷頼みで…
「大谷翔平結婚」で政倫審ウヤムヤにできた岸田首相、次はドジャース開幕戦のサプライズ観戦計画 “大谷頼み”が酷すぎる
NEWSポストセブン
結婚について語った大谷翔平(時事通信フォト)
《「いたって普通の人」》大谷翔平、お相手のパーソナリティーを一切明かさない“完璧な結婚報告会見”で見せつけた「格の違い」
NEWSポストセブン
大谷翔平
大谷翔平が明かした結婚相手「普通の日本人」は7月にお披露目か 大物同僚妻との奥様会への参加はどうなる
NEWSポストセブン
20年以上培った弁護士としての専門分野は離婚や親権問題
《不倫報道》エッフェル広瀬めぐみ議員が密会場所に選んだ「ご休憩8600円〜」歌舞伎町ホテルと「ジャンクなディナー」のこだわり
NEWSポストセブン
大谷翔平(時事通信フォト)
《大谷翔平が電撃婚》「アナウンサーじゃなくて良かった」とファン安堵 大谷を守った“女性アナ隔離政策”
NEWSポストセブン
谷原章介(左)と、コンテストに挑戦する息子の七音さん(右)
《本人に直撃》谷原章介が語った20歳長男「ジュノンボーイ挑戦」へのエール 七音さんもインスタで決意投稿「僕は僕なので」
NEWSポストセブン
(時事通信フォト)
《大谷翔平が電撃婚》徹底した秘密主義で「このタイミング」だった理由「左手薬指へのキス」にファン違和感
NEWSポストセブン
「女性の健康週間」だから意識したい更年期対策 「とるべき食材・避けたほうがいい食材」を管理栄養士が解説
「女性の健康週間」だから意識したい更年期対策 「とるべき食材・避けたほうがいい食材」を管理栄養士が解説
8760 by postseven